澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

「きらくのおっさん」と「きらく」1 2017年10月19日(木)

  145,253 byte

 昔は、本を買っていたのです。まあ、今でも偶には買うのですけどね。今は浪速図書館で借りて来て読むのです。昨日も、実の嫁と二人で、車で出掛けたのです。図書館の場所は敷津西なのです。歩いて行けば20分ほど掛かるのです。

 何故、車で行くかと言えば、2週間に1度は車のエンジンを掛ける必要が有るからなのです。そう、前に長期間乗らなかったのでバッテリーが上がってしまった事が有るのです。今回、借りて来た本は、柴田錬三郎の「剣鬼」と、筒井康隆の「富豪刑事」なのです。

 何れも大活字本なので、読み易いのです。但し、大きくて重いのです。そうそう、「剣鬼」の方はもう読んでしまったのです。図書館から帰って、車をガレージに入れた時、「きらくのおっさん」がゴルフクラブを持ってガレージに入って来たのです。

 彼の車は、私の車の隣の車庫に入っているのです。そう、ゴルフの練習に行くのです。無駄な事を、と思ったのですけど、口には出さなかったのです。時刻は、正午を少し過ぎた頃だったのです。ガレージから直ぐの所に、「きらく」は在るのです。

 そんな訳で、「きらく」で昼食を頂戴する事にしたのです。嫁は「玉子焼き定食」で、私は「トンカツ定食」をお願いしたのです。運ばれて来るまでに間が有ったのです。嫁は、今借りて来たばかりの本を広げて読みだしたのです。

 成る程、気が付かなかったのです。そんな訳で、私も借りて来た「剣鬼」を読みだしたのです。15分程して料理が運ばれて来たのです。店のマスターが、『ビールは要りまへんのんか?』と私に訊くのです。そうなんです、いつも注文しているものですから・・。

 勿論、私は、『お願い致します。』と答えたのです。トンカツには野菜サラダが添えられていたので、此れに「青紫蘇ドレッシング」を掛けたのです。其れとは別に、「ポテトサラダ」と「大根、コンニャク、厚揚げ」を炊いた「おでん風」の小鉢が出されたのです。

 此れに「大根のお漬物」と「梅干し」が「香の物」として付いていたのです。此れに「豆腐、大根、若芽」のお味噌汁とご飯が「トンカツ定食」の全貌なのです。トンカツに「トンカツソース」をたっぷりと掛けて頂戴したのです。

 勿論、とっても美味しく頂戴したのです。食べる前に『頂きます。』と言い、食べ終わると『ご馳走様。』と言うのです。有り難い事なのです。『頂きます。』とは、「命を戴く」事なのです。動物も植物も命に変わりは無いのです。私はベジタリアンだから、殺生はして無い、なんてセリフは詭弁なのです。全ての生物に命は宿っているのです。南無阿弥陀仏。21883

(「きらく」の店構えなのです。2017.10.18、大阪市浪速区日本橋3丁目3−2)
 


「きらくのおっさん」と「きらく」2 2017年10月19日(木)

  138,836 byte

嫁が頼んだ「玉子焼き」なのです。勿論、マスターが調理したものなのです。ランチ営業は「きらくのおっさん」の嫁の実の兄がマスターをしているのです。2017.010.18、きらく
 


「きらくのおっさん」と「きらく」3 2017年10月19日(木)

  141,424 byte

私がお願いした「トンカツ」なのです。此れに「トンカツソース」をたっぷりと掛けて頂戴するのです。2017.10.18、きらく
 


「きらくのおっさん」と「きらく」4 2017年10月19日(木)

  141,092 byte

「玉子焼き定食」にも「トンカツ定食」にも、此のセットが付いて来るのです。2017.10.18、きらく
 


「きらくのおっさん」と「きらく」5 2017年10月19日(木)

  134,676 byte

いつもの事で、嫁は私が写真を撮るまで、食べられ無いと心得ているのです。2017.10.18、きらく
 


<< 2017年 10月 >>
1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -