澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

友愛亭のローメン1 2018年07月12日(木)

  143,704 byte

 5月15日以来の「友愛亭」に行く事にしたのです。ラーメン屋で好ましく思っているのは「友愛亭」と「清麺屋」なのです。ところが、「清麺屋」の「鶏もつつけ麺」がより好ましいのです。そう、つけ麺が良いのです。「友愛亭」にはつけ麺が無いのです。

 何故、つけ麺が良いかと言えば、私がビールを飲むからなのです。熱いラーメンは、時間が経つと麺が伸びてしまって美味しく無く成るのです。其の点、冷たいつけ麺だと、麺の伸びる心配が要らないのです。そう、呑兵衛は食事に時間が掛かってしまうのです。

 ラーメンと異なるモノなのですけど、「麻辣湯」もラーメン屋に行く回数を減らしたのです。あの、辛さが魅力だし、実の嫁が0.5辛しか食えないのに「麻辣湯」を好むのです。何故かと言えば、自分の好きな物を入れる事が出来るからなのです。

 ですから、嫁の「麻辣湯」には、嫁の食えないモノは入って無いのです。そうそう、昨日「友愛亭」へ行ったのは、「ロウメン」を食べる為だったのです。「ローメン」とは、「炒肉麺(チャーローメン)」の略称なのです。

 どんなモノかと言えば、羊肉と野菜を炒め、蒸した太目の中華麺を加えた、長野県伊那地方特有の麺料理なのです。ラーメン用のスープを加えるものと加え無いものが有るのです。昭和30年(1955)に伊那の「萬里」のご主人、伊藤和弌氏が最初に作ったのです。チャンポンに似てると言えば似てるのですけどね。

 「友愛亭」の「ローメン」は、海老が入っていて、餡かけに成っているのです。嫁は、私の「ローメン」の中に、自分の叉焼を2枚とも放り込んだのです。そう、嫁は叉焼が嫌いなのです。豚が嫌いなのかと言えばそうでも無く、豚まんやシューマイなんてのを平気で食べるのです。

 そんな訳で、私の「ローメン」は叉焼が入った高級ローメンに成ったのです。そうそう、始めにお願いしたのは、缶ビールとメンマなのです。メンマは炒めてから出してくれるので、普段の味とは少し違うのです。メンマを肴にビールを飲ませて頂くのです。そうこうする内に「ローメン」がやって来たのです。

 初め、其のまま食べていたのですけど、途中からお酢を入れたのです。此れがまた一味違って美味しいのです。メンマでビールを飲み、麺を食い、叉焼を食べさせて頂くのです。至福の時が流れるのです。さあ、もう一缶ビールをと思ったのです。

 ところが、表に10人ほどのお客様が並んでいる事が、店長と愛ちゃんの会話で分かったのです。そんな訳で、二本目のビールは断念して、早々にお暇する事にしたのです。合掌。22126

(初めに出て来たのはビールだったのですけど、直ぐにメンマが出て来たのです。此れにたっぷりの胡椒と一味を振り掛けたのです。ええお味に成るのです。2018.07.11、「友愛亭」大阪市浪速区日本橋4-12-1 マルタビル 1F)
 


友愛亭のローメン2 2018年07月12日(木)

  141,660 byte

此れが噂の「ローメン」なのです。此れに叉焼が2枚入るので、豪華なものに成るのです。2018.07.11、友愛亭
 


友愛亭のローメン3 2018年07月12日(木)

  136,145 byte

箸を取り出して此れから「カミソリパンチ」を食べようと言う嫁なのです。2018.07.11、友愛亭
 


友愛亭のローメン4 2018年07月12日(木)

  140,214 byte

此れが嫁がお食べに成られた「カミソリパンチ 煮玉子入り」なのです。未だ叉焼が入って居られるのですけど、直ぐに私のローメンに叉焼はお嫁入りされるのです。2018.07.12、友愛亭
 


友愛亭のローメン5 2018年07月12日(木)

  141,113 byte

「愛ちゃん」なのです。もう直ぐ結婚6年目を迎える「友愛亭」の看板娘なのです。「浪速の北川景子」と呼ばれているのです。あれ?呼ばしているのです、やったっけ・・。2018.07.11、友愛亭
 


<< 2018年 7月 >>
1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -