澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

家昼から万葉まで1 2018年08月31日(金)

  144,741 byte

 実の嫁が10:00に間に合うように家を出たのです。黒門の美容室でセットして貰う為なのです。そして、帰りに市場で「サヨリのお造り」を買って来たのです。自分の為に「イカのお造り」もゲットして来たのです。此れに枝豆が加わって、ダイエット昼飯に成ったのです。勿論、主食はビールなのです。

 夜はやっぱり、先ずは「いたけ」なのです。「師匠」を始め「立ちゃん」「大井くん」「中川さん」其れに、「友愛亭」の「中西くん」や「事務局長」「高橋さん」「優勝さん」なんかも居られたのです。其処に「いたけの母」がモンゴル土産の「馬乳ヨーグルト酒」を出してくれたのです。

 それなりの風味が有り、美味しく頂戴したのです。其れに加えて、練乳で作ったようなチーズも食べさせて頂いたのです。チーズと言うよりも、森永ミルクキャラメルみたいな味だったのです。まあ、チュー杯の肴としてなら、何とか食べられそうなのです。

 暫くして「パー」も入って来られたのです。そして「いたけの母」が「いたけの娘」の為にモンゴルで買って来たの言う毛皮の帽子を被ってふざけていたのです。其処に「向井さん」も来られたのです。そう、「いたけ」は満員の盛況と成ったのです。あまつさえ「ハム屋のおっさん」まで来られたのです。

 そして、私は「いたけ」をお暇したのです。次に向かったのは「万葉(まは)」だったのです。でも、「郷土料理 縁」の前を通った時、思わずマスターと目が合ってしまったのです。しかも、カンターに座る席が有ったのです。そんな訳で、軽く食事をする事にしたのです。湯割り1杯半が其のお供をしたのです。

 そして、予定通り「万葉」に辿り着いたのです。「白塗り」と「ともちゃん」其れに「楽がき」のマスター「ぶんさん」が居られたのです。其処へ「エロちゃん」が来たのです。でも、彼は一杯飲んだだけで、お帰りに成られたのです。彼は枚方まで帰らなければ成らないのです。

 そして、少しだけ「はこや」に寄ろうと思ったのですけど、満員で諦めたのです。此れで満員は4回連続なのです。「はこや」が流行っていのは、私も嬉しいのですけどね。そして、真っ直ぐに家に帰ったのです。

 ところが、どうにもお腹が空いたと仰るのです。いえ、私では無いのです。お腹が空いたと仰るのです。其処で、前に食品展示会で貰って来た「辛さを愛する人へ。」なんてキャッチのカップヌードルが有るのを思い出して、食っちゃったのです。ダイエットの大敵を食べてしまったのです。私のダイエットはどない成るのでしょうか・・。合掌。22814

(お昼はなるべくご飯を食べないようにしているのです。2018.08.30、我が家)
 


家昼から万葉まで2 2018年08月31日(金)

  139,105 byte

此れが「馬乳ヨーグルト酒」なのです。アルコール度数が3度なのです。2018.08.30、「いたけ」大阪市浪速区日本橋5丁目13−4
 


家昼から万葉まで3 2018年08月31日(金)

  144,188 byte

自撮りをしたのです。2018.08.30、「万葉(まは)」大阪市中央区難波千日前3−1
 


家昼から万葉まで4 2018年08月31日(金)

  145,169 byte

此れが「激辛ラーメン」なのです。食べてはいけないのに、食べちゃったのです。2018.08.30、我が家
 


家昼から万葉まで5 2018年08月31日(金)

  133,052 byte

今回は出来上がって直ぐに食べたのです。此のカップヌードルなんですけど、以前にお湯を入れたまま、朝を迎えた事が有るのです。凄い事に成っていたのです。2018.08.30、我が家
 


<< 2018年 8月 >>
- - - 1




2




3




4




5




6





7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




-
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -