雑記帳 携帯雑記帳
1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 8月 9月 10月 11月 12月 出場団体の寸評

作者のプロフィール

登場人物の紹介

2003/07/31  昨日は色々と忙しかったのです。朝から会合が三本、夕方から一本。そして、店を30分早く閉めて「カラオケ大会」 私は別の会場から少し遅れてこれに合流したのです。其の別の会場での挨拶が長かったのです。6時開会で乾杯の音頭でビールさんが喉を通過した時間が7時32分。居眠りを楽しんだり、携帯でメールのやり取りをしたり、阪神の試合を見たりしたのです。アホな会で有りました。其れに引き替え我がチームは、まあ、皆 歌うわ、飲むわ、食うわ、喋るわ。アッと言う間に11時を回ったのです。「のら」へ寄ろうかとも考えたのですが、今朝は早起き、金剛山へ登らなければならないのです。体調を整える意味からも自制、自粛、節制して家路を急いだのです。店の表には「本日の営業は7時半までです」の張り紙が有ったのです。風呂上がりのデザートにキウイを食い、麦茶を半杯飲んだのです。此処で止めとけば良いのですが、寝酒に缶ビールを開け、小柱を肴に350ccの水分を補給してしまったのでした。
2003/07/30  午後3時がゼロミリ、6時が0.5ミリ、9時がゼロミリ。にも関わらず3時過ぎに「1号」から電話が入ったのです。泣きながら「大雨です。並んでいたお客さんは半分以上帰りました。どうしましょう?」 彼女は2時から甲子園の切符を買うため並んでいたのです。スポット天気予報の西宮市甲子園一番町の予報と実際が大きく食い違ったのです。其処で私は言ったのです。「6時で0.5ミリの予報やから、そんなに一遍に降ったらすぐ無くなるから、大丈夫や晴れる。予定通り決行や!」 4時過ぎには「天気になりました。早く来て下さい」と弾んだ声で彼女から電話が入ったのです。「4丁目のオーディオ屋」と「ごろちゃん」が4時半に迎えに来たのです。携帯用保冷バッグにビールを12本、缶チュウハイを4本入れて、途中のコンビニで其れに氷を入れ、地下鉄で梅田へと向かったのです。「新べべのたえこ」が食料を仕入れ待っていたのです。満員の阪神電車で一行は一路甲子園へ・・。合羽、風船、応援グッズを手に入れ19番ゲートへ。横浜応援団のすぐ上の席に陣取ったのです。そして、周りは全て阪神ファン。一塁側も三塁側も無いのです。しかし伊良部は絶不調。一回に2点、二回に4点取られあえなく降板。打線も3点を返したものの其れ止まり。横浜に完敗したのでした。まあそれでも我々五人は盛り上がったのです。野球は九回スリーアウトからなのです。
2003/07/29  この夏最後の「防犯パトロール」が昨夜有ったのです。60名余りが出席したのです。9時に終わったのですが帰り道が涼しいのです。例年汗まみれの季節なのに涼しいと感じるのは異常なのです。エアコンも売れ行きが悪く、全ての業種で夏物商戦は完敗の様子なのです。何故こんなに涼しいのかと言えば、今年は日照時間が極端に短いらしいのです。地球温暖化が叫ばれる昨今にあっておかしな話では有りますが・・。しかし何でも商売になるもので、この気温の差を金融商品にしている「天候デリバティブ」と呼ばれるまあ一種の保険の様なものまで有るのです。基準温度を決め、是より何度高いか低いかで金をやり取りするのです。早い話博打ですわ。ほて、パトロールが終わった後、「向かいの煙草屋」、「白塗り」、「嫁の実家が酒屋のおっさん」の4人で打ち上げに「のら」へ久しぶりに行ったのです。「さぶろうさん」、「おっくん」、「ながいさん」と先客が三人居たのです。政治経済・世界情勢の話をしているとあの天然呆けの「くっさん」が来て話はいよいよ佳境に入ったのです。「のら」の客で「代表的天然呆け」は三人居るのですが其の順位が何時も話題になるのです。大方の意見では一番が「泉佐野のおばはん」、2番が「くっさん」、3番が「新べべのたえこ」と言ったところで落ち着くのです。まあ、我々の間では「天然呆け」は褒め言葉なのです。我々プロが練りに練った言葉で「うけ」を狙うのに対し、彼女らは天然で対抗するのです。素人の天然には負けるのです。もし、彼女等に勝てると思う人は履歴書・受験料持参の上「のら」までお越し下さい。
2003/07/28  昨日もまた「海の日」いや「溺れる日」ちゃう「飲まない日」だったのです。其の自主規制を見事クリアしたのは、自分で自分を褒めてやりたいのです。まあ、大した事でも無いのでしょうが・・。実の嫁は其れを忘れていて、夕食の時「あっ!ごめん、ビール取って来るわ」と言ったのです。私は敢然と「今日は”飲まない日”やんけ」と言い放ったのです。「ああ、そうやったネ」と気の無い返事が返って来たのですが、其れは聞き流したのです。献立は、7月27日、メインは当然「土用丑の日」鰻なのです。鰻屋のポスターも近年、写楽、夢二等を使っていたのですが今年は当然、NHKの朝ドラ「こころ」なのです。「でんでんタウン協栄会」は電気屋の組合、ほたら鰻屋の組合はと調べたら「全国淡水魚荷受組合連合会」(卸屋の団体)て言うのです。まあ、関連団体は他にも「日本養鰻漁業協同組合連合会」とか「日本鰻輸入組合」とかも有るのです。話はそれたのですが献立は他に黒豆豆腐、茄子の田舎煮、蟹の酢の物(メインは胡瓜なのです、其れに缶詰の蟹の屑肉を一寸入れてあるのです)、味噌汁に御飯、香の物三品だったのです。ビールを飲む時は御飯は食べないのです。食事は当然、阪神−中日をテレビで観戦しながらなのですが、アホみたいに9時前で切れるのです。こちらも切れそうになってラジオに切り替えるのです。風呂に入り、野菜ジュースを飲み、プロ野球ニュースを捜しながら眠たくなって寝る、これが「飲まない日」の終末なので有ります。
2003/07/27  昨夜、7時55分に「「山椒大夫」が打ち合わせをしたいから顔をかせと言ってる」と「4丁目のオーディオ屋」から電話が有ったのです。実の嫁は渋い顔なのです。「そんなんやったら、もっと早う言うといてえな」と言われたのです。まあ、無理も無い話で、「はっはあ〜、ごもっともでございます」と控えたのです。それでも8時25分にお迎えが来るまでの間に嫁が用意した夕食を平らげたのです。烏賊のお造り、茄子の甘辛煮、南京の煮物、其れにもう一品有ったのですが思い出せないのです。日本橋一丁目で待機していた「山椒大夫」と合流、高級おでん割烹「でん」へ行ったのです。途中、「俺の携帯に電話してくれ」と私が言ったのです。何の事やら解らず「4丁目のオーディ屋」が電話したのです。携帯のアンテナの頭が三色に光るのです。皆は感激したのです。「それ、どないしたんやねん?」と問われ、「こないだディズニーシーへ行った時、子供の土産に買ったんやけど、見向きもされへんから俺のに今日付けたんや」と答えたのです。「でん」で詳細に打ち合わせをし、同じビルの「のら」を表敬訪問し、「新べべのたえこ」が待つ「バーさかぐち」へ行ったのです。「べべのようこ」も居たのです。其処で「俺の携帯に・・」をまたやってうけたのです。「べべのようこ」は今日は「のら」等とゴルフで早起きするとか、早々?に帰ったのです。勿論、彼女は6時半から飲み続けての11時なのです。品行方正な我々は、9時から飲み始めて11時半には帰路についたのです。
2003/07/26  我ら1億8千万阪神ファンが待望の優勝確定の日を推定すれば、ずばり8月30日の対ヤクルト戦で決まるのです。根拠の前提は現在の勝率を阪神、及びマジックの対象のヤクルト、中日に当て嵌めたのです。阪神は今日から数えて29試合目、ヤクルト、中日は30試合目に当たるのです。すると阪神はその日までに21.3勝するのです。ヤクルト、中日はその日までの30試合で14.5敗するのです。併せてマジックは35.8減るのです。四捨五入すれば現在のマジック36をゼロにし終えてる、即ち優勝なのです、胴上げなのです。一般的に言って、目標の有るチームとそうでないチームの勢いの差は歴然と有るのです。ですから、今後タイガースの勝率が上がる事は有っても下がる事は無いのです。まあ、下手をすると、いや 上手いこと行くともっと早く優勝が決まる可能性はかなり高いのです。シーズン終了時には102勝しているのではと思うのです。何れも日本のプロ野球史上初の快挙なのです。昨日の試合でも効率は最高なのです。放った10安打は全て得点の入った2,3,4回に集中しているのです。そして、その他のイニングは無安打なのです。阪神ファンには色々な楽しみが有ると言うお話で有ります。因みに、私はあの汚い道頓堀には飛び込まず、只ひたすらにビールを飲む事となるのです。
2003/07/25  朝は45でまわったんです。「新世界の旅籠屋」が大型ワンボックスで迎えに来てくれて、のんびりとゴルフ場まで行けたんです。食堂で「柴商」に幸先良く生中を奢って貰ったんです。勿論、茶店では缶ビール、その後ショートでOB、6を叩いたりしても何とか凌(しの)いだのです。お昼は1,300円の和定食。鰺の開き、冷や奴、酢の物・・、其れに生中。気持ち良く午後のスタートを切ったのです。ところが、其のロングホール、ティーショットのチョロから始まって、何をやっても駄目、最後の30ヤードもミスってバンカー、出ただけ、寄らず、3パット。結局11を叩いてしまったのです。その後も浮かばれる事無く意気消沈、最終でトリプルを叩き56となってしまったのです。最近多いのですが、表彰式では飲み物はソフトドリンクのみ、意気上がる事無く司会をしたのです。まあ、参加24名の中で飛賞15位をゲットしたのが・・。優勝したのは「工具屋の鉄人28号」で41/45で回ったのです。彼は此の2年間、優勝とか準優勝の影は全く無かったのです。優勝の弁で何と言ったかと言えば「私、今日は全てのにぎりをお断りしたのです。すると、スコアの事とか全ての雑音が消え、素直なショットが出来たのです。今後も私にはにぎりに来ない様にお願いするもので有ります。」本当は彼の方から参加者の半数には声を掛けていたのです。欲を出さず真摯な気持ちでゴルフすればスコアも自ずと付いてくる、と言うお話で有りました。
2003/07/24  昨日は昼飯「うどん」でしてん。「釜たけ」言うて此の春からやってる東道具屋筋の例のとこですわ。行ったら並んどるんですわ。ほて、しょうないからわても並びましてん。よっぽど他へ行こうか思てんけど、たとえ3分でも並んだらもうちょい並ばんと、と思うんですわ。ほて、結局10分ほど並びましてん。すぐ前のアベックが中へ入りよりましてん。係のおばちゃんに目で、わても入れてえなあ、と媚びたんだすわ。ほたら、可愛そうや思いはったんやろけど、お入りて言うてくれたんですわ。そやけど店内は一杯、4人掛けに3人連れで座っとるのが居ったよってに其処へ座りましてん。「すんまへんな・・」て一応声は掛けたんでっけど、いやな顔されましてん。まあ、そんなんにめげたらあかんよってに大きな顔して座ってましてん。昔やったら小そうなってましてんけど、年取ると厚かましなりまんねんなあ・・。ほたら、隣のテーブルに知ってるおばはんが居ったんですわ。ほて、うだうだと話して間を持ってたんですけど、出て来るまで15分ほど掛かりましてん。何注文したかて?「新メニュー いか天ぶっかけうどん 大盛り」言うのん頼んだんですわ。おばはん、自分の分来たら、「川流れのゴモク」、ですわ。何やて?「食(杭)いに掛かったら離れない」 ほて、遊びに行ってる嫁にメール入れたりしたんですわ。「俺、お昼はうどんやねん、お前等 何食うてん?」ほたらリターンで「懐石料理」て帰って来たんですわ。ほて、横浜のランドマークタワーの61階に泊まるて書いて有ましてん。まあ、ええんでっけどな・・。今日はこれから「第8回 暑さ我慢ゴルフ大会」言うのんに行きまんねん。三木ゴルフ倶楽部でんねん。組み合わせ見たら「新世界の旅籠屋」と「元毘沙門のオーディオ屋」と一緒になってましてん。アホ、居てまんねんなあ、全部で7組ですわ。ほたら、行って来まっさ。
2003/07/23  昨夜、10年ぶり位になるのでしょうか・・、アイロンをあてたのです。取り入れて、置いてあったカッターシャツが何となくシワシワだったのです。まだ、替えは有るのですが一遍やってみようと思ったのです。スチームアイロンに先ず水を入れるのですが、水の量が多すぎて溢れたのです。電気製品は何れも水に弱いのです。慌てて拭いたのです。よく見れば、水を入れる部分がカセットになっていて、取り外して水を入れるのが正解なのです。時既に遅し、でも良く拭いてコンセントを差し込むと通電のランプが点き、ホッとしたのです。確か、ダイヤルをスティームの位置にするというのを微(かす)かに覚えていて、見ると目盛りに「スティーム」の文字が有りホッとしたのです。暫くすると、アイロンもホットしてきたのです。通電ランプが切れ、ドライorスティームのボタンをスティーム位置にし、広げたワイシャツにアイロンを押し当てたのです。スティームが勢いよく出て、「ああ、是がスティームアイロンだ!」と実感したのです。でも、水がポタッと落ちるのです。スティームでは無く熱湯なのです。其処だけ濡れたようになるのですが、まあええかと思ったのです。多分、アイロンが悪いのです。其処で、アイロンを叱ってやったのです、「アホ!」と・・。そのままハンガーに吊して、2枚の出来上がりなのです。「嫁の居ない歴」4日目の夜でした。
2003/07/22  今日で「嫁の居ない歴」3日目なのです。昨朝、雨が私の代わりに植木の水遣りをしてくれたのです。洗濯は洗濯機がしてくれるのですが、干したり取り入れたり畳んだりは私が手を煩わせなければならないのです。朝飯は自炊し、昼夜は外食なのです。初日の昼は「豚の角煮定食」、夜は豪華に「鮨正」でタイガースの試合を見ながら食ったのです。でも、9回に同点に追いつかれた所で家に帰り、続きを見たのです。久慈のサヨナラ打を見、風呂を自分で沸かせて(ガスが沸かした?)入って、11時過ぎには寝たのです。其の代わり、昨朝は5時起き、仕事をしても、洗濯をしても、干し物をしても、飯を食っても、時間が余るのです。「グラディエーター」と言う映画を半分見、今朝残りを見たのです。早起きは目が疲れるものなのです。まあ、映画のストックは沢山有るので、嫁が居なくても当分の間朝の時間は潰せるのです。映画のリストを見て驚くなよ!「ターミネーター3」、「ザ・コア」、「X-MEN2」、「ハリーポッターと秘密の部屋」、「マトリクス リローデッド」、「ロードオブザリング2 二つの塔」、「9デイズ -Bad Company-」、「トータル フィアーズ」・・・。まあ、ざっと数えて40本ほど有るのです。しかも、封切り前に手に入る物も有るのです。問題は一つだけ、見る時間が無いのです。
2003/07/21  実の嫁が昨日から家出してヤモメなのです。当初この旅行は、母と馬鹿娘3人の計4名で行く予定だったのですが、2日前になって急に母が腰椎圧迫骨折で行けなくなったのです。甘い物が好きな母は糖尿病と骨粗相症で、多分原因はこの辺りに有りそうなのです。其処で、二番目に行きたかった姉もやむを得ず旅行をキャンセルし、残る事になったのです。一番目に行きたかったのは、勿論 母なのです。嫁の曰く、「比較的行きたく無かった」二人が行く事になったのです。多分、嘘やと思うのですが・・。新幹線で横浜へ行き、船の上から花火大会を見、大船渡まで行って帰ってくるというプランで、横浜で千葉の妹と合流したのです。この旅行の最大のイベントが「花火大会」なのです。此が無ければほとんど意味の無い旅行なのです。ところが、旅行契約書には「天候その他の事情により、花火大会が実施されない場合もございますのでご了承ください」とあるのです。まあ、私が嫁の為に「てるてる坊主」を吊したりして、幸いにも花火を見る事が出来たのですが・・。
2003/07/20  昨夜は「日本橋麻雀倶楽部」で「京都に嫁の居る電気屋」が三連覇を達成したのです。人間、誰でも一つくらい取り柄は有るものです。彼は今、麻雀では光輝いているのです。電球でも切れる前に「パッ」と光り輝くのです。「工具屋のおっさん」が準優勝、私が三位だったのです。まあ、上手い者が勝つのですからこんな順位になるのです。「工具屋・・」との差は僅か1500点、時間制限付き半チャン3回合計での点差で有ります。其れはそうと金曜日に仕事に使ってるパソコンがダウンしたのです。大騒動なのです。仕事のメールが読めなくなったのです。しかし、バックアップの為、事務所にもパソコンが2台在るので大過無かったのですが・・。大体がパソコンのOS(Windows2000)なんてバグだらけで、一般の家電製品に当て嵌めれば欠陥商品でリコールものなのです。対策として、店にもう一台置く事としたのです。慌てて近所のパソコン屋に買いに行ったのです。セレロン2000、S−RAM256、HDD40G、CD−RW、ブロードバンド対応LAN、Windows XP、TFT14吋モニター、SP等々付きで税込み75,000円だったのです。1年前にも一台買ったのですが、雲泥の価格差なのです。
2003/07/19  6月3日に日本橋小学校の2年生の皆さんが商店街事務所に来られ「地域情報板(LED)」のお勉強をしていかれたのです。7月8日には「電子工作教室」でロボットの製作を日本橋小学校の4,5,6年の皆さんにして頂いたのです。その時お手伝いをさせて頂いたのですが、其のお礼に一昨日、日本橋小学校の皆さんが事務所に来てくれたのです。木曜日で私は生憎(あいにく)出張?だったのです。感謝状(写真付き)と感謝の言葉を綴った作文を頂いたのです。「4丁目の洋服屋」が「電子工作教室」分を受け取り、事務局長が「地域情報板」分を受けってくれたのですが、「どうして、澤田のおっちゃんは居てないの?」との子供の質問に「洋服屋」が、「君たちも日曜日は学校がお休みでしょう、澤田のおっちゃんも木曜日がお休みで、今日は来られないんや」と的確に答えてくれたのです。作文には「さわ田さん、いろいろ教えてくださってありがとうございました。ぼくは、ホリノビルの中に入るとき、どんな人かなと思っていました。そして、はじめて会ったとき、やさしそうな顔で、にこにこしていたのでほっとしました。学校へ帰って、きゅう食を食べたあと、もう一どでんでんタウンへ、うごくかんばんを見にみんなで見に行きました。すると、ホリノビルの中でさわださんが「べんきょうしたことを、ながしてあげるよ。」と言ってくださってたのは本とうで、たくさんのうごくかんばんにぼくたちのことがながれていました。さわださんの言うことは本とうだったんだとぼくはうれしくなりました。このことは、わすれません。七月四日にいろいろべんきょうしたことをはっぴょうしました。うまくできたと先生にほめられました。いろいろおせわになり、ありごとうございました。」平野貴都くんの文章です。こちらこそ、ありがとう。
2003/07/18  今度もやっぱり駄目だった。確かに、前のクラブよりは1.5番手は違うのです。しかし、しっちゃかめっちゃか、OB 7発、池ポチャ 2発、3パット 8回、53/56 が結果なのです。このゴルフ場、やっぱり狭い、トリッキー、キャディーも無しでは難しいのです。まあ、次回頑張ると言う事です。帰りに篠山の「いわや」と言う囲炉裏料理屋に寄ったのです。野中の一軒家。こんな山奥でようやる、と思うのは素人。メッチャはやっているのです。此処のメニューは、バーベキューセット、地鶏のすき焼き、篠山牛のすき焼き、季節限定で、ぼたん鍋(11月上旬から3月下旬)、丹波松茸と篠山牛のすき焼き(10月上旬から11月上旬)、山菜鍋(4月中旬から6月下旬) となっているのです。我々8人が食したのはバーベキューセット(あまごの塩焼き・牛肉・地鶏・山菜御飯)だったのです。イケスのあまごを竹串に刺し、塩をして囲炉裏に突き刺して置くのです。バーベキューが終わった頃に美味しく出来上がるのです。帰りの運転手を引き受けた私はノンアルコールビールなのです。此処に着いたのが4時前、出たのが7時前、家に着いたのが8時半だったのです。福知山線「篠山口」駅からタクシーで約20分、電話:079−552−0702。何時も満員で、予約を入れなくては駄目なのです。午前11時から午後8時オーダーストップ、夜が早いのです。嬉しいニュースが有るのです。「山椒大夫」と「新べべのたえこ」が結婚したのです。昨日、入籍を済ませ正式に夫婦となったのです。是は確定された事実。結婚式は8月21日ハワイで。披露宴は9月18日午後7時、ホテル日航で。まあ、以上は予定なのです。お二人の末永きお幸せを心から願うもので有ります。おめでとう!
2003/07/17  7月28日(月)がラストのなのですが、昨日も防犯パトロールが有ったのです。帰りに「毘沙門の照明屋」と料理の有る小料理屋「きらく」へ行ったのです。すると、其処には「素手で杵を折ったおっさん」、「日本橋のフセイン」、「京都に嫁の居る電気屋」が居て、うだうだと言うので有ります。途中で眠たくなり「のら」にも行かず、寝てしまったのです。其れはそうと、今日は今年になって初めてプライベートでゴルフに行くのです。「京都に嫁の居る電気屋」に誘われたのです。まあ、行くメンバーは代わり映えのしない「工具屋のおっさん」、「素手で杵を折ったおっさん夫婦」等々なのですが、行くところが初めてなのです。兵庫県多紀郡篠山町の「ベルグリーンカントリー倶楽部」なのです。セルフ・飯付きで7,000円ポッキリとの事です。場所は「瑠璃渓」から車で15分ほど奥へ行った所なのです。お話では、段々畑の様なゴルフ場で片一方が山で片方が断崖絶壁、山の方へ打たなければ生き残れない、と言う事らしいのです。勿論、安物のボールを10個バッグに追加したのです。「素手で・・」が準優勝、優勝、優勝と稼いだ安物のクラブを私も買ってしまったのです。「工具屋のおっさん」も其のレフティーを買ったのです。まあ、柳の下に2匹目、3匹目が居るのやら・・。鰯の頭も信心から・・。それじゃ、行って参ります。
2003/07/16  昨夜は「ビデオ鑑賞会」だったのです。先日、大阪市会議長に手渡した「日本橋歩行者天国」実現の陳情書が「文教経済委員会」にかけられ、理事者側に議員が質問、理事者が其れに答弁、採択されるまでの様子がビデオに撮られていて、そのビデオを見る会だったのです。まあ、もう少し違うビデオの方が良かったのですが・・。でも、市議会でのやり取り、しかも我々に直接関係の有る案件での其の様子を見る機会は少ないのです。ビデオは結構迫力が有ったのです。理事者側が追いつめられ、唯々諾々と成っていく様が具(つぶさ)に見られたのです。自民党が提案した案件に共産党まで賛成の質問をし、結局全会一致で賛成となったのです。この結果は重く、市当局もこの歩行者天国実現に向けて全力を投入しなければならない状況に立たされたのです。しかし、もう一つの交渉相手「大阪府警本部」が有るのです。其の出先機関で有ります「浪速警察署」も有るのです。市当局と我々が一致してこれらの交渉を成功させなければならないのです。相手は強者、おまけに飛び道具まで持っているのです。其の算段を「白塗り」、「嫁の実家が酒屋のおっさん」と高級割烹「のら」で念入りに検討したのは言うまでも無い事なので有ります。
2003/07/15  田辺の「シータイガー」が目的地なのです。ホテル差し向えの20人乗りの小型サルーンバスに18名が乗り込んだのです。一番奥の席に陣取って、バスが動き出すが早いか自前持ち込みの缶ビールの蓋を開けたのです。小便休憩は2度、飲んだビールは3缶(幹事も用意してくれていたのです)。荷物を部屋に置くと40人乗りのクルーザーで白浜沖まで遠征したのです。千畳敷、三段壁、白良浜、聞き慣れた景色を見させて頂いたのです。波が結構有り、飛沫(しぶき)が屋上席まで飛んで来るのです。デッキで酎ハイを飲んでた一人がゲロを吐くのです。何かに捕まって無ければ飛ばされそうなのです。1時間余りのクルージングを楽しみ、ホテルに帰って「理事会」なのです。歩道拡幅、電柱撤去、歩道橋撤去等々懸案事項を前向きに進める事が決められたのです。其れに今夜7時、組合事務所での会合には出来るだけ多くの人をお誘い合わせの上来て欲しいとのお願い事項が有ったのです。歩行者天国が議会で可決された様子のビデオ鑑賞会なのです。次は「バーベキューパーティー」なのです。生ビール呑み放題。待ってました!部屋に帰ってもウダウダと・・。運悪く同室したのが「へのもと」、「5丁目の部品屋」、「カーナビ屋」だったのです。ダイエットをしているという「カーナビ屋」はソフトクリームを食い、部屋に「蕨餅」まで持ち込んだのでした。朝風呂に入って、冷たいビールを飲み、帰途についたのです。午前11時半にご帰宅されたので有ります。
2003/07/14  昨朝、「電子工作教室」を一寸覗いたのです。親子連れでムンムンとした熱気だったのです。「例のおっさん」も甲斐甲斐しくお手伝いをしていたのです。昨日は、また「飲まないサンデー」、意志のかたい私はキッチリと其れを守ったのでした。野球も無いし、シュワちゃんの映画(「エンド・オブ・デイズ」サタンの出てくるホラー)を見ながら夜は更けていったのです。まあ、時々メールで私の固い意志を確かめるアホな輩も居ったのですが・・。今日は午後から紀伊田辺まで出張するのです。日本橋筋商店街振興組合の理事会が田辺で開催されるのです。バスが1時45分にお迎えに来るのです。何で、そんな所でするねん?て。年に一度出張理事会をするのんが慣例になっているのです。まあ、理事の慰労も兼ねているのでしょう。そして、明日のお昼には帰って来る予定なのです。ですから、明日の雑記帳のアップは午後からになるのです。決してメールで催促したりしないで下さい。
2003/07/13  金剛登山の影響は翌日よりもその次の日に強く出たのです。まあ、年を取るほど遅れて影響が出るらしく、私も一人前に年は取って来たのです。何の影響て?、足の脹脛(ふくらはぎ)が痛いのです。まあ、初めての登山ほどでは無いのですが、3回目の時ほどの痛さなのです。初めての時は一週間、それも3日ほどは階段は下りられ無かったのです。自転車の止まりしなに足を着く時の痛さは飛び上がるほどだったのですが、まあ今回はさほどでも無かったのですが、今朝も未だ痛いので有ります。でも、次の木曜日も金剛登山をしようと思ったのです。今度は違うルートを登ろうと・・。まあ、一応そう言う計画だったのです。しかし、昨夕「京都に嫁の居る電気屋」から電話が有り、「さ〜ちゃん、17日予定入ってんのん?ゴルフ行けへんか?7,000円ポッキリやねん」、その言葉に「何処へ行くねん?」とも聞かず、思わず「うん、行く」と答えてしまった、流され易い私なので有ります。
2003/07/12  昨日、テレビ朝日と名乗る人物から「にっぽんばし」の由来について問い合わせの電話が有りました。まあ、私としては国語学者でも無く、子供の頃より「にっぽんばし」、「にほんばし」の両方を使用していたので、由来以前に「其れは確定されたものでは無い」とのコメントをしておいたのです。「へのもと」から電話が有り、同じ事を聞くのです。「俺はよう知らん」と答えたのです。「5丁目の部品屋」にも「へのもと」から電話が有ったようで、彼もその男から取材されていたのです。「5丁目の部品屋」は持論が有って「にっぽんばし派」なのです。元々日本は群雄割拠で「日本」と言う認識は無く「中国」が便宜上当時の日本を称して「倭国」とし、例の「漢の倭の奴の国王の印」の中にも出てくるのです。倭はやがて大和を示す語となるのです。7世紀後半以降、わが国の称号は日本となるのですが、倭と日本の関係については、日本には倭も含まれる、の解釈が妥当と思われるのです。其処で「日本」の読みはどうなのか、と言えば・・。オリンピックなどでは「にっぽん」が一般的なんですが、広辞苑などでは「にほん」としているのです。大阪の日本橋についても定説は無いのですが、1615年に成安道頓等によって完成された運河、道頓堀川に掛かる「日本橋」には「にっぽんばし」のルビが有るのです。
2003/07/11  雑記帳のUPが遅れたので文句を言う輩が居るのです。まあ、今日は昨日のお疲れの続きでお寝坊をしたのです。昨日も、朝7時に出発するつもりが9時半になってしまったのです。登り始めたのが10時40分。途中4回の休憩を挟んで頂上に君臨したのが丁度12時、おにぎりを2個、タクアンを2切れ食したのです。「50回以上」と書かれたボードに有る「難波の電気屋」の名札を見たり(私たちは8回目なのです)、1時間余り居て麓に下りてきたのが午後2時半。国道沿いの大きなラーメン屋の看板を見ると急にお腹の虫が鳴き出して、其処へ入る事としたのです。入り口にロープが張ってあって、営業していた形跡は有るのですが、閉店中。多分、母さん、いや倒産なのでしょう。こうなると何が何でもラーメンを食べたくなったのです。やっと見つけ、食した豚骨ラーメンは大した物では無いのですが、空腹は最大のスパイスとは良く言ったもので、美味しかったのです。実の嫁は焼豚が苦手、さっと放込まれ私のが4枚に、普通のラーメンが焼豚麺になった瞬間でした。4時過ぎに家にたどり着き、昼風呂を使わせて頂いたのです。今朝、足にやや張りが有るものの、痛みが取れるまで1週間も掛かった初めての金剛登山に比ぶれば赤子の如きものなのです。半年ぶりでも足は覚えていてくれたのです。感謝、感謝。
2003/07/10  昨夜は防犯パトロールに出席したのです。私の当番の16日(水)に予定が入っていた為の代わりなのです。我が阪神タイガースが久しぶりに負けた、暖かい夜でした。帰りに「白塗り」、「4丁目の照明屋」と久しぶりに「のら」へ行ったのです。何故「白塗り」と言うか?知らない人は知らないでしょう・・。彼はゴルフに行くと日焼け止めクリームを塗るのです。最新の透明タイプでは無く、白く残る古いタイプを塗るのです。彼に言わすと白いやつの方が良く効くそうなのです。我々は、指に少し取って塗り広げるのですが、彼はビンに指を三本入れ豪快に塗るのです。一ビンを3回で使い切るのです。顔には厚さ2ミリの皮膜が出来、こうして志村健の馬鹿殿様の顔が出来上がるのです。「のら」には「せきちゃん」、「くっさん」、「たーちゃん」、「かつおちゃん」が居たのです。「かつおちゃん」は今日がゴルフとか、朝が早いからと言い訳を残しそそくさと帰ったのです。私もこれから実の嫁を連れて「金剛山」へ行くのです。其れはそうとこの雑記帳、去年の7月4日にお休みを貰って以来、ズーと休みなしに掲載されているのです。雨の日も風の日も・・。ですから今日で丁度「370日」連続なのです。大したモノとは自画自賛で有ります。其れでは行って来ます。
2003/07/09  日本橋小学校の「ロボット教室」は順調に行き、全員の「ロボドッグ」が4足歩行する事が出来たのです。まあ、全て組み立てが終わったと思ったら、ギヤボックスの鳩目が一つ嵌め忘れていたため、全部分解して一から、というような事もあったのですが・・。驚いた事にNHKが取材に来ていて、「電子工作教室(LED懐中電灯編)」で4年生が半田コテを使って組み立てるところも併せて撮影して帰ったのです。日本橋小学校の全景を撮るためわざわざ東芝ビルの屋上に迄カメラを持ち込んだりもしていたのです。7月17日(木)午後6時から6時半頃に放送予定との事です。この「電子工作教室」は7月13日(日)にも商店街の事務所でするのです。勿論、満員で募集は既に締め切っているのです。8月10日(日)の分は未だ空いてるかも・・。其れはそうと、先日「ナベ妙」の結婚披露宴の何回目かの打ち合わせをしたのです。9月18日(木)午後7時開宴、ホテル日航32階、会費制で男子1万円、女子8千円、純白のウエディングドレスに紋付羽織袴、仲人、司会者はモーニングと留袖、受付は1号、2号、プラスアルファで振袖、ビール、酒、ウイスキー、ワイン、スパークリングワイン、紹興酒、焼酎、ジュース、ウーロン茶が飲み放題。まあ、其処までは決まったのです。女子の方が一寸安いのですが、本当は男子より沢山飲みそうなメンバーなのです。飲み放題なので、まあええか・・、とフェミニストする事にしたのです。
2003/07/08  実の嫁もこの雑記帳を見ているのです。其処で、自分に不利な事が書いてあると、後で文句を言うのです。ですから迂闊な事は書けないのです。まあ、本当に良い嫁なんです。今度、8月23(土)、24日(日)に「夏休み親子ロボット大会(仮称)」を日本橋小学校でするのです。スタッフが足りないとの事で「例のおっさん」をお願いする事としたのです。元々電気屋ですので、この類には打って付けなのです。今朝、これから日本橋小学校で授業の一環として「犬型ロボット」の組み立てを4,5,6年生に教えに行くのです。本番の前に先生方を含めた我々講師も指導の仕方を勉強しなければならないのです。其処で5日(土)に「例のおっさん」と私、それに先生方、合計6名が生徒になったのです。指導教官は「工作教室1号」と「工作教室2号」、其れに過去の工作教室卒業生のボランティアの方なのです。小さい部品を嵌めたりしなければならず、不器用な震える手では困難を極めたのです。結局、2時間近く掛かってやっと完成したのです。付きっきりで指導して貰っての話なのです。一応、チャンと動いたのには感動したのです。これを今度の「大会」で競争さすのです。授業に使える時間は1時間半ほど。完成して走らせ、競争もしなければならないので、実際に組み立てに使える時間は1時間。指導教官の方々は良く考えたモノで、予め各学年の子供の能力に応じて、1時間程度で組み立てが出来る所まで予備組み立てをしているのです、30人分を・・。頭の下がる思いなのです。
2003/07/07  身体の弱い私としては七夕までは生きながらえない、と何時も言っていたのですが、とうとう其の七夕を迎えてしまったのです。まあ、次はお盆にするのですが・・。毎週、日曜日を休刊日にしているのですが、何かとイレギュラーな事が有って、前回も反古にしてしまったのですが、昨日はキッチリこなしたのです。ディナーのメニューは鉄板焼き、まあビールにはお似合いのカップルなのです。しかし、茶碗に半膳よそって貰い、ウーロン茶に角氷を少し入れ、実の嫁が「道頓堀のようこ」に教えて貰ったと言う「スルメサラダ」と一緒に食したのです。サンテレビの阪神ーヤクルト戦を見ながら二人きりの食事なのです。今年の阪神の試合は安心して見てられるのです。まあ、欲を言えばハラハラドキドキが少ないのです。決められたストーリーを見ている様なのです。今岡のヒーローインタビュー、星野監督の談話、ハイライトのリプレーを念入りに見、お風呂を頂いたのです。風呂上がりにグレープフルーツジュースを飲み、デザートには青リンゴヨーグルトを食したのです。手足の爪を摘み、磨きをかけてマッサージをする、時間が有り余るのです。手持ち無沙汰なのです。牛乳を飲んで寝たのは午後11時半。平和な一日がこうして暮れて行ったので有ります。
2003/07/06  先日、長男がうちに来ていて、実の嫁は朝食後のデザートにさくらんぼを出したのです。彼はほとんど食べなかったのです。嫁は其のさくらんぼを私に出して、自分も食べたのです。嫁が一寸席を立った間に其のさくらんぼを私が平らげたのです。戻ってきて「えっ!皆食べたん?」と仰ったのです。其処で私は言ったのです「友治が全部食べたら、皆食べてくれたん、と言うやろ」と。嫁は私の言葉を否定もせず「友治はよう働いてんねんから、もっと食べやなあかんもん」と言ったのです。亭主は赤の他人、子供は実の子、とは良く言ったもので有ります。まあ、子供を虐待する母親も居るのですから、父親としては喜べば良いのでしょうが・・。其れはそうと、防犯パトロールの後、「嫁の実家が酒屋のおっさん」と「日本橋麻雀倶楽部」へ行ったら、久々に13名が来ていたのです。「4丁目の照明屋」の体調も戻ってきたようです。下手を相手に中途半端な順位は本意やないんやけど、強気一辺倒ではこんなもんかいなとも思うのです。まあそれでも、我が猛虎が勝ったので気分はすこぶる良いのです。「3丁目の照明屋」なんかズ〜とイヤホンでラジオの実況中継を聞き続けて、時々途中経過をボソッと言うのです。チェチェンやイラクは兎も角、日本は平和なのです。
2003/07/05  昨夜は「地域防災リーダー研修会」が浪速消防署で午後7時から有ったのです。講演会で題目が「地震災害に備える」副題が「阪神・淡路大震災の教訓と南海・東南海地震への備え」だったのです。手短に言えば日頃から地震を想定した備えが必要だ、との事です。話の中に「稲むらの火」が出たのです。この話、ご存じの方はご存じでしょう、当たり前の事ですが・・。実際に有った話を元にラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が何故か英文で作り、これを中井常蔵が訳したもので、浜口梧陵(安政元年(1854年)広村(現在の和歌山県広川町)生まれ、後に千葉に移り家業のヤマサ醤油を継ぐ)をモデルにしたお話で、小学校の教科書に良く出てくるのです。粗筋は、地震の後、高台から海の水が引くのを見た五兵衛が自分の稲むら(ススキや稲束を重ねたもの)に火を付け、これを見た村人が高台に登って来て津波の被害を免れた、と言う話なのです。防災に当たっては、性格で素早い情報と的確な判断力、行動力が重要で有る、そんな教訓なのです。有り難いお話を聞き、パソコンクラブの連中と高級料亭「天狗」で落ち合い、有意義なお話をして、早々と11時には帰宅した品行方正な私なのでした。今夜は八時から「防犯パトロール」が有るのです。今年からは「雨天決行」なのです。結構な事で有ります。
2003/07/04  夢成り難しで有ります。4番で2OB、12を叩き夢は早くも潰えたのです。53/51、HDCP19、25位に終わったのです。優勝は「素手で杵を折ったおっさん」が41/41、HDCP14で4年目にして見事ゲットしたのです。2位は一緒に回った「カーステ屋のおっさん」で47/47、HDCP23、3位は44/44、HDCP15で「毘沙門の電気屋」が入り、ブービーは75/78、HDCP45の「1号」、べべが84/83、HDCP45の「2号」と彼女らは定位置に収まったのです。「1号」はブービーは初めての事と主張しているのですが・・。朝のラウンドの途中から雨が降り出し、強くなったり弱くなったりしながら一日中梅雨らしい天気だったのです。距離も有り、難しいコースなんですが、加えて雨の中ラフの芝は育ち盛り、ボールを打ち込めば1/1000秒でストップさせるのです。ボールの下を叩けばサンドウエッジでもこれよりは高い玉は打てない位のボールがスプーンで打てるのです。かと思えばトップすれば5メートルでストップするのです。苦労に苦労を重ね、耐え難しを耐え、それでも時間が経てばホールアウト出来るのです。これで今年の平均ストロークが103.2となったのです。ついでに言えば「山椒大夫」は53/48、「4丁目のオーディオ屋」は45/56、「工具屋のおっさん」は45/47、「事務局のおっさん」は48/55、「ビクターのおっさん」は46/51、「京都に嫁の居るおっさん」は49/58でそれぞれしょうむない順位に甘んじたので有ります。
2003/07/03  アーケードの地域情報板(LED表示板)の技術的な問題を精査しようと思ったのですが、まあ読まれる方が少ないようなので止める事にしたのです。先日の日曜日が休肝日で酒を飲まない日にしていたのですが、実の嫁を連れて外食したので反古にしてしまったのです。其処で昨日を休刊日に当てたのでが、其の実の嫁が友達と姫路まで遊びに行ったのです。姫路にも同級生が居るとかで、この連中が連んで良く遊びに行くのです。そんなんで昨日のお昼は「かまたけ」で「竹卵ぶっかけ」と「おにぎり」だったのです。そして、嫁の帰りが遅く、一緒に高級料亭「天狗」に行く事としてしまったのです。つい、生中、赤ワイン、梅サワーを飲んでしまい、休刊日を再度反古にしてしまったのです。今日は「第172回 新木会」で「読売パブリック」に行くのです。去年やったかに乗用カートが導入されて良くなったんですが、歩きでの此処はものげっつうえらいのです。「えらい」て言うてもゴルフ場の身分が高い言う意味と違って、身体がしんどい、と言う意味なんです。今年になって新木会では一度優勝しているのでハンデが19とややきついのです。でも、優勝を狙うのです。何故かと言えば今シーズン既に3勝しているのです。過去、年間最多勝が3勝(難波会を除く)なのです。ですから、最近やたらと良く出るサイクルヒットや無いですが、4勝目を狙い新記録を達成したいのです。まあ、一寸厚かましいのですが・・。ほたら、行ってきます。
2003/07/02  毎日忙しい日が続くのです。いえ、商売は暇なのです。まあ、もし商売がうんと忙しかったら、私は暇なのです。商売に専念すればええのですから・・。日本橋を一寸でもより良い商業集積にしようと思い仲間と共に微力を尽くしているのです。昨日は朝10時40分に総務委員長と共に議員同行の上浪速警察へと向かったのです。署長に面談、歩行者天国実現の為の協力をお願いしたのです。署長曰く、歩行者天国実行の主体は何処になるのか?もっともな事なのです。当然、我々商店街、でんでんタウン、地域がしなければならない事は山積しているのです。しかし運営の母体は行政でなければならないのです。大阪で初めて幹線道路での歩行者天国を実現しようとしているのです。御堂筋パレードは歩行者天国では無く、あくまでもパレードなのです。経験も、人も、物も、財も無い我々が警察との交渉主体では成る物も成らないのです。大阪市に交渉の窓口になるセクションと専従の人をお願いしなければならないのです。結局、昼食を15分で済ませ、午後1時からの「LED地域情報板」運営委員会に出席したのです。議題の一つは、この表示板にニュース速報をリアルタイムで流す、事なのです。2時からはビジョン策定委員会が有り、日本橋の有るべき姿を模索したのです。4時からは日本橋街つくり振興(株)の取締役会が有り、6時過ぎから今日から流す地域情報板の新しい情報のプログラミングをし、その結果の検証をしたのです。まあ、概ね想定通りのものが出来たのですが、今日、一部手直しをする事としたのです。その後、アーケード正副委員長と共にアーケード委員会が開かれたのです。
2003/07/01  「山椒大夫」と「新べべのたえこ」の結婚披露宴をどうするか?の公式第二回目の会談が昨夜、某お好み焼き屋で持たれたのです。食い過ぎてもたれたのです。出来るだけ楽しい会にしよう、でも始まりと終わりは厳粛に行こう、ホテルで一般的な披露宴方式でスタートしよう、ご親戚の方々にも声をお掛けしよう(まあ、当たり前なんですが・・)、会社関係の人にも来て頂こう、と言う具合に決まって行ったのです。そして、ご出席をお願いする方々の人選をほぼ終えたのです。初めに注文したのが豚・海老焼き、肉・蛸焼き、烏賊鉄板焼き、串カツ二皿だったのです。次のオーダーが海老焼き、豚焼きそば二人前。そして次は串カツ二皿、明石焼き、おにぎり。ラストオーダーはオレンジシャーベットだったのです。飲み物は、私の場合は生、生、青リンゴ、他の連中の事は分からないのです。次回は拡大会議とし、「べべのようこ」も呼び、来週の月曜日に開催する運びとなったのです。帰りには少し「のら」へ寄り、かなりご機嫌さんで家にたどり着いたので有ります。