澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

なんばパークスと家昼1 2019年01月15日(火)

  137,490 byte

 目の中に入れたら痛い、可愛い孫の「実治(さねはる)」が我が家で泊まってくれたのです。実治がママに『まぁちゃんの所で、さねもねんねする!』と言ったからなのです。実の嫁は、実治に自分の事を「まぁちゃん」と呼ばせているのです。

 此れは昔、栃木の瑛太に、嫁が「まぁちゃん」と呼ばそうとして、『保育園の先生が「まぁちゃん」と言うから、ダメ。』と言われた事が有った、リベンジなのです。いえ、私は堂々と「じぃじぃ」とか「おじいちゃん」とか呼ばせていて、姑息な真似はしていないのです。

 其の実治のお目覚めが遅かったのです。しかも、起きてから遊ぶのです。そんな訳で、随分と遅い朝飯で、私の喉をビールが潤わせてくれたのは、10:17だったのです。食事の後、実治を連れてトイザらスに行く事に成ったのです。

 実治にトミカを買ってやる為なのです。上機嫌の実治は、トミカが勢ぞろいしている陳列を見ると、『ウォー!』と雄たけびを上げたのです。実治のトミカコレクションは、恐らく100台を超えるのです。両親と4人の爺婆が非常に甘いからなのです。

 今回、実治は2つのトミカをゲットし、弟の「尚治(なおはる)」の分も実治が選んだのです。普通なら其の後お昼ご飯と成るのですけど、朝が遅かったので、実治は食欲が無いようだったのです。其処で、なんばパークスの最上階から歩いて階段を降りる事にしたのです。

 年寄りに上りはきついのです。其処でエスカレーターで8階まで上がり、更に階段で9階まで登ったのです。パークスは花壇が有り、草木が茂っているし、せせらぎまで有るのです。此れを観ながらゆっくりと下りるのです。

 実治は直ぐに父親に抱っこをねだるのです。でも、階段は嫁に手を繋がれながら歩いて下りようとするのです。まあ、ゲーム感覚なんですかねえ。小さな池が有って、大きな金魚が泳いでいて、実治は此れを熱心に眺めていたのです。

 時刻は既に13:30に成っていたのです。実治に『何が食べたいの?』と訊くと『家で、エビフライ。』と仰ったのです。其処で高島屋のデパ地下でエビフライをゲットする事にしたのです。ついでに、我々の分も確保したのです。

 友治と嫁は出汁巻と焼き魚の入って弁当をゲットし、私は「握り盛り」を選んだのです。友治は、此れに加えて鶏唐も買ったのです。そして、家に帰って昼飯と成ったのですけど、時刻は既に14:00を過ぎていたのです。合掌。23620

(実治はトミカの入った袋をしっかりと握りしめていたのです。2019.01.14、「なんばパークス」大阪市浪速区難波中2丁目10−70)
 


なんばパークスと家昼2 2019年01月15日(火)

  143,406 byte

ベンチで一休みしたのです。2019.01.14、なんばパークス
 


なんばパークスと家昼3 2019年01月15日(火)

  137,572 byte

高島屋の地下に向かって「なんばcity」を歩いているのですが、実治は歩こうとしないのです。2019.01.14、「なんばcity」大阪市中央区難波5丁目1−60
 


なんばパークスと家昼4 2019年01月15日(火)

  139,459 byte

実治の好物「エビフライ」なのです。2019.01.14、我が家
 


なんばパークスと家昼5 2019年01月15日(火)

  134,401 byte

沢治の好物「握り盛り」なのです。此れを肴に、ビールと純米大吟醸が喉を下ったのです。2019.01.14、我が家
 


<< 2019年 1月 >>
- - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -