澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

「横濱牛鍋 善」1 2018年02月21日(水)

  141,258 byte

 毎日、お昼と夕方に病院へ行くのが日課に成っているのです。実の嫁のお見舞いに行くのです。でも、かなり元気に成り、腕を覆っていた大袈裟な包帯も普通の包帯に成り、補装具を付ければ、日常生活も余り不自由を感じずに過ごせるように成ったのです。

 昨日、お昼過ぎにお見舞いに行くと、外出着を着ているのです。何でも、義姉と二人で「松竹座」へ行くと仰るのです。出し物は「喜劇 有頂天一座」なのです。「渡辺えり」と「きむら緑子」が主演の喜劇なのです。

 此の2月1日から12日までは同じ出し物が、同じ松竹の「新橋演舞場」でなされていたのです。先生にちゃんと外出許可を貰っていると仰ったのです。病院から芝居見物とは、随分と気楽なご身分なのです。まあ、ええのですけどね。

 一方、私は昼飯を食べなければ成らないのです。午前中の仕事の具合で、病院に行く前に昼飯を食べられる時と、そうで無い時が有るのです。昨日は、そうで無い時だったのです。始め、我が家の近所のカレー専門店、以前「立っちゃん」が、『不味い!』と仰ってらした「マッハ」に行こうと思っていたのです。

 ところが、嫁が『こないだシャブシャブ食べてんやろ。ほんなら、今度はすき焼きがええのとちゃう?』なんて言うものですから、口が「すき焼き」に成ってしまったのです。そんな訳で、「なんばウォーク」に在る「横濱牛鍋 善」へ行く事にしたのです。

 此処のメニューは、960円の「牛すき焼き定食」、1280円の「牛ステーキ膳」、960円の「牛ステーキ盛り丼」、1980円の「ブランド国産牛すき焼き」の4種類だけなのです。私は迷わず「牛すき焼き」の単品をお願いしたのです。定食より100円安いのです。

 此れは、先ず野菜たちを鍋で煮込んでくれ、最後にすき焼き肉を入れて私の目の前の小さなコンロに乗せてくれるのです。そして、其のすき焼き肉をほぐしながら食べるのです。まあ、結構な量が有って、生中を二杯程度は飲めるのです。

 夕方には再度、嫁の病院へ行くのです。そして、嫁の洗濯物を持って帰るのです。ですから、地下鉄で直接「いたけ」には出勤出来ないのです。一旦、家に寄って、洗濯物を置いて、そしてようやく「いたけ」に出勤出来るのです。

 ですから、大方30分程歩かなければ成らないのです。地下鉄で直接行けば5分程度で「いたけ」に到着するのですけどね。ですから、最近は「いたけ」への出勤時間が遅く成っているのです。「師匠」が来るのが遅い、と文句を言うのです。

 でも、女性陣が来られると話は別なのです。私が帰った後も「師匠」は、長々と居られるのです。そうそう、昨日は夜のお見舞いは割愛したのです。だって、お芝居見物で病院へのご帰宅は午後8時頃だったのですから・・。合掌。24029

(「横濱牛鍋 善」の外観なのです。時刻が13:42だったので、中は空いていて、私の他にはお一人しか居られなかったのです。2018.02.20、大阪市中央区千日前1 なんばウォーク3番街)
 


「横濱牛鍋 善」2 2018年02月21日(水)

  142,024 byte

初めのセッティングは此れなのです。卵が小さいのが気に入らなかったのですけどね。2018.02.20、「横濱牛鍋 善」
 


「横濱牛鍋 善」3 2018年02月21日(水)

  139,780 byte

牛鍋がセットされるとこうなるのです。2018.02.20、「横濱牛鍋 善」
 


「横濱牛鍋 善」4 2018年02月21日(水)

  141,526 byte

牛鍋は初めこんな感じなのです。肉をほぐして頃合いを食べさせて頂くのです。美味しかったのです。2018.02.20、「横濱牛鍋 善」
 


「横濱牛鍋 善」5 2018年02月21日(水)

  144,606 byte

「師匠」は、横に女の方が居られると、いつまでも「いたけ」に居られるのです。2018.02.20、大阪市浪速区日本橋5-13-4
 


<< 2018年 2月 >>
- - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




- - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -