澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

紅葉狩り6 New! 2017年11月22日(水)

  139,887 byte

 「安楽寺」を後にした我々は、昼食会場の「京都ホテルオークラ」へと移動したのです。此処の最上階、17階に在るトップラウンジ「オリゾンテ」でビュッフェランチを頂戴するのです。此のホテルが出来る時、背が高すぎると、ご近所のお寺から色々と苦情が来たのです。

 平成3年(1991)に総合設計制度の適用を受け建築された、高さ60mの高層ビル「京都ホテルおいけ本館」が現在の「京都ホテルオークラ」なのです。現在では、此の制度の活用が廃止されたため、中心市街地にこのような高層ビルを建てる事は出来ないのです。ですから、45mが限度と成っているのです。

 ビュッフェ形式と言うのは、バイキングの事で、もっと早く言えば、食べ放題なのです。でも、ダイエットをしている私は、とてもとても元は取れないのです。だって、此のランチバイキング、料金が3,920円もするのです。

 其れで、私が食べさせて戴いたものを列挙すると、小ステーキ3切れ、南京のスライス1枚、豚角煮1切れ、ローストビーフ少々ポテトフライ添え、シュウマイ1つ、人参とインゲン豆の春巻き風1つ、高野豆腐の炊いたん2切れ、里芋の炊いたん2個、大根と薄揚げの炊いたん少々、お付けもの、此れが全てなのです。そして、食後にコーヒーを2杯頂戴したのです。

 いえ、沢山有るのですよ。お寿司も有るし、茶碗蒸しも、ピラフも、デザートも、フルーツも、他にも沢山の料理が有ったのです。皆さん、沢山沢山お食べに成られて居られたのです。ダイエットとは辛いものなのです。でも、ビールを頂戴させて頂いたのです。此れがキリンの中瓶で900円だったのです。此れにサービス料と税が付いて、お支払いさせて頂いた金額は、1,069円だったのです。まあ、ホテルと言う所はそう言う所なのです。

 其の昔、ホテルのラウンジでコーヒーを10人で飲んで、「素手で杵を折ったおっさん」が、俺が払うと仰って、奢って下さったのです。レジで女の子に1万円札を渡して、彼はお釣りを待っていたのです。女の子は、足らないお金の800円を待っていたのです。二人は睨み合っていたのです。実は、此処のコーヒーのお値段は、1,080円だったのです。

 食事を終えた我々は、次に「厭離庵(えんりあん)」に向かったのです。此のお寺、臨済宗天龍寺派のお寺なのです。ご本尊は如意輪観音で、山号を如意山と仰る尼寺なのです。小倉百人一首を編纂した藤原定家が住まいした「小倉山荘」跡にある寺として知られているのです。

 其の後、久しく荒廃していたのですが、冷泉家が修復し、霊元法皇より「厭離庵」の寺号を賜り、安永元年(1772)より、臨済宗の寺に成ったのです。開山は白隠禅師の高弟 霊源禅師なのです。明治維新以後、再び荒れ寺と成ったのですが、山岡鉄舟の娘、素心尼が住職に就き、其れ以降 尼寺と成ったのです。合掌。26325

(「京都ホテルオークラ」で食べた昼飯の全てなのです。ダイエットとは辛いものなのです。2017.11.20、都市中京区 河原町通二条南入一之船入町537-4)
 


紅葉狩り7 New! 2017年11月22日(水)

  141,649 byte

我々が乗らせて頂いた大型タクシーなのです。一々、運転手さんが補助ステップを置いて、手で支えてくれるのです。2017.11.20、京都ホテルオークラ
 


紅葉狩り8 New! 2017年11月22日(水)

  144,746 byte

「厭離庵」の紅葉なのです。京都の地名は、何故か長いのです。2017.11.20、京都市右京区嵯峨二尊院門前善光寺山町2
 


紅葉狩り9 New! 2017年11月22日(水)

  145,051 byte

此れは「梅擬(うめもどき)」なのです。本堂の直ぐ下に有ったのです。2017.11.20、厭離庵
 


紅葉狩り10 New! 2017年11月22日(水)

  144,766 byte

一際赤い紅葉が有ったのです。2017.11.20、厭離庵
 


<< 2017年 11月 >>
- - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23 24 25
26 27 28 29 30 - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -