雑記帳携帯雑記帳
1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年
1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 出場団体の寸評

作者のプロフィール

登場人物の紹介

 
2003/03/31  一日中、飲酒しなかったのです。まあ、朝から飲む訳では無いのですが、晩酌は欠かさなかったのです。一年ほど前に、風邪で39度ほどの熱が出て、飲めなかった事は有ったのですが、ここ五年半 飲まなかった事は無かったのです。土曜日のテレビ番組で「一日、酒なら二合、週に二日は飲まない日を設けなさい。」と言っていたのです。何回も聞いたお話なんですが、何を思ったのか日曜日を原則休肝日にしたのです。飽くまでも原則なのですが・・。日頃「この端午の節句までは生きられない」と言っているのです。一寸前までは「ひな祭りは迎えられない」と言っていたのですが、迎えてしまったので、端午の節句に切り替えたのです。健康が大切と気付いたのかとも思ったのですが、多分 自分の意思で飲まないでも居れる、要するに「アル中」では無い事を証明したい、そんな思いなのかも知れないのです。世の中には「健康の為なら命も要らない!」といった健康志向の人が多いのですが、大方の人が健康を損ない、寝たきりになってご逝去なされるのです。私もその類になってしまったのでしょうか・・。南無阿弥陀仏。
2003/03/30  夕べは野菜鍋。白菜、菊菜、人参、葱、榎木、シメジ、白滝、葛切、それに豆腐。鳥出汁なのです。まあ、メインになる物が無いのです。強いて言えば鰻の蒲焼。此れはお昼の予定だったのですが、外食したので夜に回ったのです。飲み物はビール350ccと冷酒半合。お昼、何故外食したかと言えば、祝賀会の打ち合わせだったのです。4月19日(土)5時半に、「中本三郎出版記念祝賀会」が有るのです。彼、二冊目の本なのです。定価4,800円(税別)なので、多分誰も買わないと思うのです。「都市再開発事業」というお題目なのです。宣伝文句には「本書は、都市再開発事業における鑑定評価に関する問題、課題について、ある場合はベーシックな検討を、ある場合は・・・」、要約すると良く分からない事が書いてあると本と言う事なのです。上八に在る「トークインなにわ」という所でやるのです。メンバーは「のらの会」の連中が中核をなすので、多分単なる飲み会になるとは思うのですが、一応本人を交えて打ち合わせをしたのです。司会者の私は、略礼服を着用するのです。だからと言って改まった会では無いのです。何故かって?昼間に友達の結婚式があるので、単に其の服装のまま来るだけなのです。
2003/03/29  最近、寝る時間は午前1時過ぎ、起きる時間は午前5時半、ほぼ決まっているのです。まあ、偶に早く寝る事は有るのですが、概ねそう言う事なのです。一時、8時ごろまで安らかに寝ていた時期が有ったのですが、元に戻ってしまったのです。新聞を読んだりして、またウトウトしたりするのですが、遅くとも7時までには起きてしまうのです。昔、ソフトボールをしていた頃は5時過ぎに起きていたのです。止めてからは一寸ずつ起床時間が遅くなって来ていたのですが、何の拍子かは忘れたのですが、また早起きになってしまったのです。夜、早く寝れば良い様なものなのですが、そうも行かないところが辛いのです。会議などが有れば、まあ議論が白熱している時は良いのですが、一寸ダラダラとなると、上の瞼と下の瞼が仲良くなってしまうのです。先日、バンコクで工場見学した時などは、歩きながら寝そうになったのです。中々寝付け無い、という夢を見た事も有るのですが、実の嫁に言わせれば「0.5秒で寝てるやんか!」なのだそうですが・・。
2003/03/28  毎月27日にはお寺さんがお参りに来てくれるのです。月に一度のお参りなのです。昭和60年8月27日に亡くなった父の命日なのです。其れまでは毎月8日にお参り頂いていたのですが、ご住職のご意見でそう変えたのです。平成4年6月20日に母が逝き、以後ニ年間は20日と27日にお参り頂いていたのですが、三回忌を期に27日の一度にして頂いたのです。そんな訳で、昨日は定休日にも関わらず、一日家に居たのです。何時お参りに来られるのかが分からないのです。まあ、大抵は夕方の6時ごろなのです。ところが、昨日は1時ごろに早々と来られたのです。丁度、「飯でも食いに行くか・・?」と言っていたところだったのです。お参りは約30分。正信偈と少々の和賛で20分、お茶とお話が10分、小便をしてから帰られるのです。家は真宗大谷派、所謂お東さんなのです。門徒物知らず物要らず、木像より絵像、絵像より名号、物忌み嫌いはしない、他力本願、修行はしない、まあ厳密な意味は兎も角として、私には似合いの結構な宗教なのです。
2003/03/27  「1号」がインフルエンザなのです。昨日が彼女の誕生日、其処でお祝いメールを入れたのです。其のリターンで、週末から40度近い熱と戦っているとの事なのです。調査すると「山椒大夫」のをうつされたらしいのです。どうも先週のゴルフの「山椒大夫」、腹が痛いと体調を崩していたのが、それらしいのです。私等は、今のところ大丈夫なのです。仕事の段取りが付かない、と「山椒大夫」の泣きが入り「1号」は可哀想に昨日夕方に出社したとか・・。我々も其の根性を見習わなければならないのです。そんな訳で「茶菜会」の事務局会議は「四丁目のオーディオ屋」と二人で開催したのです。「茶菜会」も世界情勢を左右する勢いなのです・・?いや、世界情勢に左右され、4月の「第一回 バンコク大ゴルフ大会」の中止を止む無くされたのです。其処で代わりに5月29日(木)に国内大会を開催する運びとしたのです。場所は「セントレークスゴルフ倶楽部」、表彰式を「リゾートパラデュー夢」で挙行し、反省会は十二分にしよう!と勝手に決めたのです。
2003/03/26  雨は大した事もなく、2ホールほど一寸傘を差す程度だったのです。雨上がりのグリーンには無数のミミズが顔を覗かせたのです。ピンまで2メーターのライン上にもミミズがはっているのです。奈良国のミミズは直径3ミリ、長さ10センチと、極普通の大きさなのです。ミミズの上を乗り越えて行くボールを思わず想像したのですが、出来れば私の番が来るまでにライン上から速やかに移動して貰いたいものだと思ったのです。でも、其の動きは遅々としているのです。一寸立ち止まって鎌首を持ち上げる様な仕草までするのです。其れでも私の番が来た時には1センチほどライン上からは外れた位置に退避してくれたのです。ああ、マナーの良いミミズで良かったなあ、と胸を撫ぜ下ろしたのです。「ミミズ」は漢字では「蚯蚓」と書くのですが、馴染みは薄いのです。英語では「an earthworm」なのです。コンピュータウイルスの一種に「ワーム」と言うのが有って、パソコン内にうねうねと入り込み動き回って悪さをするのです。まあ、中には良心的な「ワーム」が居るのですが・・。昨日のスコアですか?余り言いたくは無いのですが、58/52だったのです。「3丁目のオーディオ屋」は52/60で、可愛い奴だと思ったのです。あっ!今、「下手くそ!ゴルフみたいなもん、止めてまえっ!」て声が聞こえた様な気がしたのですが・・。
2003/03/25  今、雨がちゃんと降っているのです。そやのにゴルフに行かなければならないのです。「奈良国際ゴルフ倶楽部」へ行くのです。天気予報によると、9時過ぎには雨は一旦上がるとの事です。スタートは9時半頃、まあ 最近の天気予報はかなり正確なので、期待しているのです。ただ、夕方からはまた雨が、今度は寒冷前線の影響で不安定に降るそうなのです。今、実の嫁が起きてきて珍しく朝食が食べられそうなのです。通常、ゴルフに行くときは、自分で勝手に一人で食べるのです。もし、食べられなくても良いのです。ゴルフ場には生ビールが待っているのです。でも、極稀に朝はソフトドリンクのみしか取り扱いしていませんんと言う、とんでもないゴルフ場も有るのです。それじゃ・・。
2003/03/24  NHKの「宮本武蔵」を見ているのです。午後8時からなのです。店が終わるのが8時、締めをしていると8時20分になるのです。其処で、酒を飲みながら途中から見させて頂くのです。なに、もう少し後にBSで再放送をするので、心配要らないのです。吉岡伝七郎との決戦が三十三間堂で有るのです。一番の見せ場が終わるのが8時20分なのです。食事の後、お風呂を頂いたのです。実の嫁から声が掛かり、「10時半からや思てたら10時からやった・・」と言うのです。出てきたのは10時20分、同じ場面からまた見る事になったのです。最後の再放送が土曜日に有るのです。時間をキッチリ調べ、食事休憩をずらし、きっと見てやろうと、固く心に誓う、昨夜の私で有りました。書き終わってから思ったのですが、ビデオと言う文明の機器が有ったのです。まあ、其処までする事も無いか?いや、其のほうが・・。平和な日本の夜明けで有ります。
2003/03/23  お通夜だったのです。同業者のお母様が亡くなられたと言う事で、事務局から電話が有り「組織委員長」やから、と言う事で「運営委員長」、事務局長、事務局員の四人で出掛けたのです。場所は新三田の光円寺。この寺は結構有名でこの7月13日には、光円寺寄席「桂小米朝他」(14時〜、\1,000、三田市西野上、0795-67-0165)が開催されるとの事です。余談は兎も角として、4時半に事務局に集合し、地下鉄で梅田、JRの快速急行を乗り継ぎ、新三田へと向かったのです。一寸時間が有ったので、ファミレスでティータイムとしたのです。コーヒーゼリーカフェオレと言う、今まで飲んだ事の無いものを四人で頂いたのです。まあ、別に大した物では無いのですが・・。日本橋からは「赤の電気屋」を初め10名ほどが参られていたのです。南無阿弥陀仏。帰りに件のファミレスでビールを飲み帰途に付いたのです。丁度10時に心斎橋で一人降り(誘ったのですが誰も降りなかったのです)、「のら」へ行くつもりだったのです。一寸歩いた所で、思い出したのです、「のら」が三連休だった事を・・。其のまま、そぞろ歩きで家にたどり着いたのは10時半、品行方正な昨夜の私だったのです。
2003/03/22  昨夜、上汐に在る「喜楽亭」で焼肉を食ったのです。此処の肉は柔らかく、箸で切れるほどなのです。しかも、美味しいのです。誰と食ったかは内緒なのですが、此処の主人の話なのです。彼は35歳で独立し、今の店を開いたのです。夕方から午前5時まで営業したのです。しかも、365日休み無しなのです。兎も角、何時行っても開いている店をお客様にアピールしようとしたのです。1000日余り其れを続けたのです。親が死んだ時も店を一度は開けたと言うのですから、生半可な決心やなかったのです。階段の途中で寝てしまった事も有るのです。美味しくて安い、何時行っても開いてる。人が人を呼び、其れが評判になり、基礎を築くのに3年を要したのです。昨夜も、営業時間はラストオーダー午後10時半、にも関わらず8時半には肉は売り切れとなったのです。其の日仕込んだ材料は其の日に使い切る、此れもこの店の方針なのです。お陰で、大好きな塩タンを食いはぐれ、二度目に頼んだハラミは上ロースに変身していたのです。そんな彼は、東京の不味くて高い焼肉がどうしても我慢できないと、今 東京に店を開く事を計画しているのです。彼は私の中学の同級生なのです。
2003/03/21  昨日は朝6時に起き、7時に家を出たのです。ゴルフに行ったのでは有りません。良く、ゴルフばっかり行ってる、とか言う輩が居るのですが、誤解なのです。そんなには行ってないのです。実の嫁と二人で弟の入院している病院へ出掛けたのです。弟は薬害で去年の9月よりパーキンソン氏症候群を発病し両足の機能障害となり、10月から入院していたのです。難病なのですが日本の医療制度は不可思議で、治療の必要が有るのに、長期には入院出来ないのです。2ヶ月を過ぎると保険制度下の病院の収入が減るのです。3ヶ月過ぎるともっと減り、6ヶ月で限りなくゼロに近づくと言うのです。其処で、病院は儲からない患者の追い出しに掛かるのです。其れで、色々転院先を探していたのですが、何処も何ヶ月待ちとか、何時になるかは分からないとか、色よい返事は無かったのです。まあ、伝手を頼めば何とでも成るのですが、個人的な事で頼むのは嫌なのです。現在入院している病院が色々探してくれてやっと転院先が決まったのです。転院先が午前中に入院して欲しいと言うので早朝からの出動となったのです。飲まず食わずで家に帰って来たのは午後2時半頃だったのです。
2003/03/20  今年の啓蟄は3月5日、それから半月が過ぎ、虫は何処まで行ったやら・・。出る虫は撃たれる、と言うか、フセインさんはどうなるやら。ブッシュさんの虫の居所が悪かったのか、アメリカさんに今では目の敵にされてまんねん。大統領が他の人やったら此処までせえへんやろけど。まあ、悪い事、一杯してはるんで、しょうがない、そう思いまっけど・・。ほて、今日の10時15分で猶予期間とかが切れちゃう。そやけど、おもろいもんでんな。何がて、40ドル近くまで行った石油が、いざ戦争が始りそうや、言うたら下がりまんねんから。ドンパチ始って、一週間位で目処付いたら宜しいでっけど、長引いて、ゲリラ戦、テロ戦に持ち込まれたらアメリカさんの負けでっしゃろなあ。ほて、イラクの人はメッチャ可哀想思いまんねんけど、わてらもチョッとだけ可哀想でんねん。来月、「茶菜会」でバンコク行く事になってて、もう飛行機もホテルも予約してましたんやけど、キャンセルですわ。メンバーに気の弱い奴等が居てまして、怯えたんですわ。まあ、私かって多少はそうでっさかいに、人の事言えまへんねんけど・・。
2003/03/19  「大和高原カントリークラブ」の結果は惨めなものでした。47/51でスタートがダブルスコアの8、最終ショートでOBを出し7を叩いてしまったのです。「お前のスコアは平均105やないか、98やったら上等やんけ!」との声が聞こえて来そうなんですけど、「大和高原」では98は駄目なんです。一緒に行った連中も87とか94で回っているし、前に行った時は85とか90だったのです。未だ、あの「ドライバーティーピン病症候群」が治らないのです。加えて「アイアンシャンク病」も復活したのです。それはそうと「山椒大夫」は雨男なのです。私が足かけ二年掛かって打ち立てた「27回連続晴れ」の記録が27回で終わったのは彼の為なのです。今年の1月23日の「新木会」に彼が居たのです。聞くところによると、あらゆる所で雨男と呼ばれているらしいのです。昨日もやばかったのです。行きしなに小雨がぱらついたのですが、事無きを得たのです。何故かと言えば、彼が腹痛で弱っていたからなのです。プレー中もず〜と「踏ん張ったら出るよってに、踏ん張られへんねん」と言っていたのでした。まあ、帰りにはチョッとは元気になったのですが・・。
2003/03/18  昨日は、でんでんタウン協栄会の平成15年総会が南海サウスタワーで有ったのです。午前10時半から新総務委員会の打ち合わせ会、午後2時から三役会、2時半から理事会、4時から総会、6時から懇親会、8時から2次会、9時から3次会、だったのです。総会には大阪市の助役、市会議員、浪速区長、販売会社の代表、メーカーの代表、商店街の理事長が来られてご挨拶をなされたのです。私の方は、今までは「21プロェクト委員会」の担当だったのですが、今年から新しく出来た「組織委員会」の担当となったのです。あと「ビジョン委員会」、「まちづくり委員会」、「21プロジェクト委員会」、「総務委員会」にも名前が載っていたのです。多分、恐らく、きっと、また忙しい事になりそうなのです。「組織委員会」と言うのは、要するに正会員、賛助会員を増やし、会の仕事をしてくれそうな人を探し、全ての会員の皆様が会の運営に積極的に参加して頂けるような啓蒙活動をする、そんな委員会なのです。大変立派な委員会なのですが、委員長が立派かどうかは、また別物なのです。其れはそうと、今日は「大和高原」へ「山椒大夫」等のお供で行くのです。毎日毎日大変ですわ!
2003/03/17  国連が其の存在価値を問われる事態となっています。国連憲章には、「・・。寛容を実行し、且つ、善良な隣人として互いに平和に生活し、国際の平和及び安全を維持するためにわれらの力を合わせ、共同の利益の場合を除く外は武力を用いないことを原則・・」(抜粋)とあるのです。何故、今 ギクシャクした論議がされているのでしょうか?国連を改革しなければならないのです。先ず、常任理事国の拒否権を廃するのです。次に現在議決権が等しく一票で有るのを、基礎票、人口割り票、国土面積票、拠出金割合票の合計票を加盟各国に割り当て、全ての議決の場で其の合計で議決するのです。まあ、ええ国、悪い国で票差を付けるのもええでしょうが、誰がどの基準で付けるのかは難しいんでっけど。現在国連の通常予算は約26億ドル、(其の他に平和維持予算が有ります)其の22%が米国、19.5%が日本、ドイツが9.8%を拠出しているのです。この三カ国で過半数の予算を分担しているのです。今、世間を騒がせているフランスが6.5%、英国が5.5%、中国が1.5%、ロシアが1.2%なのです。日本は金はせびり取られているのですが発言権は無いのです。こんな割の悪い話は無いのです。其処に今日の国連の混乱の根幹が在る様に思えるのは私だけでしょうか?因みに昨年9月にスイス、東ティモールを加えて現在191ヶ国が加盟しているのです。こんな話、面白ないでっか・・?
2003/03/16  昨夜は久しぶりに長男夫婦が来たのです。其処で、飯でも食いに行こう!と言って出掛けたのです。ところが、昨日は「日本橋麻雀倶楽部」の日なのです。まあ、一度顔でも出しておかなければ、と思い、寄道したのです。10名が居たのです。「俺は滅多に出られないから、オブザーバーにしといてくれ!」と言った奴が一番出席率が良い、いや皆勤なのです。要するにず〜と出馬しているのです。其れが「工具屋のおっさん」なのです。後、「泉佐野のおばはん」、「其の連れ」、「京都に嫁の居る電気屋」、「三丁目の照明屋」、「太郎」、「四丁目のオーディオ屋」、「嫁の実家が酒屋のおっさん」、「四丁目の照明屋」、「あいちゃん」以上が昨夜のメンバーだったのです。私が挨拶をして帰りかけたところへ、「素手で杵を折ったおっさん」が、これまた表敬訪問に来たのです。彼等夫婦も子供とお食事会なのです。まあ、幾つになっても子供は子供、可愛いものなのです。先日行った「下関ふぐ」で食事の後、カラオケに行ったのです。長男を交えてカラオケに行ったのは初めてなのです。勿論、長男の嫁に私の美声を只で聞かせるのも始めてだったのです。と、言うわけで、ご帰宅は久しぶりの午前様となったので有ります。
2003/03/15  昨日も忙しい一日だったのです。一昨夜から病気の総合商社で有ります母が泊まりに来ていたのです。昨日、日赤で診察を受ける為、足場の良い我が家に来られたのです。休み明けはメールの処理が大変なのです。朝、6時過ぎには起き、こなしたのです。実の嫁は8時過ぎには母を連れ、病院へ行ったのです。10時前に、確定申告を税務署に提出したのです。好い加減な性格で、税理士とのやり取りが遅れに遅れて、例年この慌しい時期に提出しているのです。帰ってきて直ぐ喪服に着替え、表の掃除をし、店長が来たところで11時からの葬儀に出掛けたのです。場所は帝塚山の西念寺。友人の父上がご逝去なされたのです。冬は白浜、夏は蒜山の別荘で執筆活動をされていたのです。此処2週間ほど急に食事を受け付けなくなり、眠るように逝かれたのです。享年92歳、心よりご冥福をお祈りするものです。1時ごろ帰ってきて、雑用をこなし、食事に出たのです。電話が有り、2時から「ビジョン策定委員会」との事で、コーヒーもそこそこに出席したのです。「日本橋まちづくり株式会社」の事業目的等々について、司法書士も交えて詰めをし、4月10日から20日頃を目処に立ち上げる事、31日に次回委員会を持つ事を決め、散会したのが午後4時半。帰れば雑用、そして6時半には迎えが来たのです。実は昨夜、「すすめ上手のおっさん」の送別会が有ったのです。彼は某電機メーカー販売会社に40年近く勤め、日本橋担当20年以上になるのです。「日窓会」、「若葉会」合同、18名でのお別れの会だったのです。帰りに「のら」にチョッと寄り、ご帰宅は11時半だったと記憶しているのです。
2003/03/14  ほて、まあ 素人ばかりのところで優勝してもチットモ嬉しく無いのですが、「某メーカーゴルフコンペ」で優勝したのです。嬉しくなくても優勝は優勝、嬉しいふりをしなければならない、この辛さ。48/48、HDCP 21.6、NET 74.4 だったのです。まあ、ノータッチで難しかったとは言え、こんなスコアで優勝とは夢にも思わなかったのです。準優勝の「五階の電気屋のおっさん」がNET 76.6 だったので、2.2ストロークの大差をつけての優勝だったのです。私さえも買って無かった「馬」は全員外れの番狂わせ。結局、ジャイケンで其れの取り合いをしたのですが、こちらの方が盛り上がったのは言うまでも無いのです。そして「隣のおっさん」が見事ゲットしたのです。優勝スピーチをせよ!と言われ、人前で喋るのが嫌いな私なのですが、嫌々「本日は私の為に各も盛大な優勝披露パーティーを開催して頂、大変有り難く、深く感謝申し上げる次第で有ります」そして「まあ 素人ばかりのところで優勝しても・・」と続けたので有ります。
2003/03/13  研修会の時間が一番眠たい時間帯に当たったのです、私の場合は・・。其処で、熟睡とまでは行かないのですが、半熟でしょうか、でも所々要点のお話はチャンと聞いていたのです。大体は分かった気がしたのです。先ず、今年の12月より東名阪で放送が開始されるのです。現在の特徴は現在のBSデジタル放送の利点で有ります、ゴーストの無い綺麗な映像、ハイビジョン放送が可能、に加えて、移動体での受信・ポータブル受信が可能、地域データやマルティメディア放送が可能、と素晴らしいものなのです。予定では2011年7月を持って、現在のアナログ放送は終了するのです。放送内容としては、アナログ放送と同内容を2/3以上放送、ハイビジョン放送を50%以上放送等なのです。寝ながらでもこの程度の記憶が有るのです。詳しくは、http://www.ktab.go.jp/そして、http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/whatsnew/digital-broad/index.htmlやhttp://www.tokyo-dtv.org/をご参照下さい。
2003/03/12  今日、お昼から滋賀県大津市へ行くのです。遊びじゃ無くお勉強なのです。大津プリンスホテルで「地上波デジタル放送の動向」と言うお題目で研修会が有るのです。NHKのチーフエンジニアが講師なのです。私の一番好きなのが仕事、次が勉強なのです。二番目に好きな事が出来るので心は喜びに躍っているのです。明日が木曜日でお休みなので、大津に泊まって「瀬田ゴルフコース 北コース」で私の二番目に嫌いなゴルフをするのです。一番嫌いな事ですか?まあ、いいじゃないですか。そんな訳で明日の雑記帳はお休みを頂くのです。決して、メールで催促などしないようにして欲しいのです。
2003/03/11  こないだ、テレビの料理食べ歩き番組のレポーターがインタービューを受けていたのです。「料理を食べた後、「うん、これは実に美味い!素晴らしい!この味はすごい!本当に・・」とか、良く言ってらっしゃいますけど、大変不味い物を食べられた時は、どう言われるのですか?」まあ、意地悪な質問と言えばそうなんですけど、こちらとしても聞きたいところなのです。件(くだん)のレポーター氏は「そうですねえ、そんな時は「うん!この味は、好きな人にはたまらんでしょうなあ・・」と言う事にしてまんねん」うまい事言うもので、言葉の魔術と言うんでしょうか。我々もこの言葉の使い方を見習うようにしなければと思うのです。相手を傷つけず、逆に良い気分にさせる言葉を覚えておくといいものなのです。単に差別用語の言い換えで無く・・。例えばこんなのは駄目なのです。「ブス」を「顔の不自由な人」とか「デブ」を「軽さの不自由な人」とか言っては駄目なのです。そう言う話題に近づかない、触れないのが良いのでしょうが、件のレポーターなら、どう表現するのでしょうかねえ・・。
2003/03/10  家庭内問題を書くのか、イラク情勢を書くのか?迷ったのですが、偶には・・。私は平和主義者なのです。勿論、徴兵制度には反対なのです。でも、世界には犯罪者国家が有り、其の脅威が現実に存在するのです。湾岸戦争時にイラクがクエートを侵略した事実を思い出すのです。其処で、他国に侵略されない為に現在日本が選択しているのが日米安全保障条約なのです。武装放棄の即時・完全履行、其の査察に対する無条件完全協力を求めた先の国連決議にイラクが違反しているのは明白な事実なのです。現在、一部のミサイルを解体している様ですが、あの国連決議以降も大量破壊兵器の製造が進められている事も、イラクの態度からして容易に推察出来るのです。勿論、解体しているよりも早いスピードで武器を製造しているのです。解体したミサイルも、また組み立てるつもりなのでしょう。日本の近辺には直接的な脅威として北朝鮮というテロ国家が現実に存在するのです。この脅威から日米軍事条約により日本は守られているのです。もし、日本が米国のイラク攻撃に反対するつもりなら、この条約の破棄を前提にするべきなのです。そして、核武装をもする必要が有ると思うのです。犯罪国家が存在する以上、自分の身は自分で守らなければならないのです。米国の主張に反対している人々に、果たして其の覚悟が有るのでしょうか?仏露が自国の利益の為にする主張に加担する必要は無いのです。日本は世界の利益、日本の利益に適った行動をとるべきなのです。
2003/03/09  実の嫁と会話していて、話に詰まったら子供の話にするのです。此れが一番無難なんですわ。まあ、イラク情勢とか株価が年初来安値を一時更新したとか、日本橋の電気屋が暗いからもっと明かりを増やしたらええとか、の話をするよりは会話が弾むのです。「信治、どないしてるやろなあ・・?」この一言でええのです。信治は次男で、栃木へ単身赴任してるんです。いや、未だ独身でっさかいに、まあ 親元を離れて一人でアパートに住んでる、言うのが正しいのですが・・。引越しの時は、やれ洗濯機や、冷蔵庫や、電子レンジや言うて、大層にこっちから送ったんですわ。其の後、嫁が行ってあれこれ世話を焼いたんです。嫁は次男の所へ行きたいんですけど、普通に行ったら嫌がられるので、よっぽどの事が無かったら行かれまへんねん。去年、ワールドカップの決勝戦の切符を持ってわざわざ行ったんです。サッカー好きの次男にしては、此れでは断り切れないのです。まあ、普通 郵送しますけどネ。ほて、また話題に困ったら「友治はどないしてるやろなあ・・?」 友治ですか?長男なんです。
2003/03/08  去年の暮れのNHKの番組で、年の瀬の餅つき風景を放送していたんですわ。ほたら、アナウンサーがインタビューしてはりましてん。「えーと、何で鉄板の上で餅突いてはりまんねん?」聞かれた男は言ったのです。「インディアン臼(うそ)突かない。」まあ、これも持ちネタでんねんけど、場によっては上手く持って行かな白けまんねん。それはそうと、私が花粉症だというのは前に聞いて貰ったと思いまっけど、始ってもう6,7年になる中堅でんねん。初め、運転してて、いえ車でっせ、他のもんちゃいまんねん、目がしょぼついて涙が出て来まんねん。目が潤んで前が良く見えなくなりますねん。ハンカチは必需品でした。ほてから、今度は水鼻でんねん。これが止め処も無く溢れ出まんねん。次が鼻詰まり。これはほんまに詰まらんでっせ。辛いもんですわ。そして今年はついに声が出なくなったんですわ。ほて、咳が出まんねん。今は、軽い目のしょぼつき、軽い水鼻、咳 まあ、咳が一番難儀ですわ。なんで、言うたら何か喋ろ思たら出まんねんがな。何か食お思たら出まんねんがな。難儀でっせ。
2003/03/07  心配された雨の影響も、日頃から品行方正な私に免じ、天が微笑みかけたような絶好のコンディション、寒さも和らいだゴルフ日和で有りました。でも、スコアは別物だったのです。56/52、HDCP19、27位が成績なのです。9組、35名中で、まあお尻の方にしがみ付いた様な順位で有ります。何が悪かったかと言えば、相変わらずティーショットとフェアーウエイウッドの尽(ことごと)くがチーピンなのです。朝の最終ホールなんど、ティーショットOB、特設からまたOB、とうとうとう(10)を叩いてしまたのです。しかし、午後からの最終ロングではパーを拾えたので、まあ 来週に望みを爪の垢ほど繋いだのです。優勝したのは「工具屋のおっさん」で43/45、HDCP13、準優勝は「アイワのおっさん」で、54/50、HDCP24、同ネットだったのですが年齢上位ということなのです。まあ、一見何れ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)なのですが・・。3位には「山椒大夫」が入ったのです。彼は目下上昇気流に乗った感じなのです。ブービーは「オーディオ屋の髭の店長」でブービーメーカーは「1号」だったのです。彼女はHDCP45を貰っているのですが其れをものともしない、75/78 と貫禄のブッ契りを演出したので有りました。
2003/03/06  昨夜は久しぶりに実の嫁を連れて河豚を食いに行ったのです。何時も行く「高級ふぐ料理店 勇吉」と違って「超高級ふぐ料理店 下関ふぐ」なのです。「勇吉」が「湯引き、てっちり、てっさ、から揚げ」で3,500円なのに対して「湯引き、てっちり、てっさ、雑炊」で3,700円なのです。贅沢と言われればそうなんですが、量が多いのです。雑炊をチョッと食べ残してしまったのです。此処は生ビールが無いのです。中瓶一本と鰭酒一杯を食して帰路についたのです、死ぬまでに一度、ローンを組んで1万5千円と噂される「太政」に行こうか・・、などと考えながら・・。明日は「第170回 新木会」で「泉が丘カントリークラブ」なのです。朝は早い、いやまあそんなに早く無いのですが「のら」にも寄らず帰ったのです。ところが、千日前に差し掛かったところで電話が有ったのです。「すーちゃん」からだったのです。彼は「某オーディオメーカーのおっさん」で、何でも今「のら」に居ったとか、満員になって友人と二人追い出されたけれど、「四丁目のオーディオ屋」と「山椒大夫」が待ってたで、と言うのです。仕方が無いので、嫌々予定を変更して「のら」へ顔を出したのです。其処には彼等の他「京都に嫁の居る電気屋」、「4丁目の照明屋」、「さぶろうさん」、「くっさん」、「たーちゃん」、「子供を食い物にするおっさん」・・・。焼酎の水割りを一杯だけ飲んで帰ったのです。まあ、お付き合いとは辛いものなのです。それじゃ、行って来まっす!
2003/03/05  先日の法事なんですが従兄の家は高野山の麓の村。最寄り駅は南海高野線の紀伊清水。其処から国城山(くにぎさん)の中腹まで登るのですが徒歩15分位でしょうか。「西畑」はほとんどの家が真言宗なのです。真言は「南無大師遍照金剛」、因みに我が真宗では「南無阿弥陀仏」なのです。日蓮宗では「南無妙法連華経」。叔父の墓には建立者の従兄の名前が刻まれているのです。何故か字には朱が入れられているのです。この世の者の名には朱を入れるしきたりが有るそうなのです。例えば、夫が先に逝かれ墓を建てる時、妻も其処に名を刻む時、朱を入れるのです。亡くなられると其れを黒に変えるのです。まあ、ほっといてもええのです。自然に朱は取れ黒くなって行くのですから。何れ逝くと言う意味なのでしょうか。
2003/03/04  実の嫁が帰って来たのです。屋久島は大雨だったそうで、屋久杉見物ツアーに出かけたのですが、道が川になり、大変だったそうです。予定を繰り上げて帰ろうとしたところ、貸切バスが約束の時間でないと来られないとか言い、何故かと問えば、その間他の仕事をしてるとか。結局、昼食を東屋で立ったまま食べたとか。其れでも「弥生杉」は見たらしいのです。まあ、苦労した観光は何時までも鮮明に思い出に残るのでええ事や、と言ってやったのですが、余計な事でしたでしょうか・・。其れはそうと、久しぶりに「のら」へ行くと「山椒大夫」と「一号」其れに「四丁目のオーディオ屋」が居たのです。ふと見ると「くっさん」も・・。まあ、「ふと見ると・・」と言うほど広くも無いのですが・・。其処へ「工具屋のおっさん」、「素手で杵を折ったおっさん」、「其の嫁」、「朝顔のおっさん」、「京都に嫁の居る電気屋」が入って来たのです。「のら」は限りなく騒音に満ち満たされてしまったのです。実はカウンターの内も外も全て「20会」のメンバーとなってしまったのでした。目出度し目出度し。何が目出度いのか知らんけど・・。
2003/03/03  そんな訳で昨日は朝5時過ぎには起きたのです。予定では手作りの辛し明太子茶漬けを食べる予定だったのです。しかし、仕事を済ませ、洗濯を干したところで時間切れとなったのです。難波発8時の電車に間に合わすには家を7時53分には出なければならないのです。7時52分に出発したのです。予定は全て分単位なのです。駅の自動販売機でコカ・コーラを買い、此れを朝食としたのです。8時57分に到着した橋本駅には従兄が迎えに来ていたのです。8時11分に今回の施主で有りますもう一人の従兄の家に到着したのです。三々五々所縁(ゆかり)の人達が集うのですが、席は後ろの方から、端の方から埋まっていくのです。段々と前へ追いやられたのです。叔父の三回忌なのです。予定では法事が始るのは10時。10時2分に坊主が来、着替えに7分、予定より9分遅れて始まったのです。其の後墓参り。一周忌の後建てられた真新しいお墓に水を掛け、線香をくすべるのです。10人居た叔父伯母の内、ご存命なのは一人となってしまったのです。私の順番も随分上位となったものであります。南無阿弥陀仏。
2003/03/02  毎日忙しいのですが、昨日はお昼1時からと3時から、其れに7時からの3つの会合が有ったのです。そして夜は「日本橋麻雀倶楽部」だったのです。何分にも嫁が家出をしているので「炊事」、「洗濯」等の家事もこなさなければならないのです。勿論、通常業務も嫁の分までするのです。其れに、現場に近い部分のデータを整理し、尚且つ最新のデーターを分析して資料として店に提供すると言う業務が最近追加されたのです。まあ、早く言えば他店の価格情報をネタにメーカーを強請(ゆす)る、いや色々お願いするのです。そして今日は朝八時から和歌山県橋本市まで叔父の法事に出かけなければ成らないのです。其処で5時過ぎから起きて仕事をし、今 一段落着いたところなのです。まあ、今が人生で一番幸せな瞬間なのかも知れないのです。いや、幸せとは積極的に幸せと信ずる事が幸せなのです。小人閑居して不善を為す、とはよく言ったもので、忙しいのが一番、また其の合間を縫って遊ぶのが一番なのです。それじゃ、行って来ます。
2003/03/01  昨日の朝から実の嫁が居ないのです。離縁したのでは無いので実家に帰った訳では無いのです。勿論、実家には年間100回以上は帰るのですが・・。まあ、近鉄 小阪で近いのと、母が病気がちなのと、亭主に深い深い理解が有るからなのです。嫁の出て行った先は今流行の「屋久島」なのです。三泊四日で母と姉と友達の四人で出かけたのです。そんな訳で、昨日の朝飯は残り物の味噌汁と白菜のお漬物、味付け海苔という献立だったのです。嫁の出て行った時刻は午前7時半。私が食事をしたのは午前8時半。勿論、嫁を丁重にお見送りしたのは言う迄も無いのです。お昼は嫁が予め用意した「煮っころがし」だったのですが、お昼前に喫茶店でカステラをサービスしてもらったのです。其処で、チョッと遅めに昼食を、と思っていたところへ会合が二本入り、仕事も有って、結局 昼食を摂るのを忘れてしまったのです。夕方になって、「あれっ?昼飯 食ったっけ?」と思ったのです。仕事が忙しい時、こんな事が年にニ三回有るのです。