澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

不幸せな事1 2018年01月13日(土)

  142,713 byte

 昨日は「やすらぎ天空館」で、山中家の葬儀だったのです。其の後、瓜破斎場まで行き、僧侶が火葬経を上げ、骨上げまでの間、近くの「日本料理 れんげ」で食事をし、再び斎場まで行ったのです。本骨を隠亡(おんぼう)が拾い、胴骨を喪主を始めご遺族の方々がお箸で拾うのです。

 再び、天空館に戻って還骨法要を営み、続けて初七日法要を済ませたのです。帰りは健康の為、歩いて帰ったのです。時刻は既に午後4時半と成っていたのです。そして、一昨日の雑記帳を書き、新木会の会計報告を会長にチェックして貰い、「高級立ち飲み いたけ」に出勤させて頂いたのです。

 勿論、「いたけ」には「師匠」が居られたのです。そして「ミレニアム懸賞問題」を二人でお話したのです。此れは「クレイ数学研究所」によって、それぞれ100万ドルの懸賞金が架けられている数学上の未解決の課題なのです。

 P≠NP予想、ホッジ予想、リーマン予想、ヤン-ミルズ方程式と質量ギャップ問題、ナビエ–ストークス方程式の解の存在と滑らかさ、バーチ・スウィンナートン=ダイアー予想、ともう一つ、ポアンカレ予想が有ったのですけど、此れは既に解決済みなのです。

 勿論、嘘ですけどね。其の後、「ババケン」に出勤する事にしたのです。いつもは、此処で「芋焼酎のロック」を頂戴するのですけど、此の冬一番の寒さなので、芋湯を頂戴する事にしたのです。肴は「チーズの燻製」にしたのです。勿体無い事に、4切れ、250円のチーズの内の1切れを落としてしまったのです。60円余りも損をしたのです。

 不幸せな事だったのです。でも、もっと不幸せな人が居られたのです。昨日の葬儀で、受付をお手伝い下さった「事務局長」が其の方なのです。初出勤の今月5日に、インフルエンザ明けで身体が弱っていたので、車で事務所まで出勤されたのです。

 近くに「一日最大料金600円」のコインパーキングが有って、其処に車を入れたのです。帰りに600円を支払って、無事 家まで帰られたのです。600円はお安いのです。そして連休明けの9日にも車で出勤されたのです。

 勿論、同じコインパーキングに車を停めたのです。そして、帰りに料金清算機に600円を入れたのです。すると、「残金5400円」の表示が出たのです。初めは、何の事か理解出来なかったのです。

 でも、やがて気付いたのです。「えべっさん」の3日間は、「一日最大料金」の扱いはして無かったのです。大変悔しい思いをしたのですけど、仕方なく5400円を入れて、車を出されたのです。私は、チーズ1切れで良かったのです。合掌。20247

(「やすらぎ天空館」からの帰り、ジャンジャン横丁から通天閣の下を通ったのです。2018.01.12、大阪市浪速区恵美須東1丁目18−6)
 


不幸せな事2 2018年01月13日(土)

  144,255 byte

「いたけ」には、いつものように「師匠」が居られたのです。2018.01.12、大阪市浪速区日本橋5丁目13−4
 


不幸せな事3 2018年01月13日(土)

  133,872 byte

此れが私の「不幸せな事」に寄与した「燻製チーズ」なのです。2018.01.12、「ババケン」大阪市中央区千日前2丁目5−4
 


不幸せな事4 2018年01月13日(土)

  131,334 byte

「ババケン」の後「万葉(まは)」に寄ったのですけど、「ハム屋のおっさん」が居られて、ハイボールと熱燗をご馳走に成ってしまったのです。有り難い事なのです。幸せな事なのです。2018.01.12、大阪市中央区難波千日前3-1
 


不幸せな事5 2018年01月13日(土)

  139,898 byte

帰り道に在る「郷土料理 縁」に寄ってしまったのは、必然だったのです。2018.01.12、大阪市中央区難波千日前6−20
 


<< 2018年 1月 >>
- 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -