澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

北海道旅行16 2018年07月07日(土)

  133,878 byte

 ゴルフを終えた我々は、節っちゃんと合流し、ニセコ観光に繰り出したのです。ニセコ自然工房でソフトクリームを食べたり、牧草ロールの上に乗ったり、トラクターの写真を撮ったりと、70歳のおっさんたちが遊んだのです。此れがまた楽しいのです。若年寄と呼んで貰いたいのです。

 日帰り温泉 ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯(きらのゆ)にも立ち寄ったのです。入浴料は500円なのです。此の辺り、矢鱈と温泉が在るのです。そして、比羅夫駅にも行ったのです。此の駅、函館本線に在る無人駅なのですけど、駅の宿なんて言って、宿泊が出来るのです。素泊まりで3,680円なのです。夕食なんですけど、駅のホームで、1,600円でバーベキューが出来るのです。

 まあ、夏場だけ、10名様限定なのですけどね。朝食は650円なのです。此の駅に来る列車は、一日に上下合わせて14本だけなのです。町名を言えば、北海道虻田郡倶知安町字比羅夫(ほっかいどうあぶたぐんくっちゃんちょうあざひらふ)なんて事なのです。函館から186.6kmの位置に在るのです。

 其の後も、色々と立ち寄ったのですけど、紙面の都合で割愛するのです。17:00頃にホテルに帰った我々は、節っちゃん手作りの酒の肴で、またビールにワインにウィスキーなのです。まあ、飲み続ける我々なのですけど、悦ちゃんは飲まないのです。彼は運転手なのです。此れが我々に十分な遵法精神が有る事を証明しているのです。

 晩飯なんですけど、車で少し走った所に在る、ニセコLoft倶楽部に行ったのです。到着したのは、18:50だったのです。此処はジンギスカンの専門店なのです。何でも量が多いとかで、我々年寄りは少し減らした方が良いらしいのです。其処で、5人で4人前をお願いしたのです。

 結構な量が有ったのです。勿論、始まりはビールなのです。山椒大夫はお運びの女の子の手を握った離さないのです。満腹して此処をお暇したのは、20:08だったのです。ホテルに帰る前に、お月さま、なんて名前のショットバーに立ち寄ったのです。

 此処にはビリヤード台が置いて有って、山椒大夫が一人でポケットビリヤードを始めたのです。でも、酔っ払いに簡単に出来るゲームでは無いのです。何でもええから入れれば良いなんてルールで、裕ちゃんがお手伝いに行ったのです。

 私はカウンターで静かに、ウォッカトニックを頂戴しただけなのです。勿論、一杯だけしか飲まないのです。節度有る飲み方なのです。其の後、ホテルに帰ってビールを少しだけ頂戴して、安らかな眠りについたのです。合掌。19760
(「ミルク工房」でソフトクリームを上品に食べる私なのです。2018.07.04、北海道虻田郡ニセコ町字曽我888-1)
 


北海道旅行17 2018年07月07日(土)

  142,470 byte

牧草ロールを物珍しそうに見る二人なのです。此の後、梯子を伝ってロールの上に乗ったのです。2018.07.04、ミルク工房
 


北海道旅行18 2018年07月07日(土)

  138,755 byte

比羅夫駅舎なのです。倉庫には、バーベキュー用のコンロや薪、切り株で出来た椅子なんてのが所狭しと置かれていたのです。2018.07.04、北海道虻田郡倶知安町字比羅夫
 


北海道旅行19 2018年07月07日(土)

  140,671 byte

お運びさんの手を握って離さない山椒大夫なのです。2018.07.04、「ニセコLoft倶楽部」北海道虻田郡ニセコ町曽我397-5
 


北海道旅行20 2018年07月07日(土)

  141,553 byte

お月さま & BAR MOONで寛ぐ我々なのです。バーなんですけど、すき焼き、シャブシャブ、ラーメンなんてのも有るのです。2018.07.04、北海道虻田郡倶知安町字山田167-23
 


<< 2018年 7月 >>
1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -