澤田沢治の雑記帳

登場人物紹介

うどん定食1 2019年01月25日(金)

  137,231 byte

 実の嫁が「まる榮」が良いと仰ったのです。昨日のお昼の事なのです。今年に成って2度目の「まる榮」なのです。昨年は6度しか「まる榮」には行ってないのです。頻度が増えたのは、11月28日に移転新装オープンした事と、我が家に近く成ったからなのです。

 此処の定休日は水曜日で、営業時間は11:00〜20:00(ラストオーダー19:45)なのです。但し、日祭は11:00〜19:00(ラストオーダー18:45)なのです。良く流行っているお店なので、並ぶのを覚悟で行ったのです。矢張り表には4人のお客様が並んで居られたのです。

 まあ、10分ほどで中に入る事が出来たのですけど、並びながら嫁は表に掲示して有るメニューに見入っているのです。いつもは「なべ焼きうどん」をお食べに成られるのですけど、此の日は違う奴にしようとメニューと睨めっこしていたのです。

 長時間考えた末に、ああ長時間と言っても10分間なのですけど、「うどん定食」に決めたのです。此の「うどん定食」なのですけど、「きざみうどん」と「しろいごはん」か「いなり寿司」か「今日のご飯」の中から選べるのです。

 「白いごはん付き」が650円で、「いなり寿司2個」が650円で、1個なら600円、3個なら700円なのです。そして、「今日のごはん付」なら700円なのです。此れに1品と香の物が付くのです。此の日の「今日のごはん」は「キノコの炊き込みご飯」で、1品は「筑前煮」だったのです。

 そして「きざみうどん」に嫁の好物の「甘いお揚げさん」を付け加えて貰ったのです。一方、私の方は、いつもの「味噌煮込みうどん 肉」なのです。例の、食っても食っても肉が出て来る、嬉しい「味噌煮込みうどん」なのです。

 「筑前煮」には、ゴボウ、ニンジン、レンコン、絹さやえんどう、コンニャク、シイタケ、鶏肉、以上が入っていたのです。心の中で「鶏は食べよれへんのとちゃうかなあ。」なんて思っていたのですけど、口には出さなかったのです。

 其れが意外や、鶏は食べたのですけど、シイタケを残したのです。そして、私に食べろと命令するのです。嫁は其れをシイタケとは認識していなかったようなのです。シイタケなら食べると思うのです。恐らく、何か自分の食べられないものだと思ったようなのです。

 そして、少しだけ「炊き込みご飯」を残したのです。勿論、其れも食べろと仰ったのです。「うどん」を見てみると、少しだけ嫁の好物の「甘い揚げ」が残っていたのです。ですから、『其の揚げは食べろや。』と言ってやると、渋々食べたのです。妊娠もして無い癖に、お腹が一杯だ、と仰ったのです。我儘な嫁なのです。合掌。14744

(此れが「うどん定食」の全貌なのです。2019.01.24、「そば処 まる榮」大阪市浪速区日本橋5-20-3-103)
 


うどん定食2 2019年01月25日(金)

  139,791 byte

「うどん定食」の「うどん」なのです。2019.01.24、そば処 まる榮
 


うどん定食3 2019年01月25日(金)

  140,854 byte

「今日のごはん」は「キノコの炊き込みごはん」だったのです。2019.01.24、そば処 まる榮
 


うどん定食4 2019年01月25日(金)

  137,955 byte

「今日の一品」は「筑前煮」だったのです。2019.01.24、そば処 まる榮
 


うどん定食5 2019年01月25日(金)

  135,078 byte

此の日の香の物は「白菜のお漬物」だったのです。2019.01.24、そば処 まる榮
 


<< 2019年 1月 >>
- - 1




2




3




4




5




6




7




8




9




10




11




12




13




14




15




16




17




18




19




20




21




22




23




24




25




26




27




28




29




30




31




- -
- - - - - - -

- Web Diary Professional ver 2.26 -