澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

「いたけ」から「カレー味」まで1 2017年10月12日(木)

  144,155 byte

 夜の徘徊の始まりは、いつものように「いたけ」からだったのです。何故「いたけ」と呼ばれているかと言えば、本名は「井上竹商店」なのです。まあ、此れを縮めただけなのですけどね。勿論、「師匠」が居られたのです。此処では「タカラ缶酎ハイ」と「白ワイン」を少々頂戴したのです。実の嫁は社交ダンスのレッスンとかで何処かへ行ってしまったのです。

 ですから、晩飯を一人で食べなければ成らないのです。そんな訳で「まるき」に行く事にしたのです。何で「まるき」と言うかと言えば、マスターの名前が「喜多」と仰るのです。其処で、此れに丸を付けて「まるき」と成ったのです。

 「まるき」には「ばりさん」が居られたのです。昔は「にんにん」とお呼びしていたのですけど、最近は「ばりさん」が主流派を占めるように成って来たので、私も此の「ばりさん」を採用する事にしたのです。本名を「仁張」と仰るので、其の前を取るか、後ろを取るかの違いなのです。

 此処では芋湯を2杯頂戴したのです。肴は「鰆のお造り」と「アスパラカスの塩茹で」を頂戴したのです。炭水化物ダイエットをしているので、そう言う事なのです。其れだけで「まるき」を後にしたのです。ダイエットは辛いものなのです。

 次にお邪魔をしたのは、10日にオープンしたばかりの「万葉(まは)」なのです。此処のオーナーの名前が「馬原」と書いて「まは」と読むのです。此のまま「馬原(まは)」とすれば、競馬関連のお店と勘違いする輩が居るかもと危惧して「万葉」の字を当てたのです。

 此処では「ハイボール」を1杯飲んだだけでお暇をしたのです。だって満員だったのです。次の人に席を譲る必要が有るのです。因みに、其の時居られた方は「小玉さん」「熊ちゃん」「師匠」「ボビー」まあ、枚挙に暇が無いのです。

 「万葉」を後にした私は、「季節料理 縁」へと向かったのです。其れが途中で「桜ちゃん」にバッタリと出会ったのです。彼女は腕にリストバンドをしていたのです。此の14日に開催される「ウラなんば文化祭」の入場券なのです。500円で参加各店で売っているのです。私の知ってるお店では「縁」「楽がき」「はこや」「ババケン」で売ってるのです。

 「縁」では芋湯を1杯飲ませて頂いただけなのです。そうそう「縁」には「ゆん」が居たのです。マスターに見送られて家路に着いたのですけど、なんさん通りに在る「ローソン」に入ってしまったのです。そして「カップヌードル カレー味」を買ってしまったのです。カップヌードルの中で一番カロリーの高い奴なのです。そして、家に帰って食ってしまったのです。勿論、お湯を入れてから食べたのですけどね。ああ、ダイエットとは難しいものなのです。合掌。26228

(「いたけ」なのです。2017.10.11、大阪市浪速区日本橋5丁目13−4)
 


「いたけ」から「カレー味」まで2 2017年10月12日(木)

  139,521 byte

「まるき」なのです。2017.10.11、大阪市浪速区日本橋東3丁目11−3
 


「いたけ」から「カレー味」まで3 2017年10月12日(木)

  142,180 byte

「万葉(まは)」なのです。2017.10.11、大阪市中央区難波千日前3の1
 


「いたけ」から「カレー味」まで4 2017年10月12日(木)

  138,549 byte

「縁」なのです。2017.10.11、大阪市中央区難波千日前6-20
 


「いたけ」から「カレー味」まで5 2017年10月12日(木)

  134,958 byte

「日清 カップヌードル カレー味」なのです。2017.10.11、我が家
 


<< 2017年 10月 >>
1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -