澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

普通の食堂 いわま1 2017年12月17日(日)

  138,219 byte

 「フレンチトースト」が食べたく成ったと仰って、私にまで作ってくれたのです。昨日の朝の出来事なのです。朝はご飯と決めている私にパンを食べさせようと言う実の嫁なのです。まあ、ええのですけどね。だって、意外と美味しかったのですから・・。

 お昼に何を食べようかと考えたのですけど、前日に「リンガーハット」で「長崎皿うどん」を提案したのが私だったので、嫁に選んで頂く事にしたのです。ところが、中々決まらないのです。終いには、もう食べなくてもええ、なんて事を言いだす始末なのです。

 そんな訳で、幾つか提案してやったのです。其の中の「普通の食堂 いわま」に食いついたのです。「カレイの煮付け定食」にするのか?と訊くと、いや、「出汁巻定食」にする、なんて答えたのです。出汁巻が好きなようなのです。

 「普通の食堂 いわま」は、我が家から北西方向に在るのです。そんな訳で、堺筋の一本西の細い道を北へと歩いたのです。一つ目の角には「牛カツのタケル」に行列が出来ていて、20人ほどの人が並んで居られたのです。

 そう言えば、「肉吸い」が売りの「千とせ」や、「ダイニング あじと」の前にも行列が出来ていたのです。流石、土曜日なのです。此の分では「いわま」にも行列が出来ているのでは、なんて危惧を抱いたのです。

 でも、幸いにも丁度お二人のお客様が帰られて、其のテーブルが片付けられるまでの間を待っただけで席に座る事が出来たのです。嫁は、店の前に置かれたメニューに載っていた「かす汁定食」を注文し、私はいつもの「いわまセット」をお願いしたのです。

 「かす汁定食」には、出汁巻が3切れ付いていたのです。矢張り出汁巻だったのです。私の「いわまセット」には、天ぷらの盛り合わせとマグロのお造りが付いているのです。勿論、生中も一緒に注文したのです。

 一番先に食べるのは、インゲン豆の天麩羅なのです。でも、其の前にマグロのお造りを二切れ醤油の中に漬けるのです。そう、インスタント漬けマグロを作るのです。其れから、インゲン豆を食べるのです。

 次に、着けて有ったマグロを食べ、そして一切れを醤油に漬け足すのです。勿論、ビールも飲ませて頂くのです。次は、メインの海老の天麩羅を食べさせて頂いたのです。そしてまたマグロを食べるのです。ああ、切が無いので以後は割愛させて頂くのですけどね。そうそう、生中の後に、迷った挙句に黒霧湯割りを頂戴したのです。合掌。19250

(此れが昨日の朝飯の全貌なのです。パン食はいつ以来か覚えて無いくらいなのです。2017.12.16、我が家)
 


普通の食堂 いわま2 2017年12月17日(日)

  137,888 byte

此れが食べさせて頂いた「フレンチトースト」なのです。2017.12.16、我が家
 


普通の食堂 いわま3 2017年12月17日(日)

  143,514 byte

「普通の食堂 いわま」の看板なのです。2017.12.16、大阪市中央区難波千日前9-12
 


普通の食堂 いわま4 2017年12月17日(日)

  143,410 byte

嫁が食べさせて頂いた「かす汁定食」なのです。2017.12.16、普通の食堂 いわま
 


普通の食堂 いわま5 2017年12月17日(日)

  143,972 byte

私が食べさせて頂いた「いわまセット」なのです。2017.12.16、普通の食堂 いわま
 


<< 2017年 12月 >>
- - - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -