澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

実治とカットステーキ1 2017年08月21日(月)

  139,907 byte

 昨日は「金剛山四人組」に誘われていたのです。勿論、金剛山に一緒に登らないかい?と言うお話なのです。私としては登りたい気持ちも有ったのです。でも、あの目の中に入れたら痛い、「実治(さねはる)」に、一緒に尼崎競艇へ行かないかい?とも誘われていたのです。どちらを取るか?と言われれば、迷わず「実治」を選ぶのです。

 「実治」が競艇で大儲けをした、なんてお話では無いのです。尼崎競艇が行われる尼崎センタープールのメインゲートを入った広場に、消防車、救急車、白バイ、パトカーの4台が展示されていて、しかも制服を着て、乗ったり触ったり出来ると言うイベントなのです。

 「実治」は、自動車が大好きなのです。甘い親、甘い爺婆のせいで、山のようにミニカーを持っているのです。我が家の窓から、下の道を走るバスやクレーンカーを見てははしゃぐのです。勿論、車に乗るのは大好きなのです。

 正午前に「実治」は、我々をお迎えに来てくれたのです。我々が車に同乗すると、大喜びしてくれたのです。至福の時なのです。爺バカ、婆バカ、丸出しなのです。途中で昼ご飯を食べる事にしたのです。

 何処で食べるかは子供たちにお任せしたのです。でも、中々決まらず、とうとう国道43号線の道意交差点まで来てしまったのです。此の交差点を右に曲がれば尼崎センタープールなのです。

 此の交差点の左側に、オートバックスやらコーナンなんかが入る、「パワフルメガストアamado」が有って、其処に「ガスト」や「和食レストラン 夢庵」を始めとした飲食店が色々と入っているのです。其処へ入る事にしたのです。

 其の「ガスト」で食べる事にしたのです。皆さん、思い思いの物を注文したのです。私は迂闊にも「ハワイアン カットステーキ てんこ盛り」なんてのを注文してしまったのです。1,402円もするのですけど、偶のお出かけなので、気が緩んでいたのです。

 別にコンロが付いていて、携帯燃料で熱せられた鉄板の上で、此のカットステーキを焼くと言う趣向なのです。肉の量が200gと私には少し多かったのですけど、美味しさを想像して涎が出ていたのです。

 ところが、此れが肉の味がしないのです。今まで食べた牛肉の中では一番不味かった内の一つなのです。子供にも食べて貰ったのですけど、顔をしかめたのです。「トンカツ」か「ハンバーグ」にすれば良かったのです。二度と此のメニューは食べないぞ、と固く心に誓ったのです。南無阿弥陀仏。28068

(「ガスト」のテーブルに座り、ご機嫌の「実治」なのです。2017.08.20、「ガスト 尼崎道意店」兵庫県尼崎市道意町7-1 AMADOオートバックス棟内)
 


実治とカットステーキ2 2017年08月21日(月)

  140,981 byte

此のメニューを見て「カットステーキ」を注文したのです。食べ方も気に入ったのです。2017.08.20、ガスト
 


実治とカットステーキ3 2017年08月21日(月)

  139,892 byte

出て来たのが此れで、ボリュームもたっぷりで、美味しそうだったのです。2017.08.20、ガスト
 


実治とカットステーキ4 2017年08月21日(月)

  138,810 byte

此のコンロの鉄板の上で肉を焼くのです。此の時点では涎が出ていたのですけどね。ソースを付けて、口に運んだ途端に限りない失望感が私の胸を満たしたのです。そして、あの吉野山の「鍋焼きうどん」を思い出したのです。2017.08.20、ガスト
 


実治とカットステーキ5 2017年08月21日(月)

  139,727 byte

消防車の前で、写真を撮りまくる、親バカ、婆バカなのです。2017.08.20、「尼崎センラープール」兵庫県尼崎市水明町
 


<< 2017年 8月 >>
- - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -