澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

報恩講1 2017年12月10日(日)

  135,108 byte

 首が痛いのです。原因は肩こりなのです。何故、肩がこったかと言えば、慣れない袋詰め作業をしたからみたいなのです。月曜日に医者に行って、ブロック注射で打って貰おうと思っているのです。まあ、ええのですけどね。

 お昼を何処で食べようかと思ったのです。すると、実の嫁が『「麻辣湯」を食べるんでしょう。』と仰ったのです。「無限」に行こうと仰ったのです。前日は、頑なに拒否の態度を明確にしていた嫁が、そう仰ったのです。北風と太陽みたいなお話なのです。

 一週間前に食べさせて頂いたのと全く同じチョイスに成ったのです。豚、豚、白菜、キャベツ、シメジ、ほうれん草、豆腐、豆乳、春雨、3辛、以上なのです。嫁はいつもの1辛を選んでいたのです。勿論、美味しく頂戴させて頂いたのです。

 嫁は、食べ終えると直ぐに新今里の「藤井山 光泉寺」に向かったのです。嫁は、午後1時に来るように言われていたのです。私も行くのですけど、午後2時で良いのです。お寺で何が有るかと言えば、「報恩講」なのです。

 「報恩講」とは、浄土真宗の宗祖、親鸞上人に対する報恩謝徳のために営まれる法要の事で、「光泉寺」の場合、毎年12月9日に営まれるのです。親鸞上人の命日が11月28日なので、本山では11月21日から28日までの一週間「報恩講」を勤められるのです。

 話を戻すのですけど、私には1時間の間が有ったので、首痛の原因に成った袋詰め作業を少ししようと思って「日本橋総合案内所」へ出向いたのです。13:10まで作業をして、地下鉄恵美須町駅から日本橋まで行き、近鉄で今里まで行ったのです。駅を降りてからは、10分ほどで、目的の「光泉寺」に到着したのです。

 お坊さんが9人も居られて、いつもの「正信偈」を違った節で唱えられたのです。其の後、「御文章」が読まれ、そして休憩を挟んで講話が有ったのです。合計で、2時間20分程が経って、帰りにお弁当を2個貰って帰ったのです。

 家に辿り着いた時には既に午後5時30分に成っていたのです。ほてから、「いたけ」に出勤したのです。すると、土日はお休みの筈の「師匠」「渡辺夫妻」のチームが、土曜日も「日本橋総合案内所」に出勤し、あの袋詰め作業をし、過去最大の1800個を熟したと仰ったのです。頭の下がる思いなのです。

 其の後、久しぶりに「ババケン」へ行き、高級立ち飲み「万葉(まは)」に顔を出したのです。其処へ「けんちゃん」が入って来たのです。まあ、良く飲むおっさんなのです。其の後、「郷土料理 縁」に少しだけ寄り、後は真っ直ぐに家に帰ったのです。合掌。16464

(私が食べさせて頂いた「麻辣湯」なのです。辛さが3だと、こんな色に成るのです。2017.12.09、「無限」大阪市浪速区日本橋西1-1-14 第二牧ビル 1F)
 


報恩講2 2017年12月10日(日)

  136,911 byte

嫁が食べさせて頂いた「麻辣湯」なのです。辛さ1では、此の色なのです。2017.12.09、無限
 


報恩講3 2017年12月10日(日)

  143,322 byte

此れが「藤井山 光泉寺」なのです。今から30年余り前に建てられたのです。其れまでは、同じ生野区の中川の地に在ったのです。22017.12.09、大阪市生野区新今里3丁目17−2
 


報恩講4 2017年12月10日(日)

  142,187 byte

本堂で9人のお坊さんが正信偈をあげられたのです。2017.12.09、光泉寺
 


報恩講5 2017年12月10日(日)

  140,131 byte

「いたけ」に居られた、美女二人なのです。2017.12.09、大阪市浪速区日本橋5丁目13−4
 


<< 2017年 12月 >>
- - - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -