雑記帳携帯雑記帳
1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年
1月 2月 3月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 出場団体の寸評

作者のプロフィール

登場人物の紹介

 
2003/04/30  「のら」の連中のゴルフの結果なんですが・・。ダブルペリアで争ったのです。勿論、私は仕事で行かなかったのです。優勝したのは「のら」。48/54、HDCP30 先日馬で145,000円をゲットしたし、メッチャご機嫌さんなのです。準優勝は「みきぱぱ」。56/52、HDCP34.8、3位が「かつおさん」45/42、HDCP10.8 だったのです。この上位連中はチットも面白く無いのです。まあ、優勝と3位に賞金が付いて2位は何も無しやった事ぐらいなのです。「太郎」は61/61と安定したスコアでHDCP39.6、8位。バンカーを克服しなければ安定したゴルフは望めないのです。今頃、悔し涙に暮れて居るのでしょう。でも彼女はこの5日間で4回もゴルフで苦しみに行かなければならないのです。「べべのようこ」が最近良くなっているのです。62/58、HDCP37.2、10位 と、まともなゴルフになってきて、そろそろ「べべ」の冠を取らなければならないのです。「子供を食い物にするおっさん」が面白い。72/46、HDCP31.2、12位。最多叩き賞の1ホール14が光っているのです。勿論、大波賞なのです。「大波とる前に人並みになれっ!」と、誰かが言ったような気がしたのですが・・。彼が26打も改善したのに、12打も改悪した奴が居るのです。「泉佐野のおばはん」は57/62、HDCP37.2、13位。「くっさん」が70/62、HDCP40、14位。言うときますけど、全部で16人ですねん。ブービーが「てっちゃん」で、76/60、HDCP36。朝、2ホールで25も叩いてまんねん。そして最後に登場するのが其の名前に恥じない「新べべのたえこ」なのです。74/77、HDCP40 堂々のべべで有りました。何でこんなに詳しく知ってるかって?ダブルペリア集計票を手に入れたからなのです。
2003/04/29  「のら」には「嫁の実家が酒屋のおっさん」と彼の連れが居たのです。ウダウダと丁度午前零時まで居たのです。「もう、電車無いんちゃう?」と言ったら「タクシーで北浜まで行ったら京阪は有るねん」と生意気にも口答えするのです。京阪は24時間有るけど、電車は動いてないんちゃう?とも思ったのですが、15分ほどして電話が有り、無事電車に乗れたとか・・。昨夜の「のら」はご機嫌さんだったのです。何でも、競馬で当てたとか。今日、彼女等は「オークモント」へゴルフに行くのにも関わらず長々とつき合わされ、結局席を立ったのは零時40分だったのです。その間「工具屋のおっさん」は「ハム屋のおっさん」と「ぶんぶん」に居たのです。彼等は「のら」から其のスナックへ下手な歌を歌いに行ったのです。「泉佐野のおばはん」も居ったのです。やっぱり「のら」は毎日繁盛、「のら」はこの連休暦通りに営業するのです。
2003/04/28  昨日は酒を飲まない日曜日。まあ、其の分前の日に飲んでるのですが・・。店が終わるのが8時10分、30分ほど仕事の続きをして食事となるのです。鰻の蒲焼とおでんの残り、ホウレン草のお浸しに薩摩芋の甘煮、それに大根のお味噌汁、そして白い御飯。僅か15分でご馳走様なのです。終わると9時半まで仕事、お風呂に入って出てきたところでBSで「宮本武蔵」を見るのです。何時もの就寝時間が午前零時時半から1時、まだ其れまでには随分と間が有るのです。パソコンに向かって住所録の手入れとかそこいらの片付けものをしてようやく午前零時。片付けの途中でメモリースティックの16Mと4Mが2枚出てきたのです。今はもう256M・512M・1Gの時代、4Mだと320万画素の写真が3枚入るかどうかなのです。パソコンに入っているハードディスクは40Gと80G、時代の変化は著しいのです。立ち止まっていると忽ち原始時代に逆戻りなのです。テレビで「睡眠時間が4時間でも大丈夫」という番組をやっていたのです。私の場合は平均6時間。一昨夜、実の嫁が寝たのが10時半、昨朝起きたのが7時半、まあいつもは12時半の7時半なのですが・・。其れでも嫁に言わせれば「5時には起きてたもん!おトイレに・・」となるのです。
2003/04/27  朝早くから急に総務委員会絡みの会合が有ったのです。そして、其れを半ばで抜けて次の会場のニューオータニへと向かったのです。大国町から地下鉄に乗り、心斎橋で鶴見緑地線に乗り換えたのです。この地下鉄は深さ50mの所を走っているのです。御堂筋線からでも長い階段を降り、長いエスカレーターを乗り継いでやっとホームにたどり着くのです。この大深度でも携帯が通じるのです。勿論、駅構内に限られるのですが、其れでもメールが打てるのです。約束より20分ほど遅れたのですが無事連絡が取れたのです。18階に有る鉄板焼レストラン「けやき」での食事会は先日の「出版記念祝賀会」の主人公「さぶろうさん」が当日の主催者「のら」親子、写真係の「白塗り」、其れに司会の私を慰労する為招待してくれたのです。大阪城が目の前に広がる展望の良さが此処の売りなのです。葉桜の緑が目に優しいのです。「あの桜は本物とちゃうねん。さくらや」とか言いながらオードブルの牛刺しに始り、車海老と鯛、もやし(頭の部分を丁重に切り落として有るのです)にエリンギ、メインのサーロイン、焼き飯、果物とシャーベットと続く食事を楽しんだのです。私は仕事が有るのでアルコールは控えたのですが彼女等は何時も通りに飲みまくるのです。夜景が素晴らしいと言うので、実の嫁を連れて行こうと思ったのは本当の事です。まあ、未だ思うだけなのですが・・。
2003/04/26  昨日、東京の「六本木ヒルズ」がグランドオープンしたのです。市街地再開発事業としては過去最大規模のものです。地上54階、238mの「六本木ヒルズ森タワー」を初め、各種施設が整備されているのです。秋葉原再開発も着々と進んでいるのです。東京一極集中が更に加速されているのです。現在の不況下に於いても、関西の状態は更に全国平均に比べ著しく悪いのです。関西の家電メーカー大手にしても、松下、シャープ等が本社機能の過半を東京に移転してしまったのです。この状態は日本の危機管理上由々しき事態なのです。先の不幸な阪神大震災に例を見るまでも無く、もし一極集中した東京で大規模災害が起きた場合の日本の混乱は空前のものとなるのです。行政、各種システム、産業、文化に於いても其のバックアップ体制の整備は緊急の課題と思われるのです。大阪に東京に匹敵する各種投資をする義務が日本政府には有るのです。其れが日本における危機管理システムとしては最良の選択なのです。また、大阪の北と南にも同じ事が言えるのです。大阪南の発展こそが大阪の危機管理上重要な役割が有るのです。其の中核的な役割が日本橋電気街、でんでんタウンに求められているのです。其の一翼を担えればという「日本橋まちづくり振興株式会社」もいよいよ来月半ばには立ち上がる運びとなったのです。三段論法で有ろうと何で有ろうとも、日本橋の地位向上が日本国の更なる発展の為には必要不可欠のものなので有ります。
2003/04/25  少年老い易く学成り難し、とは良く言ったもので木っ端微塵で有りました。52/51、HDCP 22、第9位、これが昨日の成績で有ります。あれだけ意気込んで、馬も全て自分から買ったのに・・。意気込みが空回りしたのです。其れも、朝昼共上がりの2ホールで連続OBを出してしまって、朝はトリプル、トリプル、昼はトリプル、テトラ、と最悪だったのです。昼は7ホールを終えた時点で7オーバーだったのです。其れが、終わって見ると14オーバー。まあ、精神的弱さを露呈した、と言う事なのです。優勝したのは「素手で杵を折ったおっさんの兄」、しかも彼は馬を独り占め、35,000円をゲットしたのです。準優勝は「しょうちゃん」だったのです。因みにブービーは「桐箪笥屋」、べべは「5階の電気屋の嫁」だったのです。「桐箪笥屋」は此れで連続ブービーとなり、次回は3連続ブービーにチャレンジするのです。「工具屋のおっさん」も落ち目で、49/48、HGCP 12、第13位に終わったのです。でも、表彰式から以後の各種行事では彼が最大パワーを発揮した事を付け加えたいと存じます。
2003/04/24  今日は「第52回 日小会」で「奈良白鳳カントリー倶楽部」へ行くのです。前回、12月のこの会で優勝しているのです。ディフェンディングチャンピオンなのです。一組の一番にティーショットをするのです。51回の歴史で連続優勝した者は過去「桐箪笥屋」一人しか居て無いのです。今回、此れにチャレンジするのです。争うのは5組19名。予想では4アンダーで優勝なのです。私のハンデは22。90で回れば優勝なのです。今回、此処までの文章で「優勝」の文字は既に5回出ているのです。私の意気込みが解って頂けると思うのです。でも、ハンデ45なんていう猛者も含めて強敵は沢山居るのです。それでは勝って参ります。あっ!嬉しい事に今日はアッシー君付きなのです。
2003/04/23  昨日も店は暇だったのですが、その他は忙しかったのです。総務委員会の仕事で帰って来たのは午後1時。仕事を済ますと1時40分。2時からはビジョン委員会が有るので近所でラーメンでもかき込んで、と思ったのですが生憎休み。カツ丼を10分でかき込んで委員会に臨んだのです。日本橋をどう活性化するのかで侃々諤々、気が付くと5時。実の嫁に頼まれアクエリアスと苺を買いに行ったのです。彼女は友人の母が逝かれて三日、仮通夜、通夜、葬儀と大忙しだったので其の疲れでダウン。まあ、医者に「大した事は無い、単なる疲れや」と言われたのです。道頓堀の友達から電話が有り、「筍御飯を炊くから持って行く」と言うのです。わざわざ持って来て貰うのは悪いから貰いに行く事にしたのです。家を出たのは9時前、行くと酒と食事の用意がしてあり、喜んでおよばれしたのです。目的の筍、筍御飯を持って帰ると、嫁に「遅い!」と怒られたのです。そして久しぶりに「のら」へ行ったのです。居ったのは「工具屋のおっさん」、「たーちゃん」、「京都に嫁の居る電気屋」、「ゆうじろう」、「ビクターのおっさん」等だったのです。帰りに、嫌だと言うのに「工具屋のおっさん」に「信州」に連れ込まれたのです。此処は蕎麦屋、ざる一枚を食って家にたどり着いたのはシンデレラが帰った後だったのです。
2003/04/22  「カーステレオ屋」から電話が有って「3丁目のオーディオ屋」を誘って日本橋4丁目の交差点へと向かったのです。土曜日の理事会でキャッチセールスに対するクレームが有った、との報告が有り、直ちに担当者を決め、実態の調査と警察への連絡がされたのです。「カーステレオ屋」は「21プロジェクト委員会」の委員長なのです。其処で彼は実態を把握すると共に別ルートでのアプローチを図ったのです。クレームの内容は「最近、でんでんタウン内で執拗に付きまとうビラ配りが居て迷惑をしている。表通りでは無く、裏通りに在る画廊らしい。何とかして欲しい」というものです。三人で暫く其のビラ配りの様子を見ていたのですが、結構ひつこいのです。まとわり付くように迫っているのです。其処で男女一名づつのビラ配りに声を掛けたのです。「ビラ配りの責任者は誰ですか?道路使用許可はお持ちですか?」暫くして責任者と言う人物が現れ、その画廊へと同行したのです。道路使用許可証を見せて貰ったのです。其処には明確に「キャッチセールスをしてはならない」、「つきまとってはならない」、「迷惑を掛けてはならない」等の言葉が並んでいて、彼等は明確にこれらに違反している事を認めたのです。今後は違反はしない、全員に徹底するの言葉を得て、「もし違反が繰り返されるようだと警察に取り締まりをお願いする」と言い残して外へ出たのです。勿論、今後も継続して監視していくのは言うまでも無い事なのです。
2003/04/21  昭和49年5月25日(土)、この日にちを覚えておかなければ怒られるのです。今の実の嫁との結婚記念日なのです。もう、倒産してしまった赤字垂れ流しの第三セクター経営の内本町に在った「大阪国際ホテル」で、お寺の住職夫妻の媒酌で挙式したのでした。お色直しは一回、但し私はず〜っとモーニングのままだったのです。そして当時としては珍しいビデオ撮り、これも「Uマチック」と言う歴史の産物で撮られたのです。まあ、一時はこの「Uマチック」がプロ用として持て囃された時期も在ったのです。「Uマチック」では安易に見られない、というので変換されたビデオが「ベーター」、これももう無くなってしまった規格なのです。媒酌人が「おしとやかなお嬢様で・・」と褒め言葉を言うところを「おとしやかなお嬢様で・・」と言われたのを今も覚えているのです。一昨日の結婚式でのお色直しは二回、しかも新郎も新婦に合わせて二回お色直しをしたのです。ビデオ撮りは「DV(デジタルビデオ)」、皆が持ってるカメラはデジタルカメラ、時代の流れを感じるのです。でも、新郎の父の挨拶は同じ。多分、彼は3ヶ月前から練習したのでしょう。長男の時、私も一週間前から練習したものでした。でも、折角企画した「私が新郎のちちです」と乳の部分を摘んで揺するというのは誠に残念ながら没にされたのでした。
2003/04/20  理事会での「組織委員長」としての初仕事は特別賛助会員、正会員、各一社の加盟承認願いを諮る事でした。併せて、「でんでんタウン加盟のメリット(案)」の提出、そして「でんでんタウン協栄会」の正会員資格の見直しを提案したのです。従来の「電気屋」の枠が時代と共に変化してきた事を踏まえての提案なのです。パソコンショップの加盟促進、ゲーム機、ゲームソフト、映像・音楽・パソコンソフト販売店を正会員資格有りと見做し加盟をお願いする。ホビー・オモチャ等販売店も個々に加盟資格を理事会で判断しては如何か、等の結論を理事会で得たのです。当然、これから加盟される各社の仕入先を賛助会員として加盟をお願いしなければならないのです。1時頃に終わってから軽い食事を「嫁の実家が酒屋のおっさん」と摂ったのです。何故軽いかと言えばこれから結婚式に出席するのです。3時からの披露宴なので、食事にありつけるのは3時半頃、それを計算しての軽い食事なのです。結婚式では新郎新婦は誰だって褒めまくられるのです。お開き前に新郎の乳、いや父の挨拶が有りましたが、「新婦の・・」と言うところを「新郎の・・」と言い、うけたのです。次の「出版記念祝賀会」の開宴は6時、つなぎを頼んであるとは言え気になって状況を刻々メールしたのです。「今、キャンドルサービスや」とか「新郎の乳の挨拶や」とか「タクシーに乗った」とかで有ります。6時50分に会場にたどり着いたのです。着くなり「さぶろうさん」の生い立ちをご披露し、皆様方のご祝辞を順次頂いたのです。「さぶろうさん」が二度目の挨拶をして目出度くお開きになったのです。「山椒大夫」が「割り増し払うから・・」と5人でタクシーに乗り、降りしなに彼が910円の料金に1000円札を運転手に渡したのです。「90円やったら、チップに一寸少ないかなあ・・」と私が思っていると「新べべのたえこ」がそのお釣りも受け取って降りてきたのです。慌しい一日で有りました。
2003/04/19  昨日も忙しかったのですが、今日も大変なんです。午前10時からでんでんタウンの理事会が有るのです。終わるのは午後1時。3時からは梅田で友達の結婚式が有るのです。「日水会」で一緒にやっていた仲間なのですが、未だ30台。この新郎のチチに20年近くの間ソフトボールを教えて貰ったのです。日本橋小学校の先輩なのです。又の名を「工具屋の鉄人28号」と呼ばれているのです。姉の同級生でもあるのです。其のチチよりゴルフの上手いのが新郎の母。来週も一緒に行きまんねんけど、私など足元にも寄り付けないほど上手いんです。まあ、スピーチも何も無いので、只座って飯食って酒飲んでれば良いので気楽は気楽なのです。6時からは谷町8丁目で「さぶろうさん」の出版記念祝賀会が有るのです。これの司会を頼まれているのです。直行するのですが時間的に間に合うかどうか。其処で「子供を食い物にしてるおっさん」にイントロ部分の司会を頼んであるのです。ちゃんと出来るかどうか、心配なのですが何れは一人立ちしなければならないので、其処は目を瞑る事としたのです。本の名は「都市再開発事業」副題が「権利交換と鑑定評価の理論と実践」なのです。まあ、我々には縁の無い本で、「酒飲みの権利と肴の評価の理論と実践」なんて本の方が彼には相応しいと思うのです。もし、ご入用の方が居られれば、4,800円(税別)なので、私のほうまでお申し込み下さい。まあ、居れへん思いまっけど・・。
2003/04/18  「TWENTY会」の結果なんですが、優勝は「子供を食い物にするおっさん」で、準優勝は何と!「べべのようこ」だったのです。こうなると彼女の名前を変えなければならない事態に発展するかも知れないのです。朝53、HDCP 50なので、8アンダーでブッ千切りのトップ、しかし午後69を叩き、其れでもパープレー。でも、1アンダーの「子供を・・」に負けてしまったのです。「69」を大切に思い、当分「べべのようこ」にしておこうと思うのです。三位には42/43でベスグロの「工具屋のおっさん」が来たのです。前回優勝の「ごろちゃん」はお決まりのブービー、べべには「素手で杵を折ったおっさん」が臆面も無く鎮座したのです。私は51/48、HDCP 19で8位だったのですが、参加27名中100を切ったのはたったの三名、其の中に一応入ったのです。「のら」は53/50、「4丁目のオーディオ屋」は52/49と地主にも関わらず冴えなかったのです。表彰式は南の「民族村」で開催されたのですが、話題はゴルフより「山椒大夫」と「新べべのたえこ」の事に集中したのです。この場で初めて聞かされた連中も居て、「目が点」になったのです。そして、8月20日にハワイで結婚式、9月11日に披露宴が開催される事が決められたのです。彼のスコアは62/50、彼女の其れは69/65だった事をご披露して今日は筆を置くのです。
2003/04/17  14歳の女の子が八尾で交通事故で亡くなられたのです。昨日、お通夜にお参りさせて頂いたのですが、親御様の顔を正視できなかったのです。同じ子を持つ親として其の気持ちは痛いほど解るのです。親は子供の為なら命など要らないのです。命より大切な子供が先に逝ってしまったのです。JR西日本・関西本線・王子発難波行きの普通電車に踏み切りで跳ねられたと言うのです。心よりご冥福をお祈りしますと共にお悔やみを申し揚げます。南無阿弥陀仏。今日は本当は「第14回 TWENTY会」が「アイ・ジー・エーカントリークラブ」で有るのです。其の話を長々と書くつもりでいたのですが、とてもそんな気持ちになれないのです。合掌。
2003/04/16  熾烈な争いが続いた「難波会」の結果なんですが、優勝したのは48/44、HDCP 0、NET92の「まんが屋」、私は49/53、HDCP 3、NET99で念願の準優勝、ブービーが53/54、HDCP 7、NET100の「難波の不動産屋」、そしてべべが56/58、HDCP 24、NET90で「難波の電気屋」だったのです。NET90の「電気屋」が優勝と思うでしょうが、「難波会」の仕組みは複雑なのです。ハンデは前回のストローク差が其のまま採用されるのです。「ラスベガス」のハンデは其の4分の3。従いましてストロークプレイの1位は「電気屋」でポイント150が与えられるのです。2位の「まんが」がポイント0。3位の私がポイント−50。最下位の「不動産」が−100だったのです。其れに加えて「ラスベガス」と「へび」が有るのです。其の合計ポイントは、私が90、漫画が80、不動産が50、電気屋は−220だったのです。其処で総合ポイントは夫々、40、80、−50、−70となり「漫画屋」が総合優勝となったのです。総合優勝すると優勝祝賀会の費用の全てを持たなければならないのです。ですから、皆が狙うのが準優勝なのです。昨日の場合決め手は、私が40ヤードからしたノンズロバーディー、これでラスベガスで70ポイントを稼いだのです。勿論、私の稼いだ40ポイントは優勝者に寄付したのは言うまでも無いのです。
2003/04/15  午後八時15分前、「四丁目のオーディオ屋」と「1号」が彼女の車で来たのです。そして、私は可哀想に拉致されたのです。7年ぶりのゴルフの打ちっぱなしに拉致されたのです。場所は桜の宮。随分と近代的になっているのです。先ず、どの打席が開いているか、ディスプレイボードに表示されているのです。選んだ所へカードを入れると自動的にボールが上がってくるのです。ティーの高さも自由自在、電動式なのです。まあ、現在では当たり前なのでしょうが、7年前はそうでは無かったのです。「新べべのたえこ」と「1号」を教えていると、不思議と自分も「うん、うん、そうか、そうか」と思わず納得してしまうのです。終わって「山椒大夫」も交えて、彼の会社の近所の料亭「白木屋」で反省会と彼女等の結婚式の打ち合わせとなったのです。何時、どの様な形式で、打ち合わせの会をするか、其れを打ち合わせたのです。聞くところに由ると、この土曜日に「山椒大夫」は彼女の実家に行ったとか。酔った上にジャージ姿。其処へ「たえちゃん」の妹も酔った上にパジャマ姿で現れたとか。親族初顔合わせはこうして厳かな内に執り行われたのです。あっ!こんな事はしてられないのです。今日はこれから「難波会」で「泉佐野」へ行くのです。ほたら、また・・。
2003/04/14  「関西クラシック」へ行った4人の結果なんですが、二人分しか聞いていないのです。「べべのようこ」が57/60、「新べべのたえこ」が75/71、結局「にぎり」は二人共に負けてしまったのです。其れはそうと、昨日はちゃんと実の嫁と二人で選挙に行ったのです。有権者として当然の義務であり、棄権して政治が良く無い、なんて言う資格は無いのです。投票所には「選挙管理人」と「選挙立会人」が二人、計三人が座っているのです。彼等の仕事は只座っているだけ。いや、誤解の無いように、その間不正が無いか、不都合は無いか、ずっと注視していなければならないのです。朝、六時半集合、七時から投票が始って終わるのが夜八時、其の後投票箱に二重に鍵をし、開票所まで同行しなければならないのです。その間、二回の弁当が出て日当が一万円ほど、しかし拘束時間は14時間、トイレも足早に済まさなくてはならないのです。其の「管理者」に「4丁目の不動産屋」、「立会人」に「難波の陳列屋」、「横町の自動車屋」が就任しているのです。何れも「日本橋小学校パソコン倶楽部」のメンバーで、内二人は「元日水会」のメンバーなのです。私等が行った時も大人しく座っていたのです。昔、私にもこの仕事をやらないか?とお誘いが有ったのですが、糞忙しい日曜日に一日中拘束されるのはたまらないと、丁重にお断りした事が有るのです。三人とも本当にご苦労様でした。
2003/04/13  「女心と秋の空」とはよく言ったもので、7月17日(木)の結婚式が中止になったのです。其の第一報が入った時、「エイプリルフール」は4月12日になっても有りなんかなあ?と思ったのです。昨日は夕方6時に日本橋中学校前に集まり、其処から難波元町小学校へ黙々と行進し、7時から最後の決起集会をするという選挙絡みの会合が有ったのです。まあ、どんな意味合いが有るのかは良く解らないのですが・・。付録が有って、8時からもう一本会合が有り、終わるとやっぱり8時35分。飲まず食わずで、お腹は背中にニアミスになっていたのです。その間、高級料亭「漁民」で「新べべのたえこ」、「山椒大夫」、「4丁目のオーディオ屋」が7月17日の結婚式中止の件に付いて7時過ぎから話し合いをしていたのです。私が其処に合流したのは8時50分。話は大げさになっていたのです。8月後半にハワイで結婚式を挙げる、そう言う事になったのです。そして、9月の前半に披露宴をすると言い出したのです。仲人と司会者にはハワイまで同行して欲しい、そう言うのです。「漁民」での会合は元々「茶菜会」の打ち合わせだったのですが、中身が変身していたのです。10時過ぎに京都で仕事をしていた「1号」、「2号」が来て、本来の5月29日の「茶菜会」の話に入ったのですが、「セントレークス」でのコンペの後「リゾートパラディウ夢」でプレ結婚式をしたらどうか?とまた話は膨れて出したのです。まあ、当分この話で酒が飲めるのは間違い無いのです。
2003/04/12  まあ、世の中にはビックリする事が有るのです・・。昨夜は午後8時から選挙関連の会合が有ったのです。終わったのは9時20分。「のら」は相変わらずの大盛況。「さぶろうさん」を初め「みきぱぱ」、「ダーリン」、「泉佐野のおばはん」、「くっさん」、「みきちゃん」、「3丁目の照明屋」、「4丁目のオーディオ屋」等々、超満員だったのです。其処へ「べべのようこ」、「新べべのたえこ」、「とうげちゃん」、「山椒大夫」等がドタドタと入って来たのです。なんと!「とうげちゃん」が八月に結婚すると言うのです。これで驚いたのですが、本当に驚いたのは其の後だったのです。驚愕、晴天の霹靂、瓢箪から駒、アッと驚く為五郎。どう表現したら良いのでしょうか・・?「のら」の3軒ほど奥に「でん」と言うおでん屋が有るのです。「べべのようこ」等が一足先に其処に出て行き、私が「のら」から呼び出されたのです。其処で聞いたのが、この衝撃の事実だったのです。「のら」に戻って私から皆に発表したのです。「新べべのたえこ」と「山椒大夫」が7月17日(木)に結婚するのです。仲人は「4丁目のオーディオ屋夫婦」、司会は私なのです。我々二人も、今の今まで知らされていず、寝耳に水だったのです。「たえちゃん」の本当に嬉しそうな顔が「山椒大夫」の照れくさそうな顔と共に、今も目に浮かぶのです。勿論、心から祝福したのは言うまでも無いのです。
2003/04/11  昨日は木曜日、定休日だったのです。でも、朝の9時から選挙のポスター貼りをしていたのです。其れまでの「顔写真入り」を「名前を大書したもの」に貼り替えたのです。イメージから実利への転換なのでしょうか。自転車にポスターを積み、予備の押しピンを持って掲示板の有る所を回るのです。ポスターの表面は合成樹脂シートで保護されているのですが、所詮は紙、雨水を吸ったポスターは剥がすのに結構手間取るのです。縁周りには両面テープが貼ってあり、結局 候補者の顔はズタズタ、両面テープの所は掲示板に残ってしまうのです。其の上から新しいポスターを貼り、押しピンで念押しをしておくのです。古いポスターをゴミ袋に入れ、選挙事務所に持って帰ると、係員が其の枚数を確認するのです。バラバラになったポスターの枚数を確認するのは結構難しいと思うのですが、数える方も適当なのでしょう。まあ、大した意味が有るとは思わないのですが、そうするのです。
2003/04/10  ゴルフは行かなくても損をする事が有るのです。この日曜日に「山椒大夫」の企画で、「へのもと」がアッシー、女王様の「べべのようこ」、「新べべのたえこ」をお連れして「関西クラシック」へ彼等4人は行くのです。先日の場違いゴルフで「お前より3つ少ないハンデをやってくれ」と言ったら、何と!「4丁目のオーディオ屋」は「55」もハンデを「新べべのたえこ」に出したのです。其処で、私は彼女にハンデを「52」も渡す羽目になったのです。まあ、結果は彼女が「149」、私が「92」で、5打差で勝ったのですが・・。彼女がリベンジを仕掛けに来たのです。150を切ったら彼女の勝ち、と言う握りを要求して来たのです。「関西クラシック」では、1991年9月12日(木)「新木会 第100会記念大会」で45/44で私は優勝しているのです。結構、易しいコースなのです。交渉したのですが「148」で押し切られてしまったのです。便乗した「べべのようこ」にも「128」で握られてしまったのです。あまつさえ、同日「オークモント」へ行く「のら」に、来週 あの難しい「泉佐野」へ行く私は「スクラッチ」で握られてしまったのです。勿論、未だ損とは決まってないのですが、不利な事は確かなのです。
2003/04/09  もっと情報を集めてから、と思っていたのですが、あの「たけちゃん」がうどん屋を先月オープンしたのです。前々から趣味で讃岐うどんを打っていたのです。目標は「讃岐うどん店」を開業する事、だったので夢が適ったのです。屋号は「釜たけ」、場所は「東道具屋筋」の焼肉の「五苑屋」の並びで一寸南、「道具屋筋」にある「千日前セントラル」の東裏東側になるのです。此処の売りは「かま玉」と「生醤油うどん」なのです。メニューには「きつねうどん」を初め「天麩羅ぶっかけ」等々。うどんの他、おにぎり、天麩羅、コロッケ、サラダが有るのです。初めて行ったのは先週の土曜日。取り合えず「天麩羅うどん」と「玉子焼き付きおにぎり」を食ったのです。彼が気を使って「ぶっかけうどん」の小を持って来てくれたのです。美味しかったので、次の日 実の嫁を連れて「竹輪玉ぶっかけ」を食ったのです。「ぶっかけうどん」に竹輪と半熟卵の天麩羅が乗っかているのです。そして昨日も「生醤油うどん」の大と「ころっけ」を食ったのです。これは揚げたてのうどんを氷水で良く冷やしたものに生醤油を掛けて食うのです。此れが腰が有ってしこしこと旨いのです。「たけちゃん」は先月まで電気屋に居たのです。「難波の電気屋」の義弟なのです。私等と一緒に「防災リーダー」をしているのです。彼のホームページでは美味しい讃岐うどん屋を紹介しているのですが、何故か自分の店は未だ「お店紹介」に載せてないのです。
2003/04/08  最近、急に実の嫁が家の中のそこいら中を片付け始めたのです。使われなくなった膨大な衣料品を捨てたり、300年前のボストンバックを放かしたり、箍の外れた50年前のお櫃を処分したりし出したのです。雑巾バケツと雑巾が活躍し始めたのです。自分の机の上の書類の山も減らし始めたのです。まあ、途中 懐かしい物が出てくれば、「此れはあの時のあれや」とか「未だ、こんなもんが有ったんやねぇ」とかアイドルタイムも有り、作業が捗っているとは思えないのですけど・・。どうしてか?初めは良く分からなかったのですが、ふと思い出したのです。先日、嫁に次男からメールが入っていたと言うのです、「お母さん、ゴールデンウィークに彼女を連れて帰るから・・」。そう言う訳で、家の中がドンドン綺麗に成りつつ有るのです。そうすると、私のオフィス周りの雑然さが俄然目立ち始めたのです。段々と肩身が狭くなるのです。普段の大らかな嫁に戻ってくれないかなあ・・、とか思うのです。
2003/04/07  昔、兄弟喧嘩などした時に母によく言われた言葉に「賢いほうが黙るねん」が有り、今でも覚えているのです。「アホ」と思われるのが嫌で言い争いなど止めたものでした。でも、大人になってこの言葉を常に実行するのは難しいもので、ついつい言い過ぎたり、相手をやり込めてしまったりしてしまうのです。「沈黙は金、雄弁は銀」とは良く聞く言葉では有りますが、私など到底金には届かないのです。でも、日頃から出来ることなら人との争いを避けて来たように思うのですが、此れは賢いからなのか、勇気が無いのか、単にトラブルが嫌なだけなのか・・。でも、偶には言いたい放題も楽しいかとも思うのです。自制心を振り切り、本能の赴くまま生きるのも面白いのかなとか、でも所詮そんな勇気は無いのです。まあ、原始脳と大脳皮質の戦いは今後も続くので有ります。
2003/04/06  春とは言え、肌寒い小雨の中で30分以上も路上に立っていると足の先から冷え切ってしまったのでした。今、地方選挙の真っ只中。召集を受け辻説法を聞くべく路上に佇んでいたのです。こんな事を繰り返していると票が確実に減るのではと思うのですが、まあ考え方は人それぞれ。夜には、また演説会が有ったのですが、これも40分も待たされたのです。終わったのは8時40分。其の後、「日本橋麻雀倶楽部」に顔を出したのです。こちらは熱気溢れ、暖かさに満ち満ちていたのです。言いたい放題、やりたい放題、チョンボも何でも有りなのです。缶ビールの喉越しの旨さ。チュウハイレモン味の素晴らしさ。ブランデー水で割ったらアメリカン。一寸濃い目の焼酎ロック。1/4チャン、2回。準優勝となったのです。次回からの持ち点は18,000となった昨夜で有りました。
2003/04/05  先日のゴルフなんですが、私の行った「草踏会」は「宇陀カントリー」だったのですが、同じ日に「山椒大夫」、「4丁目のオーディオ屋」、「新べべのたえこ」、「1号」が「I.G.A.カントリークラブ」へ行っていたのです。メールで生意気にも握りに来たのです。「山椒大夫」はハイテクに弱く、メールは出来ないのです。其処で残りの三人を相手にメール合戦となったのです。先ず、ハンデを幾らにするか?から始って、出だしは幾つ叩いたとか、3ホール目でオービーを出したとか、また3パットしたとか、負けや負けや俺の負けやとか、メールで実況中継をしたのです。相手は三人、こちらは一人、やや劣勢だったのですが頑張ったのです。ほとんどゴルフそっちのけで、やりとりしたメールの総数は42通。握りの結果は3勝0敗。まあ、其れで優勝するのですから、ゴルフというものはスイングの其の瞬間にさえ集中すれば、他はどうでも良い、つくづくそう思ったのです。集中しているつもりが、実はメリハリ無く、集中出来て無い結果になるのです。皆様も優勝したければ、プレー中にメールしませんか?
2003/04/04  先週、58/52で、昨日も本人自身期待もせず、馬も自分を外して買っていたのです。ところが分からないもので、48/44、HDCP20、NET72、で優勝してしまったのです。準優勝に「京都に嫁の居る電気屋」が同ネットで入賞したのです。彼のハンデは22、「草踏会」はハンデ上位なのです。午前中「ごろちゃん」が44だったのです。彼のハンデは25、4.5アンダーでぶっ千切っていたのです。彼は昼からバーディーを獲ったにも関わらず58も叩いてしまったのです。其処で私が浮上したと言う事なのです。此れで今年になって早くも三勝、例年に無いハイペースなのです。しかし、11試合での平均ストロークは104なのです。バンコク遠征の120、帰国直後の117等が響いているのです。でも、一寸づつ良い方向に向いている様な気がするのです。昨日も午後からは、5ホールを終えた時点で1オーバー、4連続パープレーと言う偉業をなしていたのです。まあ、其の後ボギー、トリプル、ダボ、ボギーで44になったのですが・・。どうも、詰めが甘いのです。つめが甘いと言っても糖尿病や無いのです。午前も上がり2ホール、連続OBだったのです。でも、今後に期待できる、一皮向けた気持ちなのです。万歳!万歳!
2003/04/03  昨日の続きなんですが、彼とどうしても連絡が取りたかった「のら」が幾ら電話しても、携帯は出ない、家には居ない、会社では取り次いでくれない、で結局丸々一週間音沙汰無しで、この火曜日にやっと彼が「のら」に来、直接聞いた話があれだったのです。彼は夕べも、私が会合の帰りに「のら」に寄ると其処に居たのです。「のら」は昨夜も千客万来で「てっちゃん」、「三郎ちゃん」、「くっさん」、「べべのようこ」、「新べべのたえこ」(彼女は明日、「IGAカントリークラブ」へ行くらしく、早々と帰ったのです)、そして帰り掛けに「工具屋のおっさん」、「素手で杵を折ったおっさん」、「京都に嫁の居る電気屋」が来て、彼等に拉致されると午前様になるのは必定、品行方正な私は、さっさと帰って来たのでした。何故って?今日は「第172回 草踏会」で「宇陀カントリークラブ」へ行かなければならないのです。おまけに、運転手なのです。今、考えている事は、家から缶ビールを持って行こうか?其れとも・・。ほたら、行って来ます。
2003/04/02  もし、昨日 これを書いていたら、エイプリルフールという事で済まされたのでしょうが・・。のらで飲んだ帰りに、近鉄 日本橋の駅のホームから落ちたのです。まあ、酔っていたのでしょうがないかなあ、と思ったのでした。明くる日、昼間に仕事の途中 地下鉄 谷町四丁目の駅のホームから、また落ちたのです。今度は、はっきりと後ろから突き落とされた事を感じ、そう確信したのです。ホームの下へ転げ込み、左右を見、電車が来ないのを確認し、素早くホームによじ登ったのでした。二日連続の転落劇で、初日のも酔って落ちたのでは無く、落とされたのではと疑い、やがて其れは落とされたとの現実に気付いたのでした。警察にも行ったのですが、調書は一応取ってくれたのです。でも、事件にする気配は無いのです。ちゃんと殺されたら、事件にするとの感触を得たのです。会社に事の顛末を報告すると、直ぐに外部からの連絡を一切遮断されたのです。併せて、ガードマン二人を 常時付けたくれたのです。人事で四人の首を切ったのは私なのです。其れを逆恨みされたのか・・?、証拠は一切無いのです。昨夜、居た 或る「のら」の常連客の話でした。
2003/04/01  最近、社業以外の仕事がメッチャメッチャ忙しいのです。昨日は16:00〜20:30、今日は9:00〜17:00、明日は18:30〜20:30等々なのです。当然、通常の仕事は早朝と言う事になり、この雑記帳を書く時間まで無くなってしまうのです。寸暇を惜しんで飲みにも行かなければならないので大変なんです。昨夜、久しぶりに「のら」へ行くと「三郎さん」が居て、土曜日に待ってた、と言うのです。土曜日は先客万来で「山椒大夫」も来ていたとか・・。其の彼が「紹興酒」を「のら」に持ち込んであったのです。何と!24リットルが瓶(かめ)に入っているのです。「4丁目のオーディオ屋」と二人で運び込んだと言うのです。当日は只で飲み放題にしたとか・・。「うわばみ」で有名な「べべのようこ」や「新べべのたえこ」、「ターちゃん」、「京都に嫁の居る電気屋」が居たとか、場は大きく盛り上がり、うけ狙い専門の「山椒大夫」は大いに溜飲を下げたとか・・。まあ、アホが集まると大騒ぎになるのは古今東西同じなのです。ところが、月曜日には其れが有料になっていたのでした。まあ、「大川くん」の退職記念とかで「ダーリン」がシャンペンを持って来て居て、其れは只で飲んだのです。只で飲める物が出る頃には「嫁の実家が酒屋のおっさん」、「4丁目のオーディオ屋」、「くっさん」、「ターちゃん」等々が集まって来るので不思議なんです。