澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

瑛太・愛莉・実治1 2017年12月31日(日)

  143,042 byte

 お昼は「立ち寿司2号店」で、いつものように「握り盛り」を頂戴したのです。幸い、直ぐに座る事が出来たのですけど、満員の盛況だったのです。夕方の5時に「てっちり・てっさ」を引き取りに来る事を念の為、確認したのです。

 そう、12月30日は、目の中に入れたら痛い、私の孫3人が揃い踏みする事に成っていたのです。そんな、訳で「てっちり・てっさ」と「おでん」其れに「焼肉」を用意したのです。どちらかと言えば「てっちり・てっさ」は大人用なのです。

 午後4時頃に「実治(さねはる)」の一族が集合したのです。「実治」は、谷町6丁目の近所、粉川町に住んでいるのです。我が家からは徒歩で30分ほどの所なのです。まあ、其れでも移動は車なのです。

 午後5時前に家を出て、「立ち寿司」まで「てっちり・てっさ」を取りに行ったのです。ところが、此れが重たい大きな皿に盛って有って、しかも2枚も有ったのです。其れに、湯引きや皮、薬味、ポン酢と此れまた重たい陶器の入れ物に入れて有ったので、持って帰るのに四苦八苦したのです。

 家に辿り着いても、両手が塞がっているので、鍵も開けられないのです。其処で、顎でチャイムを押して、扉を開けて貰う事にしたのです。其れまでに、荷物持ち役として、実の嫁のお供で、黒門市場とか高島屋とかに引きずり回され、重たい荷物を持たされたので、両腕の筋肉は悲鳴を上げていたのですけど、更に負担が加わえられてしまったのです。

 早めに「実治一族」と食事をしたのです。「瑛太・愛莉一族」は恐らく午後8時頃に成るようだったので、食事を二部制にしたのです。だって、我が家の食卓は定員5名が限度なのですから・・。勿論、美味しく頂戴したのです。

 其の後、「実治」と父親を連れて「いたけ」へ赴いたのです。「いたけ」には「師匠」の他に、「ハム屋のおっさん」と、かなり五月蠅く成った「サイガーマン」が居られたのです。有り難い事に、「いたけの母」に「実治」はお年玉を頂戴したのです。「実治」は、其れを握って、決して離そうとはしなかったのです。

 家に帰って暫くすると、「瑛太・愛莉一族」が来られたのです。でも、少しだけお相手をして、「万葉(まは)」にご挨拶に出掛けたのです。すると、電話が架かって来て、早く帰っておいで、なんて言われてしまったのです。勿論、直ぐに帰って孫たちのお相手をさせて頂いたのです。

 ほてから、また出掛けたのです。今度は「ババケン」なのです。だって、東京に行ってしまって殆ど会う事が出来ない「ぽかちゃん」が午後9時頃から「ババケン」に来ると仰ってらしたからなのです。「たっちゃん」や「がーすー」も居られて、盛り上がったのは言うまでも無いのです。「ぽかちゃん」は今、沖縄(おっきなわ)に居られるとの事なのです。小さい癖に・・。合掌。21921

(「立ち寿司」では、此の「握り盛り」を食べさせて頂いたのです。2017.12.30、大阪市中央区日本橋2−8−16)
 


瑛太・愛莉・実治2 2017年12月31日(日)

  140,084 byte

「いたけ」は二度目の「実治」なのです。前回は、かなり警戒していたようなのですけど、今回はかなり慣れたようなのです。2017.12.30、大阪市浪速区日本橋5丁目13−4
 


瑛太・愛莉・実治3 2017年12月31日(日)

  137,324 byte

リュックを担いでやって来た「瑛太」と「愛莉」なのです。2017.12.30、我が家
 


瑛太・愛莉・実治4 2017年12月31日(日)

  144,088 byte

仲良く「てっちり」を食べる「瑛太・愛莉・実治」なのです。2017.12.30、我が家
 


瑛太・愛莉・実治5 2017年12月31日(日)

  142,075 byte

「ババケン」で、久しぶりに「ぽかちゃん」とツーショットを撮ったのです。2017.12.30、大阪市中央区千日前2丁目5−4
 


<< 2017年 12月 >>
- - - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -