澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

「トキちゃん」と誕生日1 2017年10月03日(火)

  143,328 byte

 先月、「いたけ」に行った回数を調べると、20回と出たのです。「いたけ」は、日祭がお休みなので、其れを引くと、営業日は24日なのです。まあ、4回もお休みしたと言う説も有るのですけど、恐らく「師匠」に次ぐ出席率のようなのです。

 そんな訳で、昨日も「いたけ」に赴いたのです。勿論、「師匠」は既に居られたのです。他にも色々とお客様が居られたり、入って来られたりしたのです。「小玉さん」と「熊ちゃん」も来られて、お話が佳境に入ったのです。

 でも、時刻が午後7時40分を過ぎたので、そろそろお暇をしようと思ったのです。トイレから出て来ると、机の上にバースデイケーキが乗っているでは有りませんか。花模様のホワイトチョコレートのプレートには「Happy Birthday」と書かれていて、其の下に「トキちゃん おめでとう」と書かれていたのです。

 「トキちゃん」とは「いたけの娘」の事なのです。名前を「登紀子」と仰るので、通常は「とっちゃん」と呼んでいるのですけど「トキちゃん」は、やや改まった呼び方に成るのでしょうねえ。贈り主は「師匠」だったのです。

 細かい所に心の利く良い男なのです。其れなのに、どうして嫁に放り出されたのか、理解に苦しむところなのです。クリームの上には粉砂糖で飾られたイチゴが沢山乗っていたのです。見るからに綺麗なケーキだったのです。

 「いたけの娘」の嬉しそうな笑顔が印象的だったのです。皆さんで分けて食べられたのですけど、私は、心からお祝いを申し上げたのですけど、ケーキは食べなかったのです。だって、ダイエット中の厳しく食事制限をしている身の上だからなのです。

 人が人に御祝いをすると言うのは、傍から見ていても微笑ましい事で、心が和むのです。まあ、色々と説は有るようなのですが、日本で最初に誕生日を祝ったのは、織田信長だったとか。当時は年齢に数え年を採用していたので、正月に皆さん年を取るので、誕生日祝いなんて風習は無かったのです。

 信長は、万事西洋好みで、西洋でキリストの誕生日を祝う風習が有るなら、俺の誕生日も祝わなあかんやろ、と思ったようなのです。因みに、一般の人々が誕生日を祝うように成ったのは、昭和25年(1950)1月1日から「年齢のとなえ方に関する法律」219が施行されて、満年齢が普及してらの事だったのです。

 蛇足に成るのですけど、誕生日にケーキを食べるように成ったのは、古くギリシャ時代にまで遡るのです。古代ギリシャ人は、丸型もしくは月の形のケーキを作り、月の神であるアルテミスの誕生日に神殿に捧げ。其のお下がりを食べたのが。バースデイケーキの始まりだったとか・・。合掌。21998

(此れが件の「バースデイケーキ」なのです。2017.10.02、「いたけ」大阪市浪速区日本橋5丁目13−4)
 


「トキちゃん」と誕生日2 2017年10月03日(火)

  143,289 byte

「トキちゃん」の此の嬉しそうな顔を見てやって下さい。いくつに成っても「お誕生日」を祝って貰うのは嬉しい事なのです。2017.10.02、いたけ
 


「トキちゃん」と誕生日3 2017年10月03日(火)

  140,624 byte

「バースデイケーキ」の贈り主の「師匠」なのです。2017.10.02、いたけ
 


「トキちゃん」と誕生日4 2017年10月03日(火)

  142,532 byte

「小玉さん」と「熊ちゃん」なのですけど、お二人共酒もケーキも食べられるのです。2017.10.02,いたけ
 


「トキちゃん」と誕生日5 2017年10月03日(火)

  144,599 byte

ついでに、私の写真も載せておくのです。2017.10.02、いたけ
 


<< 2017年 10月 >>
1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -