澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

一芳亭1 2018年08月02日(木)

  142,595 byte

 お昼は、4ヶ月ぶりの「一芳亭」なのです。満員で入れ無い事も有るのですが、昨日はすんなりと座る事が出来たのです。私は、珍しく「酢豚定食」をお願いしたのです。普段は「八宝菜定食」が多いのですけど、偶には替えるのもええものなのです。

 嫁は、いつもの「春巻定食」なのです。定食には、シューマイとスープ、其れにご飯が付くのです。嫁は、ご飯小、少な目で、私は、ご飯無し、をお願いしたのです。ところが、嫁には少な目のご飯が持って来られたのですけど、私には、普通の、ご飯小が持って来られたのです。

 ご飯無し、て言うたやんけ、と思ったのですけど、気の弱い私に、そんなセリフは言えなかったのです。そんな訳で私は、また太ってしまう事に成ったのです。酢豚は、私好みの味で美味しかったのです。ところが、シューマイが今一だったのです。昔は、もっともっと美味しかったのに、なんて思ったのです。まあ、口が肥えたのかも知れないのですけどね。

 そうそう、ビールなんですけど、此処は珍しく「大瓶」なのです。普通のコップに一杯分、余分に飲めるのです。此れは、酒飲みには嬉しい事なのです。大瓶は、633ml入っていて、中瓶は、500mlなのです。此の差は大きいのです。だって、135ml入りの缶ビールが有るくらいなのですから・・。

 其の食事中に電話が入ったのです。道頓堀に在る「日蓮宗 妙見宮 蓮登山 自安寺」のご住職からだったのです。お盆に、道頓堀で「精霊流し」をするので、其のポスターを貼って貰いたいと言う事だったのです。

 そんな訳で、届け物も有ったので、道頓堀まで出掛けたのです。帰りに、ポスターと共に、美味しいお餅とお供物まで頂戴したのです。有り難い事なのです。帰ってから、色々と用事が有って、「いたけ」への出勤時間が、午後7時に成ってしまったのです。

 日曜日は「いたけ」が定休日で、月曜日はゴルフで帰りが遅く成り、火曜日は「日窓会」の懇親会が有って、4日ぶりの「いたけ」なのです。ところが、いつもよりも多いお客様が居られたのです。其れに、珍しく「友ちゃん」まで居られたのです。

 「いたけ」の次に何処に行くかで迷ったのですけど、久しぶりに「郷土料理 縁」に行く事にしたのです。いえ、良く行ってるのですけど、其れはラストに芋湯を一杯だけ飲ませて頂く為なのです。此の日は、少しだけ食べようとの思いも有ったのです。そんな訳で、突き出しの他に「鰹のユッケ」を頂戴したのです。其の後、「楽がき」に寄って、帰りに再び「縁」に寄ったのは、ご愛敬だったのです。合掌。17082

(此れが「酢豚定食」のメイン、酢豚なのです。2018.08.01、「一芳亭 本店」大阪市浪速区難波中2-6-22)
 


一芳亭2 2018年08月02日(木)

  141,624 byte

定食には、此のスープが付いているのです。豚と筍が入っているのですけど、嫁は自分の豚を私のスープに放り込むのです。2018.08.01、一芳亭
 


一芳亭3 2018年08月02日(木)

  142,301 byte

此れは、嫁が食べさせて頂いた「春巻定食」なのです。好き嫌いの多い嫁なのですけど、嫁は春巻が大好きなのです。2018.08.01、一芳亭
 


一芳亭4 2018年08月02日(木)

  142,563 byte

縁で食べさせて頂いた「鰹のユッケ」なのです。まあるいお月さまみたいなのは、生卵の黄身なのです。2018.08.01、「郷土料理 縁」大阪市中央区難波千日前6-20
 


一芳亭5 2018年08月02日(木)

  142,875 byte

此れが、自安寺のご住職に依頼されたポスターなのです。持って帰って早速、表のシャッターに貼ったのです。2018.08.02、我が家
 


<< 2018年 8月 >>
- - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -