澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

実治(さねはる)1 2018年03月12日(月)

  144,310 byte

 お昼前に、あの目の中に入れたら痛い、可愛い孫の「実治(さねはる)」が来てくれたのです。早速、実の嫁は高島屋へお昼の買い物に出たのですけど、此れに「実治」が付いて行ったのです。父親が、「実治」は、往復とも歩いた、と言っていたので、大したものなのです。

 そして、食卓に乗ったのは、「鯛のお造り」「鮭の塩焼き」「出汁巻」「めかぶ」「辛子明太子」「菜っ葉の炊いたん」なんかだったのです。「実治」の食欲も旺盛だったのです。まあ、朝飯を余り食べなかったようなのですけどね。

 実治は「めかぶ」が好物のようなのです。「めかぶ」とは、若芽の根元部分の事なのです。ヌメリ成分が有るので、ネバネバとしているのです。そう言えば、先日 沖縄で贖った「海ブドウ」もヌメリ成分が有ったのです。「クビレズタ」とか「グリーンキャビア」とも呼ばれているのです。

 ああ、お話が逸れたのですけど、食後の一服の後、実治を公園に連れて行く事にしたのです。日本橋小学校横の日本橋公園なのです。始め、シャボン玉で遊んでいたのですけど、其の内、滑り台でも遊びだしたのです。まあ、ほんまに元気なのです。

 父親と爺婆3人でお守りなのです。其の内、嫁が「お能」を観に行くと仰って姿を消したのです。一時もじっとしていない実治のお守りは疲れるのです。まあ、疲れる程度なら良いのですけど、もっとひどい時にはトリツカレルのです。

 もうひとつ違う公園へ行く事にしたのです。高津に在る「黒門公園」なのです。其処へ犬を散歩に連れて来た人が居られたのです。ちょっとビビりながら、でも犬と戯れたいようで、キャッキャと喜ぶのです。

 でも、実治は犬アレルギーが有る可能性が有るのです。まあ、密な接触をしなければ良いようなのですけどね。そう言えば、私は戌なのですけど、大丈夫なようなのです。公園からの帰り、暫く歩いていた実治なのですけど、途中で抱っこを要求したのです。此れが結構重いのです。13kgほども有るようなのです。

 父親が運転する電動アシスト自転車の後部座席に乗って、実治がさよならのタッチをして帰って行ったのは、17:16の事だったのです。嫁も居らず、実治たちも帰ってしまうと、独りぼっちに成ってしまったのです。

 一人、寂しく「まるき」に向かって歩いたのです。でも、途中で気が変わったのです。そうだ、「かえで」で「ミックス焼きそば」を食べよう、なんて考えが頭に満ちてしまったのです。口が「焼きそば」に成ってしまったのです。そんな訳で「まるき」近くまで行っていたのにUターンしたのです。合掌。20350

(シャボン玉で遊ぶ実治1.2018.03.11、「日本橋公園」大阪市浪速区日本橋3-2)
 


実治(さねはる)2 2018年03月12日(月)

  144,756 byte

シャボン玉で遊ぶ実治2.2018.03.11、日本橋公園
 


実治(さねはる)3 2018年03月12日(月)

  143,853 byte

シャボン玉で遊ぶ実治3.2018.03.11、日本橋公園
 


実治(さねはる)4 2018年03月12日(月)

  142,151 byte

滑り台で遊ぶ実治。2018.03.11、日本橋公園
 


実治(さねはる)5 2018年03月12日(月)

  142,578 byte

ボールで遊ぶ実治。2018.03.11、日本橋公園
 


<< 2018年 3月 >>
- - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -