澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

普通の食堂 いわま1 New! 2018年07月23日(月)

  139,958 byte

 毎日の事なので、もう慣れっこなのです。何がて、お昼を何処で食べようかと言う事なのです。昨日も、清麺屋、き田たけうどん、横浜牛鍋 善、の3つを候補に挙げたのです。実の嫁が選んだのは、き田たけうどん、だったのです。

 猛暑の中、未だ少し凌ぎやすいアーケードの下を通って向かったのです。すると、何と、き田たけうどん、には10人余りの人がベンチに座り、待って居られたのです。並んでいたら、次に行こう、なんて初めから決めていたのです。

 き田たけうどん、から程近い、リンガーハットが其れなのです。でも、此れまた表に人が溢れていたのです。時刻は既に午後1時半に成っていたのです。ですから、土日は嫌いなのです。こうなれば、串カツのさくら、普通の食堂 いわま、辺りまで足を伸ばそうと思ったのです。

 嫁が、串カツを嫌ったので、いわま、に入ったのです。そう、直ぐに席に座る事が出来たのです。有り難い事なのです。嫁は、表に張り紙がしてあった、1,480円の、今日だけ うな丼とだし巻き玉子と水なすの浅漬け定食(小鉢と味噌汁付)、を注文したのです。

 私は、いつもの、980円の、いわまセットなのです。嫁はご飯半分、私はご飯無しを選択したのです。ダイエットは辛いのです。先ずは、生中が運ばれて来たのです。そして、嫁の、豪華うな丼が運ばれて来たのです。

 そう言えば、一昨日も、まるき、でウナギの白焼、を頂戴したのです。此れがまた上品なお味だったのです。私は、嫁の水ナスとか玉子焼きに手を出したりしたのです。そんな訳で、直ぐに生中が無く成ってしまったのです。

 此れは大変な事なのです。其処で仕方なく、もう一杯頂戴する事にしたのです。そう、お昼に二杯も飲むのは心苦しいのです。でも、其の心苦しさを克服して、もう一杯注文したのです。勇気ある行動なのです。勿論、滅多に無い事なのです。まあ、たまには有るのですけどね。

 嫁が、少しだけ、うな丼を残してくれたのです。私は、嫁に全部食べてしまいなさい、と言ったのです。でも、どうしても嫁は私に食べろと仰るのです。私より、500円も高い定食を食べたと言う罪悪感がそうさせたものなのでしょうか・・。

 勿論、美味しく頂戴したのですけどね。有り難く、ご馳走様をして外に出たのです。猛暑は未だ終わっては無かったのです。合掌。35028

(嫁が食べさせて頂いた、豪華うな丼定食、なのです。2018.07.22、「普通の食堂 いわま」大阪市中央区難波千日前9-12)
 


普通の食堂 いわま2 New! 2018年07月23日(月)

  144,491 byte

うな丼定食のメイン、うな丼なのです。2018.07.22、普通の食堂 いわま
 


普通の食堂 いわま3 New! 2018年07月23日(月)

  141,771 byte

私もなのですけど、嫁も食べる前に手を合わせて、頂きます、と言うのです。2018.07.22、普通の食堂 いわま
 


普通の食堂 いわま4 New! 2018年07月23日(月)

  139,532 byte

私が食べさせて頂いた、いわまセットなのです。2018.07.22、普通の食堂 いわま
 


普通の食堂 いわま5 New! 2018年07月23日(月)

  142,960 byte

ついでに自撮りも載せておくのです。今、昼間はサングラスをかけているのです。夜は普通のメガネなのです。嫁も昼間はサングラスをしているのですけど、此れは目の病気で太陽がとっても眩しいらしいのです。2018.07.22、普通の食堂 いわま
 


<< 2018年 7月 >>
1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -