澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

愛知川宿21 2018年11月05日(月)

  139,191 byte

 やがて我々は「天稚彦神社(あめわかひこ)」の参道前を通ったのです。天稚彦命、大国主命、事代主命の3柱を主祭神としている古社なのです。軒先にコンクリートのサイコロ様の塊が有って、一面に「犬」もう一面に「社」と墨書されていたのですけど、何なんでしょうねえ?其処は「伊藤忠兵衛旧邸」の塀下だったのです。

 今は「伊藤忠兵衛記念館」に成っていて、一般に無料で開放しているのです。初代伊藤忠兵衛の100回忌を記念して初代忠兵衛が暮らし、二代忠兵衛が生まれた此処豊郷本家を整備したのです。そう、忠兵衛は近江商人だったのです。勿論、有り難く拝観させて頂いたのです。

 其処から直ぐの所に「伊藤長兵衛家屋敷跡」なんて石碑が立っていたのです。6代目長兵衛は初代伊藤忠兵衛の兄だったのです。長兵衛の次女の婿養子と成った、7代目伊藤長兵衛はあの商社「丸紅」の創始者なのです。少し行くと「豊郷町役場」が有ったのです。

 其処からほど近い所に「八幡宮」が有ったのです。この境内の辺りは、弓の名人として名高い「那須与一」の次男・石畑宗信という武将の城跡だったのです。八幡神社は宗信が1239年に京都の岩清水八幡宮の応神天皇の分身を奉り建立したものなのです。

 其処に「中山道 一里塚の郷 石畑」なんて刻まれた円柱型の石碑が有ったのです。此の辺りは「愛知川宿」と「高宮宿」の中間で「石畑(間(あい)の宿)」なんて書かれた石碑も有ったのです。さあ、我々は「旧豊郷小学校」の前にやって来たのです。

 明治20年(1887)年建築の初代校舎の本館も残っているのですけど、昭和12年(1937)建築の2代目校舎を建て替える事を平成11年(1999)に新町長と成った大野町長の提案を、町議会も承認したのですけど、住民が歴史有る2代目校舎の保存運動をし、残す事に成ったのです。まあ、色々有ったようなのです。

 アニメ「けいおん!」の舞台にも成って、結構有名な校舎なのです。此の日はイベントが催されていて、此処で少し休憩をしたのです。「師匠」がワンカップ大関を差し入れてくれたので、飲ませて頂いたのです。有り難い事なのです。此処を後にしたのは、15:44だったのです。

 少し行くと「春日神社」の参道が有ったのです。此処は勿論、「天児屋根命」をお祀りしているのです。やがて四十九院交差点に差し掛かり、そして「日枝神社」前に出たのです。今度は「おいでやす 彦根市」の石柱に出迎えられて、我々は彦根市に入ったのです。いえ、本当は「日枝神社」の手前からが彦根市なのです。合掌。20778

(「天稚彦神社」の参道なのです。2018.10.28、「天稚彦神社」滋賀県犬上郡豊郷町高野瀬40)
 


愛知川宿22 2018年11月05日(月)

  145,125 byte

「伊藤忠兵衛旧邸」の塀下に有ったコンクリートなんですけど、「犬」と「社」の文字が見えるのですけど、何なんでしょうかねえ。2018.10.28、「伊藤忠兵衛旧邸」滋賀県犬上郡豊郷町大字八目128-1
 


愛知川宿23 2018年11月05日(月)

  130,000 byte

「伊藤忠兵衛旧邸」内に有る初代伊藤忠兵衛が使っていたお風呂なのです。どうやらホウロウ製のようなのです。2018.10.28、「伊藤忠兵衛旧邸」
 


愛知川宿24 2018年11月05日(月)

  144,907 byte

「伊藤忠兵衛旧邸」の直ぐ近くに在った「伊藤長兵衛家 屋敷跡」の碑なのです。2018.10.28、滋賀県犬上郡豊郷町八目
 


愛知川宿25 2018年11月05日(月)

  136,854 byte

「旧豊郷小学校」なのです。

2代目校舎(旧校舎)

1937年(昭和12年)、本校出身で丸紅の専務取締役であった古川鉄治郎が私財を投げ打って建設した。設計はヴォーリズ建築事務所、建設は竹中工務店が担当し、神谷新一が現場監督となって指揮を執った。通常「旧校舎」と言えばこちらを指す。(ウィキ)

2018.10.28、滋賀県犬上郡豊郷町大字石畑518
 


<< 2018年 11月 >>
- - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -