澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

そじ坊1 2018年08月12日(日)

  142,849 byte

 ようやく、実の嫁が一寸は動けるように成ったのです。其処で昼飯を「なんばcity南館」に在る「そじ坊」まで行く事にしたのです。嫁は到着して、暫く、店の前でサンプルを見ていたのですけど、どうやら気乗り薄な様子なのです。

 其処で嫁が『「のらや」はどうやろなあ、鍋焼きうどん有るかなあ・・。』なんて仰ったのです。「のらや」には「なべ焼きうどん」は無いので、そう言ってやると、『でも、見に行こう。』と再び仰ったのです。

 「のらや」の前には、10人ほどの行列が出来ていたのです。嫁は温かいうどんが食べたいようなのです。でも、温かいうどんは「大判きつねうどん」「梅わかめうどん」「牛肉うどん」の3種類しか無かったのです。

 そんな訳で、「そじ坊」へUターンしたのです。すると、「そじ坊」にも行列が出来ていて、名前を記入すると3番目だったのです。まあ、此処は回転が早いので、待つほども無く、入る事が出来たのです。此のお店で、温かい蕎麦は「季節の野菜天ぷらそば」「にしんそば」「はわさびそば」「鴨南蛮そば」の4種類が店頭にサンプルとして出ていたのです。

 私は「季節の野菜天ぷらそば」と「瓶ビール」をお願いしたのです。嫁は、考えた末に「ニシンそば」に決めたのです。先付の「そばかりんとう」が少々出たのです。まあ、ビールの肴には成らないのですけど、口が寂しいもので少しだけ頂戴したのです。多分、酎ハイにだったら合うかも知れないと思ったのです。

 「野菜天ぷらそば」も「にしんそば」も同じ815円なのです。「そば屋」で最低だったのは、奈良公園近くの「そば屋」だったのです。不味い上に高いのです。だって、あの「吉野山の鍋焼きうどん」よりも高かったのです。其れと比較すると「そじ坊」は安いし美味しいのです。美味しいと思って食べると、なお美味しいのです。

 ところが嫁は「にしんそば」を生臭いと仰るのです。自分で決めて、自分が食べるのですから、文句が有れば、自分に言えば良いのです。そうそう「生臭い」で思い出したのですけど、以前に、平野の料理屋で「鰻丼」を食べた事が有るのです。其の時、一口食った誰かが『生臭い。』と仰って、食べなかった事が有るのです。

 嫁は私に、にしんの半分を食べろと仰って、残りの半分ほどをいやいや食べたのです。もっと、美味しそうに食べればええのに、なんて思ったのです。まあ、ええのですけどね。好き嫌いの多い嫁なのです。44年と3ヶ月、私が誠心誠意教育して此れなのです。私の教育が悪かったのでしょうかねえ。南無阿弥陀仏。26423

(「そじ坊」のショーウィンドウなのです。2018.08.11、大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY 南館 1F)
 


そじ坊2 2018年08月12日(日)

  137,743 byte

「そじ坊」の入り口なのです。2018.08.11、そじ坊
 


そじ坊3 2018年08月12日(日)

  144,368 byte

初めに出て来た「そばかりんとう」なのです。2018.08.11、そじ坊
 


そじ坊4 2018年08月12日(日)

  140,625 byte

私が食べさせて頂いた「季節の野菜天ぷらそば」なのです。2018.08.11、そじ坊
 


そじ坊5 2018年08月12日(日)

  143,808 byte

嫁が食べさせて頂いた「にしんそば」なのです。2018.08.11、そじ坊
 


<< 2018年 8月 >>
- - - 1




2




3




4




5




6





7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




-
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -