澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

中山道守山宿6 New! 2018年04月24日(火)

  144,546 byte

 暫く行くと、石の道標が有って、「右 中山道 美濃路」なんて書いて有ったのです。左は難しくて「左 錦織寺四十五丁 こ乃者満ミち」て書いて有るのです。此の「錦織寺」は、野洲市に在り、真宗木辺派の本山で、山号は遍照山、院号は天神護法院、ご本尊は阿弥陀如来なのです。四十五丁は、約4kmなのです。

 ほてから、「こ乃者満ミち」は判じかねるのですけど、薀蓄板によると、琵琶湖の津として賑わっていた木浜港へも通じる道、なんて意味らしいのです。よう分からへんのですけどね。此の道標が立てられたのは、延享元年(1744)て裏に書いて有るのです。道標としては相当古いので、守山市の文化財に指定されているのです。

 そして我々がやって来たのは「中山道 街道文化交流館」なんてところなのです。時刻は、9:53なので、出発して既に15分の歳月が流れたのです。古民家風なのですけど、展示や喫茶コーナーも有って、色々な資料も置いて有るし、地図の販売もしているのです。そうそう、駐車場には車が8台も停められるのです。勿論、無料トイレも有るのです。

 其の、真向かいに「中山道守山宿にぎわい広場」なんてのが有ったのです。其の広場に「さざれ石」なるものが有ったのです。君が代に歌われている文句に「さざれ石」が有るのですけど、其れなのです。ああ、余計な事を・・。先を急ぐのです。

 ところが中々急げないのです。「文化交流館」の並びの角に「本陣跡」と掘られた石柱と、「井戸跡」が有ったのです。此の本陣には、文久元年(1861)皇女和宮親子内親王が第14代将軍徳川家重に降嫁の為、江戸城へ向かう旅程で、泊まられているのです。

 井戸の方は、天保4年(1833)の宿場絵図にも記載されているので、其れ以前から存在したものなのです。此れ等は街道の南側に在るのです。其の斜め向かい、街道の北側に「守山天満宮」が鎮座されているのです。

 勿論、祭神は「菅原道真公」なのです。境内には「天照皇大宮」「八幡社」「日吉社」「金比羅社」「白太夫社」「稲荷大神」の摂社・末社がおわしますのです。少し行くと「西藤小児科」と言う、少し大きな小児科病院が在るのです。其の南西角に石の道標を見付けたのです。北向かいには「LIVING SHOP あさひや」なんてお店が有ったのです。

 此の道標なのですけど、「右 高野新善光寺道 すぐいしべ道」と刻まれているのです。「高野新善光寺」とは、栗東市に在る、近江湖南二十七名刹霊場の一つ「九品山 新善光寺」と仰るお寺なのです。重要文化財に指定されている、南北朝時代の「木造阿弥陀如来立像」が客殿に安置されているのです。

 「すぐいしべ道」の意味なのですけど、東海道石部宿がすぐに在る、なんて意味なんでしょうかねえ。でも、JR石部駅までは、直線でも6kmも有るのですけどね。此処は中山道と善光寺道の分岐点なのです。時刻は、9:58で、出発より20分が経過したのです。合掌。22577

(「右 中山道 美濃路」て書いて有る石の道標なのです。2018.04.22、滋賀県守山市守山2−10)
 


中山道守山宿7 New! 2018年04月24日(火)

  144,521 byte

「中山道 街道文化交流館」なのです。2018.04.22、滋賀県守山市守山1丁目8-14
 


中山道守山宿8 New! 2018年04月24日(火)

  145,133 byte

「中山道守山宿にぎわい広場」に置かれていた「さざれ石」なのです。2018.04.22、滋賀県守山市森山2−10
 


中山道守山宿9 New! 2018年04月24日(火)

  142,859 byte

「森山天満宮」なのです。2018.04.22、滋賀県守山市守山2丁目10
 


中山道守山宿10 New! 2018年04月24日(火)

  144,363 byte

「右 高野新善光寺道 すぐいしべ道」と刻まれた道標なのです。2018.04.22、滋賀県守山市守山一丁目12-12
 


<< 2018年 4月 >>
1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25 26 27 28
29 30 - - - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -