澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

「一芳亭」と「同窓会」1 2018年04月14日(土)

  141,002 byte

 朝、10時半から「でんでんタウン」の役員会・理事会が有ったのです。其れを終えて正午前に家に帰ったのです。二日間に渡る眼科の検査でお疲れの実の嫁が、寝ているとばかり思っていたのですけど、原田病院へ行っていたのです。

 昨年の一月に手首の複雑骨折をして、一年後の今年の二月に手首に入れていたチタンを取り出す手術をして、其の後も骨密度を高めるお薬を飲んでいたのです。其れが無くなったとかで、三か月分を貰いに行ったのです。

 其の嫁から電話が架かって来て、昼飯を一緒に食べようと仰るのです。時刻が既に午後2時近くに成っていたので、ランチをやってるお店は大方がお終いだったのです。色々と提案したのですけど、結局 嫁の好みで「一芳亭」へ行く事にして、店の前で待ち合わせをしたのです。

 嫁はいつもの「春巻定食」をお願いし、私は単品で「八宝菜」と「シュウマイ」をお願いしたのです。勿論、ビールもお願いしたのです。此のお店は、ビールの中瓶が無いのです。殆どのお店が、瓶ビールと言えば中瓶なのに、此処では「小」と「大」しか無いのです。勿論、「大」をお願いしたのです。

 夕方の5時半から、「高級割烹 きらく」で同窓会が有るのです。とは言っても、今はもう無い「大阪市立日本橋小学校」の同級生4人と其の嫁を併せた8人の集まりなのです。「きらく」の奥座敷をお借りしての集いなのです。勿論、四方山話に花が咲いたのです。

 でも、此処の料理は、美味しいのですけど、私には量が多すぎるのです。其れでも一生懸命食べさせて頂いたのです。次の集まりを7月に決めて「きらく」を後にしたのです。結婚した直後から此の集まりを持って、途中 中抜けはしたのですけど、最近 又集うように成ったのです。

 其の後、嫁を家まで送り届けて「みたりや」へ行く事にしたのです。「みたりや」は、去年の暮れに、黒門市場近くにオープンしたのですけど、先月の半ばに「西尾夫妻」に連れて行って貰ってから、既に10回以上行かせて貰っている、お気に入りのお店なのです。

 其の後、「万葉(まは)」に場所を移したのです。昨日は「まは」の誕生日だったのです。「万葉」は、ほぼ満員の盛況だったのです。帰りに少しだけ「郷土料理 縁」に寄ったのは必然だったのです。芋湯を一杯だけ頂戴して真っ直ぐに家に帰ったのです。毎日、品行方正な生活を続けている私なのです。合掌。16840

(「一芳亭」で食べさせて頂いた「八宝菜」と「シューマイ」なのです。思わず「シューマイ」をお替りしてしまったのです。2018.04.13、大阪市浪速区難波中2-6-22)
 


「一芳亭」と「同窓会」2 2018年04月14日(土)

  144,258 byte

前菜、先付、お通し、八寸、なんて色々呼び方が有るのですけど、私が定刻に到着した時に置かれていた食べ物なのです。勿論、生中をお願いしたのですけど、此の食べ物だけでええくらいなのですけど、次々とお料理が出て来たのです。2018.04.13、「味旬菜 きらく」大阪市浪速区日本橋3-3-2
 


「一芳亭」と「同窓会」3 2018年04月14日(土)

  142,840 byte

楽しそうに談笑する嫁なのです。私は嫁の笑顔を見る為に生きているのです。2018.04.13、きらく
 


「一芳亭」と「同窓会」4 2018年04月14日(土)

  139,717 byte

此れは、先付、お造り、に続いて出て来た「天ぷら盛り合わせ」なのです。此の後、蓮根饅頭、牛肉鉄板焼き、ご飯、味噌汁、香の物と出たのですけど、全部は食べられ無かったのです。2018.04.13、きらく
 


「一芳亭」と「同窓会」5 2018年04月14日(土)

  137,991 byte

私を「みたりや」に初めて連れて行ってくれた「西尾夫妻」なのです。2018.04.13、「万葉」大阪市中央区難波千日前3-1
 


<< 2018年 4月 >>
1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26 27 28
29 30 - - - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -