澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

まる虫1 2018年08月24日(金)

  138,740 byte

 朝、お店でジョギングをしていると、少し大き目の「まる虫」が一匹居たのです。どっから入って来たのか、定かで無いのですけど、元気に歩いていたのです。正式には「ワラジムシ亜目オカダンゴムシ」と仰るのです。外敵に襲われたりした時、背中の固い部分を表面にして丸くなるので、「まる虫」の名が有るのです。

 私から見ると、目的も無く歩いているように思われたのですけど、何周目かのランニングの途中で、空中に浮いているのを見たのです。えっ?「まる虫」て空中浮遊が出来るの?なんて思ったのですけど、小さな蜘蛛の巣に引っ掛かっていたのです。

 此れまた「まる虫」の四分の一ぐらいの大きさの蜘蛛が早速「まる虫」に近寄って来たのです。勿論、「まる虫」君は、まるく成ったのです。蜘蛛も攻めあぐねているようだったのです。其れから、何周ぐらいジョギングをしたでしょうか。「まる虫」君は、其のガードを開かれてしまっていたのです。長く伸びてしまっていたのです。

 蜘蛛は、捕獲した獲物の体内に消化液を注入し、液体にした獲物の体液を吸うのです。ですから、吸い終わった獲物の中身は空に成っているのです。可哀想に、「まる虫」君は、皮のみを残して、中身を全部飲まれてしまったのです。人間も含めて、動物は他の生物の命を貰って生きているのです。あの、食事前に手を合わせて言う「いただきます」は、命をいただきます、の意味なのです。

 ああ、こんなお話しをする心算は無かったのですけど、朝飯前のジョギングで命の遣り取りを見てしまったのです。私の朝飯でなんですけど、私は「まる虫」は食べないのです。昨日は「秋刀魚の開き」が出たのです。少しこ焦げていたのですけど、美味しかったのです。

 そうそう、お昼前に急に思いついて、映画に行こうと思ったのです。今、大評判の「カメラを止めるな!」を観たいと思ったのです。「東宝シネマズなんば」でやっているのです。早速、ネットで予約を入れようとしたのですが、何故か上手く行かなかったのです。

 ウダウダしているよりは、現場に行く事にしたのです。13:20の上映なので、其れまでに昼飯を食べて、なんて思っていたのですけど、時間に追い上げられて、昼飯は観た後にする事に成ってしまったのです。窓口にお姉ちゃんが座ってる、なんて風景はもう無いのです。全て、機械が相手なのです。

 平日のお昼なんですけど、ほぼ満員の盛況だったのです。私的には大変面白かったのです。でも、嫁は「黒い犬」だと仰るのです。ああ、「おもしろくない」の意味なのです。「尾も白く無い」とも言うのです。人によって感想が随分と違うんですねえ。帰りに、エレベータを降りた所で「洋服屋のおっさん」にバッタリ会ったのです。彼も同じ映画を観る為に来たのです。合掌。22075

(我が家に現れた「まる虫」なのです。彼が此の後、悲惨な運命を辿るとは、此の時は夢にも思って無かったのです。2018.08.23、我が家)
 


まる虫2 2018年08月24日(金)

  139,932 byte

朝飯のメインは「秋刀魚の開き」だったのです。2018.08.23、我が家
 


まる虫3 2018年08月24日(金)

  138,237 byte

朝飯の後に「スイカ」が出たのです。2018.08.23、我が家
 


まる虫4 2018年08月24日(金)

  143,490 byte

私が見せて頂いた映画のポスターなのです。初め怖くて、後半は笑えるのです。いえ、此れ以上は言えないのです。
 


まる虫5 2018年08月24日(金)

  144,202 byte

昼飯は、映画を観た後、南海本通りの「市場ずし」で頂戴したのです。2018.08.23、「市場ずし 難波店」大阪市中央区難波3丁目2-13
 


<< 2018年 8月 >>
- - - 1




2




3




4




5




6





7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




-
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -