澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

大江神社1 2018年01月05日(金)

  139,695 byte

 あの「別格大吟醸まんだくの花」を、4日のお昼に飲み干してしまったのです。思えば、此れを初めて飲ませて頂いたのが、2日の午後の事なので、3日で飲み干したと言う事なのです。まあ、三日で一升なら、節度有る飲み方なのです。あの、「健ちゃん」など、一日で一升なのですから。お相手はお節料理なのです。

 子供や、孫たちが食べるのでは、なんて実の嫁が思って、30日に黒門市場の近藤商店で用意したモノなのです。まあ、当分は嫁と私で、延々と食べ続けるのです。此の日は、小さな餅を2個、野菜具沢山味噌汁に入れて食べさせて頂いたのです。

 まあ、飲んで食ってなので、太ってしまったのは事実なのです。体重計が恐いのです。でも、今 一寸体重計に乗ってみるのです。一寸、待って下さいね。ああ、今 66.5kgも有ったのです。目標体重が、63.5kgなので、3kgも多いのです。

 そうなる予想が有ったので、朝飯を食べた後、お散歩を兼ねて「大江神社」にお参りさせて頂く事にしたのです。そう、此の神社は我が家の氏神様なのです。本来なら、元旦にお参りするのが筋なのですけど、色々と有って、4日まで伸びてしまったのです。

 此の神社、「四天王寺」の鎮守である、「四天王寺七宮」の一つなのです。祭神は、豊受大神、素盞嗚尊、欽明天皇、大己貴命、少彦名命、の5柱なのです。摂末社として、境内に在る、「日吉稲荷神社」、「大江護国神社」が有るのですが、御蔵跡に、「羽呉神社」、別名「履物神社が、境外摂社として有るのです。

 ほてから、隣に在る「愛染さん」にもお参りさせて頂いたのです。正式には「四天王寺別院 勝鬘院(しょうまんいん)」と仰るのですけどね。ご本尊は愛染明王なのです。そんな訳で、「愛染堂」とも呼ばれているのです。

 勿論、此処まで来れば「四天王寺」にもお参りさせて頂かなければ成らないのです。西門から入って、東門に抜けたのですけど、色々と薀蓄が有ったのです。ご存じのように、「四天王寺」は、「飛鳥寺」と成らんんで、日本における本格的な仏教寺院としては、最古のものなのです。

 家に帰ると、お昼ご飯を食べなければ成らないのです。太ってしまったので、一食ぐらい抜けばええと思うのですけど、三度三度食べなければ成らないと思っているのです。此れは国民の義務だ、なんて考えなのです。

 そんな訳で、大晦日に食べ損ねた「年越しそば」を頂戴する事にしたのです。勿論、お節も頂戴したのです。お酒も飲み、ビールも頂戴し、ウィスキーも頂いたのです。こんなに飲み食いしては、太ると思うのです。いや、太ってしまったのです。南無阿弥陀仏。24975

(お節は、薄味で美味しいのですけど、毎日食べてると、多少はうんざりするのは無理無い事なのです。2018.01.04、我が家)
 


大江神社2 2018年01月05日(金)

  132,993 byte

野菜具沢山味噌汁にお餅を入れて食べたのです。2018.01.04、我が家
 


大江神社3 2018年01月05日(金)

  143,004 byte

今年に成って、初めて氏神様の「大江神社」にお参りさせて頂いたのです。2018.01.04、大阪市天王寺区夕陽丘町5−40
 


大江神社4 2018年01月05日(金)

  141,941 byte

「愛染さん」の「多宝塔」なのです。国の重要文化財に指定されているのです。2018.01.04、大阪市天王寺区夕陽ヶ丘町5-36
 


大江神社5 2018年01月05日(金)

  142,681 byte

我が家には、正月4日のお昼に「すそば」を食べるのが風習に成っているのです。嘘ですけど・・。2018.01.04、我が家
 


<< 2018年 1月 >>
- 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -