澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

ポミエ1 2017年05月09日(火)

  139,249 byte

 今まで、何度「ポミエ」の前を素通りして、他のお店へ行ったやら。いえ、「ポミエ」で「かつ玉定食」を食べようとして、表に入店待ちの行列が出来ていて、諦めて他のお店で食べさせて頂いた、なんて事なのです。

 其れが、何と!行列が出来て無いだけで無く、直ぐに席に座る事が出来たのです。珍しい事も有るものなのです。勿論、かねてから食べようと心に思い描いていた「かつ玉定食」をご飯半分でお願いしたのです。実の嫁は、少し迷っていたのですけど、「海老コロ定食」を注文したのです。

 海老フライが2匹とコロッケの定食なのです。勿論、ご飯は半分なのです。此処のご飯は、普通で一合半なのです。大盛りは、多分二合半なのでしょう。半分と言っても、一合近く有ったのです。

 もう一つの誤算は、「かつ玉」の量が半端や無かったのです。肉は分厚いし、トンカツも一枚では無いような気がしたのです。其れに玉子の量がやたらと多いのです。普通玉なら3個は使っているような気がしたのです。

 其れでも、頑張って完食したのです。お腹が苦しいのです。嫁の方はもっと苦戦していて、ソーセージを初め、何やかやと残したのです。ご飯も三分の一程度お残しに成られたのです。いつもなら、私が少しお手伝いするのですけど、此の日は、もう其れ以上は入らなかったのです。

 残す事を、後ろめたく感じる年ごろなのです。本来ならばお散歩をして、腹減らしをするのですけど、午後3時から会議が有ったし、其れまでにしなければ成らない事も有ったのです。

 そんな訳で、夕方に成ってもお腹が減らなかったのです。其れでも、「高級立ち飲み いたけ」に出勤をしたのです。「師匠」が居られたのですけど、何処へとも無く、ワインを一本手土産に出て行かれたのです。

 でも、其処へ「都倉さん」や「住吉夫妻」が入って来られたのです。そして「あの崖っぷち犬」も入って来られたのです。此れで、随分と賑やかに成ったのです。そして、19:55に「いたけ」を後にしたのです。

 そう、お昼間に出来なかったお散歩をする為なのです。コースは足の向くまま気の向くままなのです。ざっと言えば、大国町から芦原橋に出、なにわ筋を北上、道頓堀川の手前を東に向かったのです。地下に潜って「なんばウォーク」で小便をして、「ババケン」に到着したのです。時刻は21:07だったので、一時間余りお散歩をさせて頂いたのです。合掌。22177

(私が食べさせて頂いた「かつ玉定食」なのです。2017.05.08、「ポミエ」大阪市浪速区日本橋5-17-20)
 


ポミエ2 2017年05月09日(火)

  136,067 byte

「かつ玉」の拡大写真なのです。此れが半端な量じゃあ無かったのです。2017.05.08、ポミエ
 


ポミエ3 2017年05月09日(火)

  137,405 byte

嫁が食べさせて頂いた「海老コロ定食」なのです。若者向けなので、量が多いのです。何処かに、年寄り専門店が無いのかなあ・・。2017.05.08、ポミエ
 


ポミエ4 2017年05月09日(火)

  138,844 byte

「いたけ」に「住吉夫妻」がいたっけ・・。此の二人、仲が良いのです。28日のバーベキューの事で、「いたけの娘」共々、あれやこれやと思案をされて居られたのです。2017.05.08、いたけ
 


ポミエ5 2017年05月09日(火)

  131,325 byte

一時間余りお散歩をして、ようやく「ババケン」に到着したのです。2017.05.08、大阪市中央区千日前2丁目5−4
 


<< 2017年 5月 >>
- 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -