澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

日窓会1 2018年08月01日(水)

  141,217 byte

 30日は比較的涼しかったのですけど、31日は、また暑く成ったのです。そうなると、実の嫁のご機嫌が悪く成るのです。赤ちゃんと同じで、そうそう先日我が家に来ていた、目の中に入れたら痛い、孫の「尚治(なおはる)」も涼しい所が好きなようなのです。そんな時には、昼飯は「よしまさ」が良いのです。嫁の一番のお気に入りが「よしまさ」なのです。

 「まるき」や「郷土料理 縁」もお気に入りなのですけど、誠に残念ながらランチはやって無いのです。嫁が、「よしまさ」で食べる物は決まっていて、「煮付け定食」か「焼魚定食」の二つの内から気分で選ぶのです。昨日は「焼魚定食」を注文したのです。

 私は、いつもの「お造り定食」なのです。此処では黙っていてもご飯は少な目で出してくれるのです。そして、主食はビールなのです。もう一寸飲みたいなあ・・、なんて思ったところで止めるのが、節度ある飲み方なのです。

 そして、此の日は、午後5時から、「立ち寿司2号店」の2階個室で「日窓会(にっそうかい)」の懇親会が有ったのです。此の部屋は、以前に3回ほど使っているのです。システムは、飲み放題込みで5千円なのです。ソファーが4つほど置いて有って、テーブルが二卓有るのです。有り難い事に専用トイレも有るのです。

 料理は1階のお店から運んでくれるのですけど、飲み物はセルフなのです。ビールと酎ハイのサーバーが置いて有って、自分で入れるのです。他に、日本酒、芋焼酎、麦焼酎、ウィスキー、ウーロン茶なんてのが用意されているのです。酎ハイに入れるシロップも各種が揃っているのです。

 製氷機も置いて有るのです。初めに「お造り盛り合わせ」が出たのです。マグロ中トロ、鯛、タコ、サーモン、イサキ、貝柱、なんてのが茎山葵と共に供されたのです。次が、マグロホホ肉ユッケで、此れがあっさりとして美味しいのです。

 次に、マグロカマ煮で、ほてからウニ・イクラ盛りが出て来たのです。そして、鯛のセイロ蒸しなのです。鯛が一匹鎮座されていて、他に豚肉、海老、小籠包、なんてのがお野菜と共にセイロ蒸しにされているのです。

 そして、最後に海鮮太巻きが出たのです。私なんかは、そんなに食べられ無い量だったのです。9名が集ったのですけど、平均年齢が70歳ほどの団体がまあ良く食べたものなのです。私は、恐らく平均値の6割ほどの食いだったのです。

 でも、2時間半ほどの時間を尽きぬお話で堪能したのです。「日窓会」とは、其の昔、でんでんタウンが華やかなりし時代に、新進気鋭の若手経営者が10数名集まって、共同でイベントを企画したり、飲み会を開いたりした組織だったのです。いえ、今は単なる親睦会なのですけどね。気心の知れた連中なのです。合掌。15261

(初めに出て来た「お造り盛り合わせ」なのです。此れで4人前なのです。お料理は全て4人前なのです。2018.07.31、「立ち寿司2号店(ホルモン 新鮮や!)」大阪市中央区日本橋2−8−16
 


日窓会2 2018年08月01日(水)

  144,088 byte

2番目に出て来た「ホホ肉ユッケ」なのです。2018.07.31、立ち寿司
 


日窓会3 2018年08月01日(水)

  143,027 byte

マグロカマ煮なのです。2018.07.31、立ち寿司
 


日窓会4 2018年08月01日(水)

  141,684 byte

「ウニ・イクラこぼれ盛り」なのです。中に「胡瓜巻き」が入っているのです。2018.07.31、立ち寿司
 


日窓会5 2018年08月01日(水)

  144,100 byte

「鯛と諸々のセイロ蒸し」なのです。「海鮮太巻き」の写真はまたいつかの機会に・・。2018.07.31、立ち寿司
 


<< 2018年 8月 >>
- - - 1




2




3




4




5




6





7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




-
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -