澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

普通の食堂 いわま1 2017年08月06日(日)

  139,331 byte

 お昼はショッピングカートを引っ張りながら、道具屋筋近くの「普通の食堂 いわま」に行ったのです。勿論、実の嫁も一緒なのです。「メガえびフライと普通のえびフライ定食」や、限定20食の「イクラ・ネギトロ・マグロ丼」にも心を動かされたのですけど、結局はいつもの「いわまセット」に落ち着いたのです。

 嫁の方も迷っていたのです。「カレイの煮つけ定食」と「だし巻き定食」の二つを見比べていたのです。どうやら「だし巻き」に軍配が上がりそうに成ったのですけど、此の「だし巻き定食」には「A」「B」「C」の三種類が有ったのです。

 どれにしようかとか言うので、『お前は「B」しか食べられへん。』と言ってやったのです。すると『何で?』とお尋ねに成るのです。『「A」はな、豚角煮が付いてるんや。「C」は鶏唐揚げや。ほてな、「B」は水ナスやねん。「B」やろ!』勿論、直ぐに嫁は納得したのです。

 其れぐらい自分で判断しろ!なんて言葉を飲み込んだのです。嫁と事を構える気は無いのです。注文を訊きに来た女の子に、『「だし巻定食B」でご飯半分、ほてから「いわまセット」で、ご飯は要らん。其れに生中一つや。うん、生中は直ぐに持って来てええよ。』と言ったのです。

 「いわまセット」と言うのは、マグロのお造りと、天ぷらの盛り合わせのセットなのです。やがて運ばれて来たのを見ても、何も言わなかったのです。嫁が『お味噌汁、付いて無いやん。』と仰ったのです。確かに、いつもは「ご飯無し」と言っても「お味噌汁」は付いて来るのです。

 其処で嫁に、『あのさあ、お味噌汁は付いて無いけど、此れは俺の高血圧を知っていて、塩分少な目にしてくれた、と思ったらええねん。俺はな、プラス思考やねん。』と答えてやったのです。勿論、美味しく頂戴したのです。

 昼飯の後、黒門市場に買い出しに行ったのです。夕方に、あの可愛い、目の中に入れたら痛い、孫の「実治(さねはる)」が来る事に成っていたからなのです。黒門は、相変わらず中国人と韓国人で溢れ返っていたのです。そうそう、此の買い物をする為に、ショッピングカートを引っ張って「いわま」へ行ったのです。

 買い物を済ませ、重くなったショッピングカートを引っ張て帰ったのです。勿論、カートを引っ張るのは私の役割なのです。やがて「実治」が父親に抱かれてやって来たのです。勿論、直ぐにご活躍なされたのは言うまでも無いのです。食事の後、「実治」を連れて「いたけ」まで行ったのです。そう、「実治」の「いたけ」デビューなのです。合掌。25785

(「普通の食堂 いわま」には、マスターの似顔絵が看板代わりに使われているのです。面白い事に、此の似顔絵をフェイスブックは「岩間大二」と認識するのです。2017.08.05、大阪市中央区難波千日前9-12)
 


普通の食堂 いわま2 2017年08月06日(日)

  137,446 byte

先に嫁の注文した「だし巻定食B」が来たのです。「鶏の中華風」みたいな小鉢が付いていたのですけど、一口食べた嫁は、直ぐに此れを私に譲ったのです。2017.08.05、普通の食堂 いわま
 


普通の食堂 いわま3 2017年08月06日(日)

  139,669 byte

私の注文した「いわまセット」には、確かにお味噌汁は付いて無かったのです。2017.08.05、普通の食堂 いわま
 


普通の食堂 いわま4 2017年08月06日(日)

  140,396 byte

「キリン一番搾りスタウト」なのです。生中が無くなったので、ちょっと目先を変えて黒ビールにしたのです。此れが結構美味しかったのです。2017.08.05、普通の食堂 いわま
 


普通の食堂 いわま5 2017年08月06日(日)

  138,828 byte

「実治」の「いたけ」デビューなのです。初め、怪訝な顔をしていた「実治」なのですけど「ネコ」を見て、触って、顔が和んで来たのです。悲しい事に、「実治」と一緒に飲めるように成るまでは、生きていられないのです。2017.08.05、大阪市浪速区日本橋5丁目13−4
 


<< 2017年 8月 >>
- - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24 25 26
27 28 29 30 31 - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -