澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

豚カレーうどん1 2018年08月09日(木)

  139,698 byte

 実の嫁は、8:45に家を出て、地下鉄難波駅へ向かったのです。姉と待ち合わせをして、新幹線で東京へ行く為なのです。そして、千葉から妹も東京に出て来て、3人で一緒に泊まって、語り明かそうとの思惑なのです。3人が一緒に成るのは、平成28年(2016)8月に執り行われた、義母の三回忌の時以来なのです。

 勿論、気持ち良く送り出したのです。そして、やがてお昼がやって来たのです。「はこや」でランチ、なんて思ったのですけど、17日までランチはお休みなのです。夜の営業の方は、11、12日がお休みの他は、ちゃんと営業されて居られるのですけどね。

 そんな訳で、浮上して来たのが「き田たけうどん」なのです。でも、服を着るのが面倒だったのです。其れでも、まさかに裸と言う訳にも行かないのです。其処で登場したのが「甚平」なのです。和風の短パンも付いているのです。此れは夏向きでええのです。すっかり忘れていたのですけど、前日に嫁に出して置いて貰ったのです。

 甚平姿に、女物の小さな日傘をして歩くと、チラチラと見られたのです。まあ、ええのですけどね。流石に「き田たけうどん」なのです。満員の盛況だったのです。でも、幸いにも一席だけ空いていて、其処に座らせて頂いたのです。

 注文するモノは予め決めていたのです。「豚カレーうどん」なのです。豚の他に、ネギとタマネギが入っていて、しかも出汁が殊の外美味しいのです。食べているところを想像しただけで、涎が出て来る始末なのです。

 先に出て来たのは、瓶ビールだったのです。此処は、「アサヒスーパードライ」なのです。コップに満たして一口飲ませて頂いたのです。美味しいのです。其処へ、鶏皮の唐揚げを持って来てくれたのです。ビールを注文すると、時々何じゃかんじゃと出してくれるのです。有り難い事なのです。

 唐揚げが無くなったところで、メインの「豚カレーうどん」が持って来られたのです。先ず、スープを飲ませて頂いたのです。ほんまに美味しいのです。いつもは、ラーメンやうどんの出汁は残すようにしているのです。塩分控えめを心掛けているからなのです。

 でも、此のカレーうどんのスープは、飲み干さずには居られない美味しさだったのです。そう、全部飲んでしまったのです。朝も、寿司、にゅう麺、辛子明太子、雑魚、お漬物、と塩分を十分摂取していたのですけどね。

 日本高血圧学会減塩委員会では、高血圧予防のために、1日6グラム、なんて制限を勧めているのです。でも、日本人の平均摂取量は男性で11.3グラムなのです。でも、美味しいモノは仕方が無いのです。合掌。21095

(此の献立の塩分摂取量は知らないのですけど、結構、味が濃いかったので、結構に塩分が入っていたと思うのです。2018.08.08、我が家)
 


豚カレーうどん2 2018年08月09日(木)

  142,213 byte

「甚平」姿を自撮りしたのです。2018.08.08、「き田たけうどん」大阪市浪速区難波中2-4-17
 


豚カレーうどん3 2018年08月09日(木)

  136,557 byte

「鶏唐」を肴にビールが美味しいのです。2018.08.08、き田たけうどん
 


豚カレーうどん4 2018年08月09日(木)

  141,152 byte

此れが私が頂戴した「美味しいカレーうどん」なのです。2018.08.08、き田たけうどん
 


豚カレーうどん5 2018年08月09日(木)

  137,823 byte

食べてる最中には行列も出来ていたのです。平日の13:49と遅い時間なのに、店内はいつも満席なのです。2018.08.08、き田たけうどん
 


<< 2018年 8月 >>
- - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -