澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

初詣1 2018年01月02日(火)

  138,588 byte

 此の10年余りは、お正月にお節料理は用意せず、大寅の大判と厚焼き、数の子、ごまめ、黒豆程度を用意するのが普通に成っていたのです。正月に家に居ない事が多かったからなのです。ところが、今年は栃木の山奥から次男親子が来てくれたのです。そんな訳でお節料理をすこしだけ用意する事にしたのです。

 とは言っても、家で煮炊きした訳では無く、黒門市場の「近藤商店」で用意して頂いたのです。此れに、普段用意しているモノが加わるのですから、結構豪華なものに成ったのです。そう、元旦のお話なのです。勿論、白味噌仕立てのお雑煮も用意されたのです。

 でも、お屠蘇を頂くのは私一人なのは、少し寂しかったのですけどね。お屠蘇と言っても、普通のお酒、永和信用金庫から頂戴した300ml入りの薦被りを手酌で飲ませて頂いたのです。ほんまのお屠蘇は、漢方薬みたいなのを入れるので、あまり美味しく無いのです。

 ほてから、11:45に家を出て、源聖寺坂を上がり、生玉さんへ初詣に行ったのです。本来、我が家の氏神さんは大江神社なのですけど、長男が生玉さんに行きたいと仰ったから、そうしたのです。まあ、八百万の神さまが居られるので、何処で手を合わせても良く似たものなのです。

 長男夫婦とは参道で待ち合わせていたのですけど、此れが不思議くらいにピッタリと合ったのです。でも、其処から参拝させて頂くまでは1時間近く掛かったのです。そう、長蛇の行列が出来ていたのです。でも、誰も列を乱すような不埒真似はしなかったのです。まあ、何処かの国では、そうも行かないようなのですけどね。

 皆さん、思い思いの願い事をしたようなのです。愛莉に訊くと、もっと可愛く成るようにお願いしたのだとか、まあ女の子だったのですねえ。子供たちはスーパーボール掬いをしたり、ミカン飴を買ったり、公園で遊んだりと忙しかったのです。

 ほてから、昼飯は近くに在る「宮本むなし 谷町九丁目駅前店」で頂戴する事にしたのです。まあ、8人がすんなりと座れたのはラッキーだったのです。其処で、私が注文したのは「おろしカツ定食」だったのです。勿論、生中は2杯頂戴したのです。

 食事の後、お疲れの実治らと別れて、5人で道頓堀の自安寺へ、此れまた初詣に行く事にしたのです。此処では先ず大杯に金箔酒を入れて貰って頂戴するのです。そして、ポラロイドカメラで集合写真を撮って貰ったのです。

 それから、妙見菩薩を祀っている一階で5人共、御祈祷を受けたのです。有り難い事なのです。其れから千日前を経由して家に帰って来たのです。晩御飯は、家で鉄板焼きなのです。私が滅多に食べられ無い肉が出たのです。合掌。25837

(朝飯のお節ですわ。2018.01.01、我が家)
 


初詣2 2018年01月02日(火)

  133,396 byte

朝飯には他に、お雑煮と数の子も出た。2018.01.01、我が家
 


初詣3 2018年01月02日(火)

  145,028 byte

生玉さんへ5人で歩いて行ったのです。2018.01.01、「源聖寺坂」大阪市 天王寺区生玉町13-37
 


初詣4 2018年01月02日(火)

  140,894 byte

「生玉さん」で、長男一家の記念写真を撮ったのです。2018.01.01、大阪市天王寺区生玉町13−9
 


初詣5 2018年01月02日(火)

  144,726 byte

道頓堀の「自安寺」ですわ。妙見大菩薩が祀られているのです。2018.01.01、大阪市中央区道頓堀1丁目東5−13
 


<< 2018年 1月 >>
- 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -