澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

「はこや」から「縁」まで1 2017年12月06日(水)

  143,163 byte

 毎週、火曜日は実の嫁がお花のお稽古に行く日なのです。正午前に出て行くので、私は一人で生きて行かなければ成らないのです。「無限」で「麻辣湯」を食べようと思って家を出たのですけど、そうだ「串揚げ はこや」で「お造り定食」を食べようと、気を変えたのです。

 そんな訳で、少し遠回りをして「はこや」に辿り着いたのです。勿論、美味しく完食させて頂いたのです。其の後、一旦家に帰ってから、日本橋総合案内所へと出掛けたのです。フェスタグッズの袋詰め作業が有ったからなのです。

 単純作業なのですけど、結構色々と気を遣わなければ成らない細かい作業が有るのです。午後2時頃から初めて5時頃までの時間がアッと言う間に過ぎたのです。午後6時半からは「日小パソコン倶楽部」の忘年会が有ったのです。

 「日小パソコン倶楽部」其のものは解散したのですけど、「夏の大宴会」とか「冬の忘年会」とかは続いていて、20人程のメンバーが揃うのですから面白いのです。今回の会場は「個室居酒屋 大阪 藩 難波千日前店」と仰る所で、初めての所なのです。

 階段を少し下りた所に此の店は有るのです。半地下みたいな所なのです。総席数が140席と結構大きな器なのです。10名用の個室を2つ合わせた所に座ったのです。ラップを掛けられた鍋が既にセットされていて、ドリンクオーダーをすると、エビスビールと枝豆が運ばれて来たのです。

 勿論、ラップを外してコンロに点火して宴会はスタートしたのです。「コンニャクと合鴨」が出て来て、次に「野菜サラダ」がやって来たのです。「サーモンとハマチ、イカのお造り」 「鶏の捏ねの串焼き」「串カツ」なんてのがやって来た頃には、そろそろお鍋が出来上がりつつ有ったのです。

 「豚肉の炒め物」がやって来て、暫くすると鍋にうどんが放り込まれたのです。宴会もそろそろ終盤に差し掛かったのです。お漬物が出て、デザートが出て、3時間の飲み放題コースが終わったのです。飲み物は、芋湯と白ワインをビールの後に頂戴したのです。

 其の後、2次会を何処にしようかと思ったのですけど、「難波の不動産屋」と「吉田くん」しか居らなかったのです。其々、色々な所へ行ったようなのです。我々3人は「郷土料理 縁」に行く事にしたのです。此処では、芋湯を少々だけ頂戴して、少しだけお話をしてお開きにしたのです。でも、何故か時刻は午後10時53分に成っていたのです。合掌。16333

(此れが「はこや」の「お造り定食」なのです。少なくして貰っているのですけど、結構なボリュームが有って、満腹してしまうのです。2017.12.05、大阪市 中央区日本橋2-8-15)
 


「はこや」から「縁」まで2 2017年12月06日(水)

  140,230 byte

「はこや」の「なっちゃん」なのです。いつも、表まで見送ってくれるのです。2017.12.05、はこや
 


「はこや」から「縁」まで3 2017年12月06日(水)

  144,333 byte

「鍋」のラップを取り外して火を点けたところなのです。2017.12.05、「個室居酒屋 大阪 藩 難波千日前店」大阪市中央区千日前2-11-14 難波第一ビルB1
 


「はこや」から「縁」まで4 2017年12月06日(水)

  141,068 byte

此の「串カツ」が出た頃には「鍋」も出来上がっていたのです。此の「串カツ」なんですけど、何の串カツか、食べ終わっても分からなかったのです。2017.12.05、大阪藩
 


「はこや」から「縁」まで5 2017年12月06日(水)

  142,766 byte

此の3人で、政治・経済・量子物理学のお話をしたのです。2017.12.05、「郷土料理 縁」大阪市中央区難波千日前6-20
 


<< 2017年 12月 >>
- - - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -