澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

牛かつ冨田1 2018年11月08日(木)

  139,059 byte

 朝飯はいつもながら豪華なのです。先ずは「カブラのお漬物」「辛子明太子」「小松菜と厚揚げの炊いたん」「肉レンコン」「イワシの一夜干し」「味付け海苔」「カニ蒲鉾&笹蒲鉾」「サヨリの焼いたん」「縮緬雑魚」「トマトサラダ&にぬき」「野菜具沢山味噌汁」、以上なのです。勿論、美味しく頂戴したのです。

 お昼は、実の嫁が『お肉、食べなきゃ。』なんて仰って「牛かつ 冨田」へ。でも、此処に初めて嫁を連れて来た時は、あからさまに嫌な顔をされたのです。私は、単に嫁に栄養を付けて貰わなければ、なんて思っただけなのに、なのです。嫁は「肉」は嫌いなのです。でも、何度か連れて行ってる内に、私よりも此処の肉が気に入ったようなのです。

 人間と言う生き物は、変われば変わるのです。君子豹変、なんて言うのですけど、君子で無くても変わるものなのです。変節とも言うのです。そう言えば、嫁は納豆も食べなかったのです。其れが、今は二日に一度は納豆が出るのです。

 「冨田」の狭い階段を上ると、小さな待合室に先客が二人居られたのです。どうやら韓国のカップルらしいのです。スタッフがメニューを見せて注文を取っていたのです。そして、我々にもメニューを見せたのです。注文は、嫁が1,200円の「牛かつ麦飯セット」なのです。私は、其れに「とろろ」の加わった1,300円のに500円の生中を加えたのです。

 待つ事5分で先客が店内に入られたのです。其処へ、これまた韓国の女の方が二人で待合室に座られたのです。彼女等も「牛かつ麦飯セット」を注文されたのですけど、其れに加えて二人共「ハイボール」も注文されたのです。昼から飲むんや、なんて思ったのです。

 更に5分経過して我々も店内に入れて貰い、席に着いたのです。予め注文して有ったので、直ぐに生中が出て来て、更に料理も出て来たのです。勿論、美味しく頂戴したのです。そうそう、ご飯が半分ぐらいに減ったところで、とろろを掛けて「とろろご飯」にして頂戴したのです。「とろろ」は私の好物の一つなのです。

 夕方に成ると「いたけ」に出勤する時間なのです。そうそう、此の月曜日から「いたけ」で「おでん」が始まったのです。其処で、厚揚げをお願いしたのです。此の厚揚げ、実は絹ごし豆腐の厚揚げなのです。ですから、柔らかくて美味しいのです。

 其の後、嫁を誘って「かえで」に行ったのです。嫁は「ミックス焼きそば」をお願いしたのですけど、私は「キムチ」と「焼椎茸」をお願いしたのです。ダイエットとは辛いものなのです。でも、美味しく頂戴する事が出来たのです。

 特に、椎茸が美味しかったのです。椎茸には、動脈硬化を予防する「エリタデニン」なんて成分も含まれているのです。其れに骨を丈夫にする、「エルゴステロール」なんて成分も有るのです。おまけに、植物繊維も豊富で、ローカロリーな食材なので、ダイエットにもお勧めなのです。節度有る飲み方とコンビが良いのです。合掌。21242

(昨日の朝飯なのです。嫁が作ってくれるのですけど、いつも感謝の気持ちで頂戴しているのです。2018.11.07、我が家)
 


牛かつ冨田2 2018年11月08日(木)

  135,293 byte

2階の待合室に有る「牛かつ とみた」の看板なのです。2018.11.07、「牛かつ 冨田」大阪市浪速区難波中2-3-1 2F
 


牛かつ冨田3 2018年11月08日(木)

  140,766 byte

先ず、生中が運ばれて来たのです。「はこや」や「立ち寿司」の生中より少ないのですけど、500円と100円高いのです。2018.11.07、牛かつ冨田
 


牛かつ冨田4 2018年11月08日(木)

  142,102 byte

此れが「牛かつ麦飯セット とろろ添え」なのです。2018.11.07、牛かつ冨田
 


牛かつ冨田5 2018年11月08日(木)

  143,897 byte

牛かつは、陶板の上で、好みに焼いて食べるのです。2018.11.07、牛かつ冨田
 


<< 2018年 11月 >>
- - - - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -